中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

一泊2日の蘇州、上海出張

一泊2日で日本出張し、戻ったばかりで、今度は一泊2日で蘇州上海出張に出かけた。今は蘇州のホテルにいる。

蘇州は、このブログが「TADAの上海日記」というタイトルだった当時、何度か訪れたし、また妻と一緒に来たこともある。いわば懐かしい所でもある。現在の恵州の会社に入ってからでも、蘇州にC社というお客さんの会社があるため、仕事で何度か訪れた。

現在蘇州には空港は無く、恵州から蘇州に来るのは、実は結構面倒である。恵州を朝7時にでた。深圳空港に8時半、9時45分発の上海行きで上海に飛ぶ。12時過ぎに上海着。昼食を済ませて、2時発の蘇州行きの直行バスに乗る。3時半頃に蘇州着。すでに8時間半経過している。客先到着は4時。なんと片道9時間の遠路であった。蘇州に入るには、空路無錫にとび、無錫からタクシーで客先まで行く手も有る。しかし、フライトがそれほど便があるわけではないので、朝がもっと早くなり、よりきつい出張になる。

実は、先週半ばに恵州から無錫に日帰り出張をした。朝5時半に恵州を立ち、無錫で7時間を過ごし、深夜に恵州に戻った。しかも帰りは近くの深圳空港ではなく、車で2時間半掛かる広州空港経由である。体力的には結構きつい。翌日が休みなら良いのだが、翌日も通常勤務だと、疲労が残ってしまう。

蘇州の話に戻る。蘇州は大きな工場団地が2箇所あり、数多くの日系企業が工場進出している。今回訪問したC社をはじめ、P社、F社など名前を聞けば「ああ、あの会社・・・」と言うほど有名な会社が結構多い。

日本人も駐在者とその家族、長期短期の出張者などを含め数千人から一万人以上はいるのではないだろうか。したがって、日本人が好むようなレストラン、カラオケ、バーなども多く、日本語を話す従業員をそろえており、滞在には苦労しない。スーパーマーケットなどでも、結構日本の食材や日本的生活用品がそろうとかで、日本人が生活するには、生活しやすいところのようである。

蘇州は又、市外整備が出来ている町でもあり、町の中は他の中国の大都市に比べて、清潔感があるし、緑も多い。そして、中国の4大名園と呼ばれる庭園の内2つ、「拙政園」と「留園」が蘇州にあり、その他にも「虎丘」や「寒山寺」など、多くの景観が有る。また蘇州は江南水郷地帯の一角でもあり、多くの観光客が訪れる観光都市でも有る。

今回は、一箇所の名所をも訪れる時間が無い状況だが、今度は一人ゆっくりと個人旅行で来てみたいと思う。明日は列車に乗って上海に移動、明日の夕方の便で恵州に戻る予定である。
[PR]
by wata1150 | 2009-04-24 07:10