中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ベトナム紀行(1)

私にとってベトナムは初めての国である。20数カ国を訪問した経験があるので、初めてだからと、やたら興奮することは無いのだが、それでも楽しみにはしていた。

但し、今回のベトナム出張は時間が非常にタイトであり、観光する時間的余裕はなさそうに思えた。同行した営業のR経理と相談し、今回ではせめてベトナム料理を楽しもうと言うことで、数回ある食事をすべてベトナム料理とすることにした。

ハノイでの行動は、交通インフラが十分ではないため、タクシーを利用することにした。そしてハノイの初日に、たままあるお客さんに紹介してもらったのがこのタクシー。
e0026744_95384.jpg

ドライバーの“Yen”さんは二人の子供のお母さんで、彼女の夫と交代でタクシードライバーをしている。
e0026744_961973.jpg

Yenさんは、片言の英語を話し、最低限度のコミュニケーションは出来る。それで、3日間の移動をすべてお願いすることにした。

Yenさんに連れて行って貰い、ハノイに着いてから最初に食べたのが「PHO」というベトナム風うどん。
e0026744_97969.jpg

見ての通り、単純なスープうどんなのであるが、人に言わせると、「PHO」は店によって味は千差万別で、非常に変化に富んでいると言う。このとき私が食べたのは、「牛肉入りPHO」だった。スープの味がなんとも気持ちの良い味だった。具は牛肉か鶏肉が多いそうで、ドライバーは、鶏肉のほうが好きだと言っていた。私は、鶏肉でも良かったのだが、たまたま“鳥インフルエンザ”を連想してしまったので“鶏肉”は敬遠したのだったが。

タクシードライバーのYenさんはベトナム風チャーハン。
e0026744_975150.jpg

「PHO」のスープの味が多少する。脂くささは無い。見た目よりあっさりな感じの味。具には、卵、ソーセージ、少しの野菜など。

ところで、この店はハノイの裏通りにあった、掘っ立て小屋である。
e0026744_984683.jpg

私たちが行ったのは昼時を過ぎており、お客は私達の外は二組だけだったが、朝方やお昼時には客が順番を待つほど立て込むのだそうである。

ハノイの道路をタクシーで走っていて見かけたのが、このパン売り。
e0026744_992874.jpg

50メートルほどの間隔を置いて、何人ものおばさんがパンを売っている。このパン、レストランでも見かけた。「オムレツパン」という名前なのだが、日本では「ソフトフランスパン」とか呼ばれているもの。
e0026744_9123596.jpg

そのまま食べても美味しいが、料理のスープや卵などにつけて食べるともっと美味しい。でも、立ち売りで買ったパンは皆どうやって食べているのだろうか。そのままかじっているのだろうと想像するのだが。たしかに、ベトナムは以前フランスの植民地であった時代があり、その影響が残っていると言うことか。

次回はある寺院を紹介することにしたい。
[PR]
by wata1150 | 2009-02-21 19:05