中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

日本出張ー ビジネスホテル

8日より昨日までおおよそ10日間の日本出張が在り、昨日無事恵州に戻ってきました。

実際の出張は12月10日から16日土曜日までだったのですが、11月29日の採用決定から12月1日の入社で、帰国できなかったので、社長が気を使って、週末を帰国と、上海の荷物引取りに、時間をくれたようです。

私の所属する会社では出張規定はなく、掛かった費用は会社持ちと言うだけです。以前勤務していた会社は、事細かに規定がありましたが、覚えてしまえば問題はなかったのですが、規定がないというのは逆に辛いものです。いちいち費用が掛かるたびに、この費用は会社負担?それとも自己負担?と考えてしまうのです。長年のサラリーマン生活が、物事の発想を決めてしまっているため、それ以外のルールに対して順応しにくくなっているようでした。今回は社長が現金で”日本円”をたくさん準備していたようで、私はコンビニのお茶や水などにいたるまで一切に費用の個人負担はありませんでしたが。

さて、最初に投宿したのが、品川プリンスホテル。 以前は、東京におけるビジネスホテルの代表格として名を馳せ、私も大阪に在職中は東京出張のたびによく利用しました。シングル料金はというと、今回泊まった本館(以前からあった鰻の寝床的狭い部屋)は朝食無しで九千数百円、一万円をやや切る程度です。朝食の値段を調べてみると、なんと一人1790円。朝食は近所にあるマックで済ませることにしました。しかし、閉口するのは、部屋の狭さです。私は仙台の家から、恵州に少なくとも3ヶ月間居る為、着替えなどを大量に詰めた大型のトランクケースを持ってきました。ところが、それを開くのに、スペースがありません。ベッドの上にトランクを載せ、開くしかないのです。

トランクから、客先訪問の為の衣類を取り出し、次いでE-Mailのチェックをしようとしてパソコンをインターネットに繋ごうとすると、あれ? LANのジャックがないのです。散々探しましたが、見つかりません。やむを得ずフロントに電話をして聞いて見ると、「部屋ではインターネット接続は出来ません」とのつれない返事。「インターネット接続できる部屋はありませんか」と聞いて見ると、「一日1700円程度の料金で、接続できる部屋があります」。「なぬ?いまどきインターネット接続に一日1700円?」これは法外です。で、「ではホテルの近所にネットカフェはありませんか?」と、少しでも安い方法は無いかと聴いて見ました。すると、「同列のプリンスホテルの一角にインターネットカフェがあります。食事か飲み物をとれば、インターネットは無料です。」とのこと。では、コーヒーでも飲みながら・・・と、出かけてみると、最低でもコーヒー一杯500円、おまけに、持ち込みパソコンは3台しか繋がらず、その3回線は、常に満杯で、並ぶ人がいるほど。出張できた人が自分のパソコンにメールや資料をDLしたいのに、他のパソコンを使用しても仕方がないのです。結局、当日メールチェックはできず、翌日他のホテルでやるべく、諦めてしまいました。

翌日は夜に新幹線で大阪に移動。投宿先は大阪駅ビルの上部にある、ホテルグランビア、JRが経営するホテルグループの一つです。一階のフロントがあり、ホテルに一歩進むと若い女性のホテルマンが飛んできます。大量に持っていた荷物をワゴンに積み、チェックインカウンターに連れて行ってくれ、チェックインの手助けをしてくれます。いやみが全くないサービスで、感じがいい。チェックインが済むと、25階の部屋に案内され、朝食の案内やホテルルームの部屋の設備の案内をし、去ってゆきました。インターネットは・・・・無論24時間無料です。おまけにDLの速度がやたら速い。19階には宿泊客用の朝食レストランがあります。朝食は和洋中を取り混ぜたバイキング形式で、ゆったりと朝食が取れます。ここは日中はティールームとしても使え、ちょっとした打ち合わせや、来客対応にも使えます。19階という場所柄か、一般客は少なく、比較的静かで落ち着いています。部屋は、やや狭く、十分とはいえませんが、ビジネス客用の施設としては問題ないと思います。これでシングル1万1千円ちょっと。インターネット無料、朝食つきですから、品川プリンスよりは割安で、感じがいい。

大阪に2泊して、新横浜に戻りました。新横浜はホテル冨士ビュー。朝食なし、インターネットは無料、宿泊料金はほぼ1万円。新横浜の駅傍で、近くにはレストランや、バー、クラブなどがあり、またビジネス街も近く便利です。難点は、実は客室から携帯が繋がりにくいのです。古い建物であるのが災いしてか、携帯電話の電波は微弱に鳴り、時には圏外表示が出てしまうのです。携帯から電話をしようと思うと、エレベーターで一階に降り、ロビーまで行ってかけなければなりません。それと、なぜかホテルマンの数が少ないのか、または意識的に目立たないようにしているのか、フロントカウンターにいる人以外はほとんど見当たりませんでした。経費削減から、スタッフの人数を最小限に絞っているのかもしれないと、勘繰ってしまった位でした。

この数日3つのホテルに泊まりましたが、再度泊まりたいと思ったのは、グランビアくらいで、後は東横インなどの純粋なビジネスホテルの方がまだマシかなと、思いました。2月にはまた日本出張がある予定なのですが、グランビア以外は、他のホテルに泊まってみようと思います。
[PR]
by wata1150 | 2006-12-19 09:24 | 日本滞在記