中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

恵州は一気に夏の気候です。

今日、上海から飛行機で深圳空港に降り立ってみると、なんと無茶苦茶暑く、飛行機のタラップを出ると、コンクリートに照り返された熱気が、ムンムンと押し寄せてきた。北京は16度とのことだったが、恵州は27度まで上がったとか。百数十年ぶりの記録的な暖冬だそうである。そして今日は冬から一気に夏に飛んだ感じである。

恵州の気候は、モンスーン気候というよりは亜熱帯気候なのであろう。冬はカラッと晴れてさほど寒さは感じない、なかなか快適である。気温も10度を下回ることはめったにない様子である。
但し、夏は経験したことはないが、蒸し暑く、気温も40度近傍まで上がることが多いそうである。

現実に、私が恵州に来てから二ヶ月あまり、雨は殆ど降らなかった。わずかにお湿り程度に降ったのが2~3回程度であった。そして、連日昼は晴れ上がった空を眺めて、風の心地よさを堪能し、夜はやはり空を見上げて、月の綺麗さや星の瞬きに感激していた。

昨年の冬は上海で過ごした。昨年の上海は寒かった。雪も一度、一面白くなる程度には降ったし、連日の風の冷たさには閉口した。工事中の道路の水溜りは、何度か凍りついたこともある。借りていたマンションの部屋の全ての暖房を最大限に強くし、電気料金の高さに驚きつつも、何とか一冬を過ごした。コートは長い羽毛の入ったコートを着て、体を丸めて歩いた。今年はいかなる冬なのか?昨日、上海に一泊したが、夜でも、結構暖かく、これが上海?と一瞬疑ってしまった。なんと言う変わりザマなのか。

ニュースでは、北米は記録的な冷夏で、相当な被害も出ているとか。世界的に異常気象のようである。この原因はやはり、人間が作り出した自然破壊なのであろうか。

いずれにせよ、恵州はこれから夏に向って進んでゆくのであろう。近在の人たちは既に半そでやノースリーブのシャツを着て出歩いていた。

明後日から、旧正月の休みに入る。私は明日夕方に深圳に移動し、明後日の午前便で一時帰国する。正月が夏の雰囲気では、なんとも雰囲気が出ないが、日本はそれなりには寒いのであろう。やはり、夏は暑く、冬は寒く、春には花が咲き、秋には紅葉が山を染める。そんな四季のある生活がいいと思う。
[PR]
by wata1150 | 2007-02-07 21:57 | 恵州の事