中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

傘付バイクタクシー

ここ恵州は亜熱帯に属するらしく、最近はよく豪雨がふる。「バケツをひっくり返したような大雨」と言う表現は、日本で使う言葉だが、まさにそんな言葉がぴったりするような豪雨である。道路はあっという間に、プールと化す。靴を履いて歩いたら、足はすぐずぶ濡れなるので、歩く人は靴を手に持ち裸足になって歩いている。そしてその後には、灼熱の太陽が照り、短時間で再び熱いコンクリート道路になる。

こんな恵州にあって、しかも恵州市内からは多少離れているここ恵台工業園区にあって、以前あった一元バスは事故のせいで姿を消し、公共交通機関はタクシーとバスだけなのである。が、タクシーはなかなかここまでは来ないため、絶対量が少ない。したがって公共バスが頼りであり、いつも満員で運行している。したがって、タクシーよりは安く、おおよそタクシーの半額で利用できるバイクタクシーがその勢力を増すことになった。

が、この日差しが強い南国にあって、また時折降る豪雨のせいも有り、単なるバイクでは、びしょぬれになりかねないし、日差しが強ければ熱くて利用しにくい。そこで最近は傘を差したバイクタクシーが走るようになって来た。
e0026744_9185241.jpg

雨対策でもあるし、日傘にもなる。傘は後ろに乗るお客さんのために後ろに長い特殊仕様の傘である。このような乗り物でも、少しでもお客さんのことを考え、満足度を増すことで、顧客を増やすことを考える。できるだけ少ない投資で、しかしその効果は十分にあるかもしれない。
e0026744_9192633.jpg

こんなバイクタクシーが、工業園区内の各社の門前で、街路樹の下に陣取って客待ちをする姿を良く見かける。
e0026744_9194871.jpg

無論、バイクタクシーは、非公認であり、保険にも加入していないので、我が社では基本的に利用しないよう呼びかけてはいるのだが、従業員の多くは通勤に、買い物にと結構利用しているようである。
[PR]
by wata1150 | 2007-05-26 09:20 | 恵州の事