中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

恵州に戻ってきました

タイのバンコク、マレーシアのペナン、マレーシアのジョホールバル、シンガポール、インドネシアのジャカルタと駆け足で回った一週間は昨日終わり、昨日深夜に無事恵州に戻ってきました。
e0026744_21335669.jpg

これはシンガポール空港で見たAIRBUS A380です。オール2階建ての、大型旅客機です。

いまは夏なのですが、タイでも、シンガポールでもジャカルタでも、さほど暑くはなく過ごしやすい天気でしたが、インドネシアの焼き畑農業のための野焼きの煙がマレーシアやシンガポールで問題になっており、マレーシアで訪問した客先工場では、帰りにマスクを全従業員に配布していました。

北京などのPM2.5と同系統の微粒子が空気中に多く飛散しており、国際的な公害問題になっているようです。マレーシアやシンガポールでは400~800程度まで値が上昇し、都市部では遠くのビルが霞んでしまうほどでした。

私は、以前はこのような出張はさほど苦にせず、むしろ旅行を楽しむ余裕さえあったのですが、歳のせいか、移動が苦痛になり、相当に疲れがたまってしまったようです。今後はもっと余裕のある日程を組まなければいけないかもしれません。
[PR]
by wata1150 | 2013-06-30 21:35

AIR ASIA

e0026744_18244561.jpg


マレーシアの国内線を利用して、ペナン島から、マレーシアの南の端、ジョホールバルに来ました。
飛行機はマレーシアの有名なLCC、AIR ASIAです。ペナン島でのチェックインの時、チェックイン手数料で20マレーシアドルを請求されました。さすがはAIR ASIAと感心するやら、驚くやらでした。

それでも、運賃はさすがに安く、サービスは最低限、運賃も最低と、AIR ASIAのコンセプトを、改めて感じました。今回の旅行では、ジャカルタークアラルンプール、クアラルンプールー香港と、AIR ASIAを利用する予定です。

LCCも、使い方によっては、結構使えるようです。但し、キャンセルや予定変更の払い戻しがない、とか、出発や到着遅れに対する保証が無いとか、普通の航空会社とは異なった条項もあるので、よく理解をして利用する必要があるようです。

普段はどうなのか分かりませんが、今日の便は搭乗率は半分以下のようでした。あまり人気があるようには思えませんでした。
[PR]
by wata1150 | 2013-06-26 18:50

ドリアン & マンゴスチン

e0026744_17275484.jpg


マレーシアのペナン島に来ました。美味しいと言われるドリアンを試しに、市内に出掛けました。
写真奥の大きなトゲの有るものが、king of fruits と言われるドリアン、手間の黒くて丸いのがqueen of fruits とも呼ばれるマンゴスチンです。

ここでは、ドリアンは一個 7マレーシアドル、おおよそ日本円で210円、マンゴスチンは、10個くらいで、6.5マレーシアドル、日本円で195円程度で、とても安い感じです。ドリアンは、身体を温めると言われ、マンゴスチンは身体を冷やすて言われます。それで、一緒に食べるのが普通のようです。

中国でもドリアンもマンゴスチンもマーケットで求める事は出来ますが、こんなに安くはありません。また、ドリアン独特の臭いも、それ程ではなく、むしろ、甘さがしっかりしていて、美味しかったです。

マンゴスチンは、上手くやると、きれいに割る事が出来ます。
e0026744_181522.jpg


中の真っ白な実をたべます。甘酢っばい味か、口の中に広がります。

この屋台売りの店先では、組み立て式の椅子とテーブルが有り、近所の人が寄り集まり、ドリアンを楽しんでいました。
e0026744_1864823.jpg

[PR]
by wata1150 | 2013-06-25 17:26

2013年 初ライチ

e0026744_057353.jpg


東莞市の客先との会議の帰り、道端でライチを売っている人を見つけ、味見をするつもりで車を降りて、声をかけてみました。会社のスタッフによれば、まだ少し時期的に早いとのことでした。盛りは6月25日前後とのことで、まだ十分に甘さが乗っていないということでした。おまけに、ここ数日は雨が多く、気温も低めで、甘さは期待できません。それでも今日から天候が戻り、今週末には何とか味の良いライチになる見通しとのこと。

