「ほっ」と。キャンペーン

中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

豚?

今日、見つけました。
e0026744_21184826.jpg

可愛いですね。いったいこれはなんだと思いますか?

           ⇓
           ⇓
           ⇓
           ⇓
           ⇓
           ⇓
           ⇓
           ⇓
           ⇓
           ⇓
           ⇓
           ⇓
ジャジャジャジャーン!
e0026744_2127341.jpg


実は、豚マンです。具材は一般的にイメージする豚肉などが入ったものではなく、クリームが入っていましたが。

今日、広州に出張して、お昼に入った魚料理の店で、デザートに出てきました。可愛らしくて、つい一緒に行った数名で写真を撮るのに夢中になりました。          
[PR]
by wata1150 | 2013-05-14 21:30

母の日

今日は5月の第2日曜日、母の日です。昨年、私は母の日に母に連絡の電話をするでもなく、ほったらかしでした。さらに6月初旬には母の誕生日、これもほったらかし。

母と住んでいる妹から手ひどく叱られました。

今年はしっかりと電話をし、妹から少しだけほめられました。

私の母は今年で94歳になります。まだ矍鑠として健康で、畑の土をいじったり、庭の草をむしったりしながら、日々を送っています。

私はもうすでに物覚えが悪くなったり、記憶力が衰えたりすることを自覚するような年齢になってきましたが、母は依然として記憶力も明晰、昔の記憶も忘れずに、しっかりと覚えています。私からすれば驚異に値することです。

昔、母は小学校の教員を長く勤めていました。毎日教壇に立って、子供たちを指導していたのでしょう。だからこそ、足腰や内臓が強く、ここまで大きな病気もせずに生きてこられたのだと思います。

妹に言わせれば、やはり少しずつ衰えが見えているとか、体力が落ちてきたとか言っています。無理からぬことだと思うのです。それでも、あと10年は生きてください、せめて100歳以上までは・・・などと、母に電話をするたびに話しています。

そして、私もこの母に負けないように日々精進しながら、できるだけ長くいきたいと思うのです。

6月には日本に帰国する機会があるので、手土産でも持って、母の顔を見にゆこうと思っています。
[PR]
by wata1150 | 2013-05-12 22:25

業務部バイキング食事会

業務部全員参加しての、食事会がありました。

場所は恵州で一番高いビルの40階にある開店展望レストラン。食事の内容は洋食、中華、一部は日本のすしや刺身などもあり、各々が好きなものを食べるという趣向です。
e0026744_21132554.jpg


実は、私はここが初めてではなく、過去に何度か行ったことがあるのですが、味はといえば、決しておいしいとは言えないのです。でも、値段は一人当たり、150元もするので決して安いというわけでもありません。しかし、中国人スタッフの多くはバイキング形式が好きなようです。

今は、おおよそ一月に一度はこのような食事会をやるようにしています。メンバーの親睦を兼ね、また上下の風通しを良くするためでもあります。

たまには日本料理の食事会を、とも思いますが、まあ、無理でしょう。私ともう一人の日本人S君はどちらかというと、あまり気乗りのしないバイキング料理でした。
[PR]
by wata1150 | 2013-05-11 21:23

新体制になって10ヶ月

明日からほぼ一か月半、スケジュールがぎっしりの日が続くことになりました。

明日は会議、そしてあさってから客先を訪問し、木曜から土曜までは来客です。翌週は月曜、火曜と会議、22日の水曜から6月1日の土曜まで日本出張、6月3日から7日までフランスのCEOの来社で会議漬け。そしてさらに翌週はシンガポール、マレーシア、インドネシアそしてタイへの出張と続きます。

今日の日曜日も、明日月曜の会議資料作成で一日を費やしました。

現在の当社の総経理が、昨年7月中旬に就任してからほぼ10ヶ月が過ぎました。社内の各部門の改革が次々断行され、それに伴って従来の社長の下で活躍してきた多くの人たちが会社を去りました。経理職以上では品管のLさん、生産技術のSさんなどほんの数人だけになりました。

その中で、私が直接率いる”日本チーム”は、ともかくも全員が残り、日々悪戦苦闘をしています。

それでも、少しずつ新社長のやり方や性格もわかってきており、何とかこのまま新体制の中で生きてゆければいいと、ひそかに思いながら、毎日を過ごしています。

60歳代も半ばを過ぎ、体力の衰えも身に染みて感じるようになりました。さらに持病の糖尿病との折り合いをもつけながら、気力だけは落とさないようにして、明日からまた頑張ろうと思います。
[PR]
by wata1150 | 2013-05-10 21:58

台湾での休暇

日本はゴールデンウィークの真っ盛り、でも中国は5月1日の労働節を除いて、すべてカレンダー通りの勤務日でした。しかし、私は5月2日、3日と連休を取り、台湾に遊びに行ってきました。

台湾によく出張で出かけていた当時の台湾人の友人が、3月末までの中国上海勤務を終え、台湾の会社に戻ることになったのです。それで、久しぶりに旧交を温めようと出かけて行ったのです。

彼によれば、以前の台湾はコンピューターなどの世界の生産を一手に引き受け、多くのメーカーが台湾で生産活動をやっていたのです。しかし台湾も人件費などが高騰し、また、絶対的な労働力不足もあって、中国大陸に生産拠点をシフトさせました。しかし、中国の経済発展とともに、中国での生産活動もコスト高になり、脱中国ということで、台湾に戻るメーカー、台湾以外の東南アジアの諸国に再度シフトするメーカーなどが現れてきたのです。

台湾人の友人は中国にシフトした台湾会社工場に、電気部品を供給する仕事をしていましたが、上海事務所を閉鎖し、台湾に戻ってきたのです。

それで私も彼に会うべく二日間の台湾旅行をしたのでした。

台湾では一日は淡水に、もう一日は宜蘭に泊まりました。淡水は台北市の西、川の河口にある町で、海産物のおいしいところです。特にイカ団子や魚丸と呼ばれる魚のすり身団子が有名です。写真は淡水の河口観光桟橋です。
e0026744_21514537.jpg


また、宜蘭は温泉町です。街の中には温泉旅館が立ち並び、さながら日本の温泉町に出かけたような気分です。温泉は無味無臭の透明な温泉なのですが、少し苦みのある感じがある湯でした。
e0026744_21545244.jpg

日本であれば、泉質などの表記があり、わかりやすいのですが台湾ではそういったものはないようで、どのような温泉かわかりませんでした。


最近は中国でもあちらこちらに温泉があり、ここ恵州でも数か所の温泉があります。さすがに恵州の温泉は日本の温泉とは趣を異にしますが、それでもたまには行ってみるのも悪くないと思います。

台湾はおおよそ20年くらい前には、かなり頻繁に出張で出かけていましたが、さすがに20年前とはだいぶ変わってきています。中国大陸との交流も多く、飛行機の便も多くあります。また、往復で20,000円程度で行けるので、数日の息抜きにはよいと思いました。
[PR]
by wata1150 | 2013-05-06 21:24