「ほっ」と。キャンペーン

中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

雲南大理旅行 2

大理市は、大理石の発祥地として有名です。大理石は加工され、さまざまな箇所で利用されています。

e0026744_15102850.jpg

これは室内外の置物です。中国では、さまざまな形の意思を愛でる文化があり、このような置物には人気があります。

e0026744_15152563.jpg

これも室内用の置物です。大理石を切った断面を見て「貴妃醉酒」と命名されています。「酒に酔っている楊貴妃」というような意味です。

この他にも器などに加工され、日用品などにも使用されています。私も、安い灰皿と中国茶用の小さな茶碗を買いました。

大理は雲南省の町で、雲南省の名物として普洱茶(プーアル茶)があります。ホテルの中にお茶を販売する売店があり、色々なお茶を飲み比べることができます。大理白族自治区という地名の通り、白族という少数民族の方々が多く住んでいます。この売店でも白族の民族服を着た娘さんがプーアル茶を淹れてくれました。
e0026744_15394112.jpg


プーアル茶は、その古さによって味が変わり、値段も変わります。特に生茶と呼ばれるお茶は、発酵が進んでいる状態のままのもので、同じブランドのお茶でも、3年もの、5年もの、10年ものとそれぞれ味が異なり、値段が変わります。

e0026744_1552266.jpg

これは30年物のお茶で、30万元(約500万円程度)以上するものだそうです。飲ませていただいたのですが、生茶独特の渋みがなく、かすかな甘みがあって、美味しく感じられました。生茶は、10年以上発酵を継続すると、良い味になるのだそうです。

ーーー 続きはまた、ーーー
[PR]
by wata1150 | 2014-04-14 15:05

雲南大理旅行

会社で、2014 1Qの結果が計画を上回ったことがわかり、総経理及び全ダイレクターの合計9名で雲南大理の3泊4日の旅行をした。

深圳から雲南省の省都、昆明まで飛行機に乗り、昆明から大理まではマイクロバスをチャーターして移動しました。
e0026744_12595426.jpg

総経理は出張先の上海から、アジア営業のBさんは香港からの参加、私を含む残り7名は深圳からの移動でした。写真は昆明空港。

昆明から大理までのマイクロバス。途中道路工事渋滞がひどくて、4時間くらいの予定が7時間以上かかってしまいました。途中でドライブインに寄り、おじさんおばさんが揃ってアイスを食べている光景は、笑えました。
e0026744_1442447.jpg

参加メンバーの国籍は、中国人 6名、香港人1名、フランス人1名、そして私は日本人。何と4カ国の人が集まっていました。我が社も立派な国際企業なのだと一人で感心していました。

7時間以上かけてたどり着いたホテル。「風花雪月大酒店」五つ星クラスのホテルです。観光ホテルですが。
e0026744_1491070.jpg


大理で有名なのは何と言っても「大理石」。市内には大理石を使った彫刻品の土産物が多々あります。
e0026744_14144880.jpg


ーーー 続きはまた、ーーー
[PR]
by wata1150 | 2014-04-12 12:49
4月になりました。会社は今日から清明節休暇で3連休です。

清明節:中国における清明節は祖先の墓を参り、草むしりをして墓を掃除する日であり、「掃墓節」 とも呼ばれた。日本におけるお盆に当たる年中行事である。また、春を迎えて郊外を散策 する日であり、「踏青節」とも呼ばれた。

昨夜香港出張から恵州への帰途、羅湖のイミグレーションが大混雑していました。何せKCRの電車から降りて、改札を抜けるのに30分もかかる有様です。さらに香港側、中国側共イミグレーションではすべてのゲートが開けられ、それでも一列に数十人が並ぶ有様。そして夕方8時には恵州行きのバス停にたどり着いたのに、あっさり「今日の運行は終了しました」。なにそれ?しかし、文句を言っても始まりません。
恵州に戻るためにタクシーを使うことにし、タクシー乗り場に行ってみると、普段はすぐに乗れるタクシー乗り場にこれもまた数十人が列を作って待っています。しかし、仕方がないのでおおよそ30分待ってタクシーに乗り込んだ。「恵州まで」と言うと、タクシー運転手が露骨に行きたくない表情に。そして「渋滞がひどいので、行きたくない」「行くのなら600元」という。
羅湖から恵州までは、通常なら高速バスなら55元、最悪タクシーを使っても250元から300元、白タクでも400元程度。それが600元ときた。しかし恵州に戻らず、ホテルに泊まればもっと高くつく。
600元の約束で恵州まで行ってもらうことにした。ところが、深圳市内の一般道路から渋滞があり、高速道路も、渋滞の連続。同行のスタッフのM君も「明日から清明節だから」と、あきらめ顔。しばしば奥さんに携帯から、状況報告しながら「運を天に任せる」、ならぬ「運転手任せ」。

通常車では、羅湖から恵州までは一時間半から、多少渋滞があっても2時間まででたどり着く。これが昨夜は9時過ぎに乗って恵州に到着したのは午前2時。なんと5時間もかかってしまった。

香港人は、ほとんどその生家やルーツを中国に持つ。したがってほとんどの人は中国内に親戚があり、また墓地も中国内にある。今年の清明節は週末と絡んでほとんどの人は3連休。そのため「年に一度の墓参り」という人が多く、この大渋滞となったようである。おまけに7人以下の車は「高速道路通行料金は無料」という、政府からのサービスもあり、渋滞に拍車をかけた。

清明節にはじっと家にこもるのが正解。
[PR]
by wata1150 | 2014-04-05 16:26