それでも、せっかく車を降りたので少しだけ味見をし、少しだけ購入しました。まだ、甘みが十分とは言えず、多少酸っぱさが残り、決しておいしいとは言えないのですが、今年の初ライチということで、会社のスタッフにお土産として少しだけ購入し、さっそく今日配ってきました。

私も少しだけ家に持って帰り、2個ほど食べてあとは冷蔵庫に入れ冷やして食べることにしました。
週末には、もう一度会社のスタッフに頼んで一籠ほど購入し、毎日ライチを味わいたいと思っています。

楊貴妃がこよなく愛したとされるライチ、でもそのシーズンはほんの2週間ほどで終わります。来月末には竜眼のシーズンがきます。恵州も本格的に夏到来になるのです。
[PR]
by wata1150 | 2013-06-17 22:51

超醇

超醇 ・・・・・なんか、どこかで見たことのあるブランド。日本でヤマザキパンの食パンの名前に似ています。

e0026744_15595667.jpg


でも、これは日本のパンではありません。れっきとした中国恵州市のスーパーで売っているパンなのです。

以前、中国の食パンはおいしくないとか、薄切りしかなくて、厚切りが食べたいとか言ったことを、ブログに書いたことがありましたっけ。そしたら、昨日ウオールマートでこのパンを見かけ、試しに買ってみました。

ちなみに「薄切り」と書いてあります。これは8枚切りなのです。6枚切り、5枚切りなどの厚切りのほうがよいのですが、いくら探しても残念ながらおいてありませんでした。まあ、中国ではトーストしてマーガリン化バターを塗って食べる人はまだ少なく、卵やハムを挟んでサンドイッチにして食べるようですので、厚切りでは食べにくいと思います。トースターも、まだ家庭に十分なくらいに普及しているとは言えませんし。ましてや4枚切りくらいの厚切りでは、ポンと飛び出すタイプのトースターでは、厚すぎてはいらないですし。

私は、2枚ほどトーストして食べてみました。ヤマザキパンほどではありませんが、何か従来の中国の食パンとは異なる味わいでした。よく袋を見てみると、「超軟」「超弾」「超潤」と書いてあります。でも薄切りなので、トーストすると、中の部分の柔らかさが失われてしまっているようですが。
これで6枚切りか4枚切りだったら、もしかしたら・・・と思います。

「薄片」とかいてあるということは、「厚片」もそのうち登場するかもしれません。

ちなみにお値段は? なんと10元5角、日本円で170円。うへー、高い~。中国もこれだけ物価が上がってきたのです。日本のほうが安いものがたくさんあるような時代になってきたのですね。
[PR]
by wata1150 | 2013-06-16 16:15

端午節

今年は6月12日が端午節でした。中国では休日になります。私が勤務する会社も、今日一日は休日となりました。日本の童謡に「ちまき食べ食べ兄さんが・・・」という一節がありますが、中国でも端午節には粽を食べる習慣があり、スーパーなどでは冷凍のちまきを大量に売っています。
e0026744_21435354.jpg

私は買わなかったのですが、会社のスタッフにもらったり、レストランでの食事の後にサービスで配られたりして、何個か食べました。

会社の営業業務のX小姐から、日本の100円ショップがオープンしたという情報を聞き、会社が休みになった今日、スタッフのS君と行ってみることにしました。
e0026744_21452544.jpg

