中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

日本料理の昼食と、客家菜の夕食

過日、昼食に、C君を日本食に誘った。恵州市の旧市街のほぼ中心部にある、とある日本飯屋。以前、董事長に人材紹介会社のスタッフとともに招待された店である。会社から車で15分ほどのところである。久しぶりに市街地に来たので、日本食の感覚を味わいたくて、社用車のドライバーと3人で食べることにしたのである。

私が頼んだのは、鯖の塩焼き定食、一人前38元。彼らが頼んだのはてんぷらとビビンバ定食一人前28元。メニューで見る限り“鯖塩”は何処にでもある、いわばランチの定番の一つであるから、何も奇異には感じない。が、“てんぷらとビビンバ”はどう考えても日本飯屋では不思議な組み合わせ。韓国料理代表と日本料理代表が一緒とは! ここが、遼寧省とか吉林省のような朝鮮族の人が多く住むところならわからないでもない。しかしここは広東省。「食在広東」といわれ「飛ぶものは飛行機以外、4つ足は机以外、何でも食べる」といわれるところだが。

メニューを見て気がついた。焼き魚定食は38元。魚は鯖又は鰻又はさんま。へー!鰻と鯖が同値か?さらに、ビビンバにてんぷらがついて28元で、鯖塩が38元? 日本でなら、どう見てもてんぷらが高いはず。どんなメニューの作り方をしてるんだ?日本人が好むメニューを高い値段にして、さほど食べないビビンバなどを安くしてるのかな?考えてしまった。

やがて料理が運ばれ、食べ始めてみるとやたら量が多い。鯖塩にもビビンバとてんぷらにも、付け合せにひじきの煮つけと、サラダと漬物がついているのだが、サラダは3人とも全部異なり、私はポテトサラダ、C君はマカロニサラダ、そしてドライバーさんはパスタのサラダ。しかもそれぞれ結構なボリュームがある。ひじきの煮つけは、煮過ぎて半分ひじきが溶けかかっていた。鯖塩は、塩の振りすぎで、塩辛い。とても鯖を味わうところではない。味噌汁がついているのだが、インスタント味噌汁を湯で溶いたものらしく、しかもぬるいので、飲めたものではない。せめて熱かったらと思いながら食べた。

料理を運んでくれた女性に聞いてみた。調理している人は日本人ですか?彼女曰く“いえ、中国人です。”私は更に効いた。“この店には日本人スタッフはいるの?” “いえ、いません。” 納得!!!

夕食に工場の近所にある「客家菜」の店に行った。同じ営業部だが、まだ入社半年にならない“Z君”を誘って。
e0026744_2117148.jpg

私は今までに中国で、幾度となくこういった町の食堂には行ったことがあるが、メニューを自分で選んだことはなかった。メニューに写真でも添付してあればどうにかなるのかもしれないが、知らない漢字の並んだメニュー、そして大概それは手書きで書かれているので、メニューを見ても内容がほとんどイメージできないのである。

彼は私にメニューを選べという。A4サイズの紙の裏表にびっしりと書かれたものを見てもさっぱり分からない。私はたっぷりの野菜と熱いスープが欲しかったので、とりあえず、スープから一品、牛肉から一品、野菜から一品適当に指差して選んだ。どうせ値段は一品6元から12元程度、大皿に盛られた魚の料理が15元から20元程度らしかったので、「ま、大概食えるだろう。」と腹を据えた。

私が選んだのは緑の野菜とミートボールのスープ。
e0026744_21145448.jpg

卵とトマトのスクランブルエッグみたいなもの。
e0026744_21152858.jpg

牛肉と冬瓜とたまねぎの炒め物。
e0026744_2116125.jpg

野菜の炒めであった。
e0026744_21164060.jpg


Z君の説明でわかったことで、選んだときにはわからなかったが。スープは大きな器に入ってきて、適度に熱く、シンプルだが美味しい。

私は、私は、冬瓜はあまり好きではなかったが、食べてみると、適当に甘くまた薄く切っていためているため、味がしみて思ったより悪くない。結構食が進み、ご飯を2膳食べてしまった。勘定をすると、全部で36元。安い、でまずくはない。

食堂としては日本飯屋の方が風格もあるし、きれいそうに見える。客家菜の食堂は、見かけはおんぼろだし、椅子やテーブルもガタガタ、格としては数段落ちる。が、どうやっても、日本飯よりはこの客家菜のほうに分がある。

会社の近所には、各工場の従業員を当て込んだこういった食堂がたくさんある。今後、徐々に開拓することになるのであろうと思いつつ、工場に戻った。
[PR]
by wata1150 | 2006-12-28 19:09 | 恵州の事