人気ブログランキング |

中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2006年 01月 19日 ( 1 )

雨の上海-通勤地獄

ここ数日、上海は雨が続いています。冷たい雨です。少し北の河南省、安徽省、江蘇省、湖北省などでは寒気団が入り込み、大雪注意報が出ています。

上海で、雨の日の通勤は最悪です。今私は、自宅のある古北路長寧路の角にあるマンションから中山公園駅まで歩きます。約20分強かかりますが、運動不足を補うこともあり、タクシーに乗らずに歩いています。ところが、雨の日となると話は一変します。傘を差して、通勤用の鞄を持って20分は結構きつく、おまけに途中道路の整備が悪い為に水溜りやくぼみが多く、歩きにくいこと、この上有りません。ましてや自己中的な人が多い中国では傘が当たろうが、しずくがかかろうがお構いなし。おまけに歩道を水を蹴散らしながら自転車や、電動自転車が歩道を横行し危険でもあります。タクシーは雨でなくとも捕まりにくい街です。雨の日にはよほどの幸運でもなければ、タクシーに乗ることは出来ません。バスは?マンションの近所にバス停があります。54番などのバスは地下鉄駅のところまで行くことが出来ます。が、雨の日は普段より多くの人が利用するので大混雑。幸運にもバスに乗ることが出来たとしても、バスの中は人の息で臭いことったらありません。おまけに道路は大渋滞。マンションの前から中山公園駅まで15分くらいかかってしまうこともザラです。

地下鉄中山公園駅から浦東の東昌路駅まで20分強、地下鉄に乗ります。私が住んでいる浦西から浦東に行くには、上海市を東西に分断している黄浦江という川を渡らなければなりません。トンネルを通る方法、橋を渡る方法などがあります。このトンネルを通るか橋を渡ると言うことが、上海の市内交通に慢性的な渋滞という現象をもたらしている大きな原因のひとつです。
雨の日は、渋滞がさらに加速し、浦西から浦東に行くのにタクシーを使うと普段の倍の時間が掛かってしまう事もあります。その点、地下鉄は20分強で行くので便利なのですが、東京の地下鉄と同様、大混雑で、特に地下鉄1号線と2号線の乗換駅でもある途中駅の人民広場駅では
歩くのも大変なほどの人の多さです。もちろん、この混雑を狙ったスリの被害も少なからずあるそうです。

やっとこさ東昌路駅に着いたらやれやれです。ここから10分ほど歩けばオフィスにたどり着きます。雨の日、傘を差して10分も歩くのは大変ですが、タクシーなぞ捕まりっこありませんからテクテク歩くしか有りません。私は途中にあるKFCでハンバーガーとコーヒーで朝食を取るようにしています。たちっぱなしで過ごした40分の疲れを癒す為でもあります。

夕方、帰宅時に雨だったら・・・・オフィスの前からタクシーで自宅まで直行することにしています。混雑する為、一時間くらいはゆうにかかりますが、座って居眠りできるだけましかもしれません。ただ、上海のタクシーは、こんな寒い冬の日でも、窓を開けて、暖房などほとんど使わずに走るので、防寒着をしっかり着て乗らなければいけませんが。料金は片道50元から65元くらいです。どのトンネルを通るのか、どの橋を渡るのかで料金が異なってくるのですが、仕方がありません。コースは運転手任せです。詳しい道路など私にはわかりませんから。

朝起きて、窓から外を見て、雨が降っていると、それだけで一気に気持ちがなえてしまうような気がします。天気予報では・・・明日も雨です。
by wata1150 | 2006-01-19 21:19 | 上海