「LIVING PLAZA」という名前のおしゃれな店が、恵州JUSCOの3回に出来ていました。日本の100円均一ショップに比べれば、売り場面積も小さく、売っているものも、家庭用品と文房具が中心で、期待したほどいろいろ売っていたわけではありませんでした。さらに、単価は10元均一となっており、100円ではなく、最近のレートでいえば160円均一といったところでしょうか。ただし、驚いたことに、ほとんどの商品は日本製、または日本市場で売るために作られたもので、品質もそれほど悪くはなかったようです。私は、冷蔵庫で食品を補完するためのプラスチックの器とか、何点か購入してきました。私は従来こう言ったものは日本に出張で出かけた時などに買ってきていたのでしたが、今度はそれをしなくてもよいと思えば、160円も高くはないような気がします。

S君に教えられた、「割においしい喫茶店」に寄りました。
e0026744_21553982.jpg

この喫茶店は、私が学生時代に入り浸っていた喫茶店とどこか雰囲気が似ていて、多少暗く、クラシック音楽や数十年前のアメリカンポップスなどが、気にならない程度に流れており、中国にありがちな大声で話したり騒いだりする客もなく、静かな時間が流れる店です。

しばらくここでコーヒーを楽しみながら、一休みして帰宅しました。恵州も少しずつ住みやすくなってきているようです。
[PR]
by wata1150 | 2013-06-12 21:59

風の谷のナウシカ

宮崎アニメの代表作の一つである、「風の谷のナウシカ」の本を買いました。

e0026744_10243083.jpg


TVアニメの風の谷のナウシカは、ビデオで見たことがあるのですが、マンガ本の存在を知り、インターネットで探して、全7巻、まとめて購入しました。A4版サイズよりは一回り小さいくらいのサイズですが、多分B5版サイズよりは少し大きいくらいのサイズです。

全7巻を一気に読んでしまいました。展開が面白く、途中で止められないのです。

ビデオ版は漫画版の一部だけを切り取って、ビデオにしたような感じで、全体はビデオ版の数倍はあるような大きなスケールのストーリーです。たしかに、すべてを映画にすることは難しいであろうと思えました。

全体を読んでみて、はじめて、物語の起承転結がわかり、ビデオ版の位置づけがわかるような気がします。多分、このマンガ本は、今後も何度かひっくり返して読んでしまうような本になるかもしれません。
[PR]
by wata1150 | 2013-06-08 10:19

我が家のスズラン

もう早くも6月半ばに近付いています。2013年も半ばに差し掛かっているということです。やたら時間のたつのが早く感じられます。

5月末に日本に行きました。我が家に一日だけ帰ってきました。朝、庭を覗いてみて発見したのがこれ。
e0026744_192463.jpg


スズランです。亘理の実家の庭に咲いていたスズランを、少しだけ分けてもらって、我が家の生け垣の下に植えて置いたのが、しっかり根付いて花をつけていました。まさに可憐な感じでした。ほかにも、庭にはスノーボールの真っ白な花がさいて、緑と白のコントラストが鮮やかでした。


今度スズランの花を見るのはいつになるのでしょうか?
[PR]
by wata1150 | 2013-06-04 22:50

ももマン

e0026744_1055241.jpg
e0026744_1061579.jpg


先日の豚マンに続く、シリーズです。

これは恵州のとある客家料理の店のデザートでした。
まるで桃のようで、ましてや今は桃がシーズンを迎えています。デザートとしてはうってつけです。

で、餡は? 日本でいうところの白餡でした。豆ででも作ったのでしょうか?


恵州も夏になりました。連日スコールがあり、相変わらず道路は水浸しになります。もっとも会社がある、恵台工業園区は道路がよくなり、道路がプールのようになることはなくなりましたが。

あと3週間もすれば、ライチが食べごろになるとか。今年はライチ狩りに出かける機会はあるのでしょうか?楊貴妃がこよなく愛したといわれるライチ、今の季節になると、ライチを思い出すのはやはりそれだけ魅力ある果物ということなのでしょう。

そして、ライチが終わると竜眼が食べごろです。恵州はいま果物の季節です。
[PR]
by wata1150 | 2013-06-03 22:46