中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

やっと寮にもインターネットが・・・

現在の会社に入ってから3週間が過ぎた。もっとも、その半分は出張で過ぎてしまったが。しかし、恵州にいるとき、会社の幹部職の寮に住んでいて、夜は極めて長いのである。定時の5時半にオフィスを出ると、自室に戻って、シャワーを浴び、本を読んで過ごす。寮にTVはあるが、中国のCCTVと多少のローカル局の番組と香港のTVしか映らない。英語の映画やドラマの番組はあるが、イマイチ入り込めない。社長は、時間が有るときには英語版の映画を見ているそうだ。寮にはインターネットは設置されてない為、自室でインターネットで遊ぶことは不可能である。パソコンをするのは、ゲームかブログの原稿を考えるか、または仕事の資料を整理するくらいのものである。むろん、夜が長いといってもたかが2~3時間程度のものなのだが、この年になるとなんとも時間がもったいない気がする。残されいる時間を大切に生きたいと思うのである。

週に一回、基本的には水曜日の夕方から、幹部職の食事会がある。市内の比較的豪華な、おいしいと言われるレストランで、社長や総経理、副総経理、各経理が一堂に集まって、豪華な食事会である。私が入社してから今までに3回行われたが、実際には出張や客先接待などで2回は欠席し、一回だけ出席した。海鮮料理で、大きな円卓に10数人が集まり、なかなかの宴会である。女性幹部も何人かいるようで、皆なかなかの飲みっぷりである。もっとも私は血糖値の事もあり、本気になって飲むわけには行かないのが残念だが。食事会の後は、皆揃ってカラオケに繰り出す。接待用に使用している中国式のカラオケのナイトクラブで深夜まで歌いまくる。このクラブには日本の歌も相当数あるので、皆は私に日本語の歌を歌うよう迫ってくる。非常に家族的雰囲気の中で皆日頃の憂さ晴らしを兼ね、騒ぎまくっている。

その他の日は、接待がないときには、近くのスーパーに買出しに行く。歩いて15分ほどのところだが、1元バスを利用して出かける。パンやカップラーメン、お菓子などを買い置きする。一人で寮にいて夜中におなかがすいてはたまらないからだが、食べ過ぎては血糖値が上がるので、気をつけなければいけない。

社長以下幹部職の皆が、よく私に気を使ってくれるので、実際はさほど寂しくはないのだが、私が趣味の一つにインターネットのことを話していたため、寮にインターネットを取り付けてくれることになった。さもなくば、時々は8時か9時までオフィスでインターネットで遊ぶ羽目になるのだが、それも2度ほどで終わることになった。今日、待望のADSLが寮の自室に取り付けられたのである。通信設備管理の方が私の自室に来てくれ、ADSLモデムと無線LANの端末をセットしてくれた。感謝感激である。今日から、夜も退屈せずにすむ。

私が仙台の家から持ってきたドラマや映画のDVDも上海から来た荷物にまぎれて見つかった。これも私の夜の友達になりそうである。韓国ドラマや、宮崎駿のアニメもあった。当分はしのげそう。

来週からは上海、蘇州、無錫への出張が始まる。この会社に、クリスマスや年末年始休暇はない。会社としては最大限の好意をたった一人の日本人従業員の私に対して示してくれているような気がする。私も、精一杯の仕事で返してゆきたいと思う。
[PR]
by wata1150 | 2006-12-24 08:23 | 恵州の事