中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

もうひとつのブログ

以前、紹介しましたが、LIVEDOORでも、TADAの上海日記というブログを書いてます。エキサイトよりは間隔を開けて、内容的にはほぼ同じものを書いているのですが、最近LIVEDOORの読者が増えてきまして、いろいろな反応が返ってくるのです。少し面白くなってきました。
中国に、特に上海の魔力に惹かれ、住み着いてしまっている若い(?)女性とか、上海人らしき女性とか、夫婦で一旗上げるべく上海に来て起業された方とか。ですので、コメントも真実感とか、現実感、生活感などが垣間見え、なかなかレスに苦労します。
TADAとしても、LIVEDOORのほうも、たまにはエキサイトとは違った、アカデミック(?)なものでも書いてみようかと思います。

今日は、日本から、同僚の人が仕事でオフィスに来ました。一人は海外慣れしたおじさんなので
放って置いても、まあ、どうにかなるかという人ですが、もう一人は中国はおろか、海外というところは全くの若葉マークの人です。私が始めて出かけた海外は、アメリカでした。英語の”え”の字もわからず、苦労して仕事を終え、帰国したとき、”もう2度と海外には出るかー”と思ったものでした。今の人はたいてい、そこそこ英語はできる人が多いので、アメリカくらいではへこたれないでしょうが。前にも書いたように、中国は英語が使えるのは本当に限られて所だけですから、
さすがの若者も苦労するはず。さて、彼の場合は、帰国時にどんな印象を持ち帰るのか?
楽しみです。
[PR]
by wata1150 | 2005-09-14 20:53 | 挨拶