中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

間もなく5月

4月の初めに上海→台湾⇒日本と駆け巡り、中国に帰ってきたかと思ったら4月も半ばを過ぎていました。

上海で朝食に食べた、焼き小籠包です。
e0026744_200102.jpg


これがまたよかった。上海浦東のヤオハンデパートの裏の路地を入ったところにあった小さな店でした。8個くらい食べたでしょうか。納得して帰ってきました。

台湾に降りたのは何年振りでしょうか。おまけに国際線で松山空港に降りたのは初めてでした。ホテルは民権東路のサンルートホテル。日系のビジネスホテルでした。日本語が使えること、ホテルサービスが日系と同じであること、地下には大戸屋があって、朝食や昼食には一人で入っても格安で食事ができて便利です。

台湾では中国と異なり、コーヒーを飲む人が多く、有名なコーヒーショップがたくさんあります。その一つ、とあるコーヒーショップで出会った、「ブルーマウンテンのウォータードリップ」。いわゆる水出しコーヒーなのですが、何ともいい味でした。
e0026744_20544091.jpg


そして、東京で我が社の技術総監のフランス人と合流し、近くから、東京の新しいシンボルである、東京スカイツリーをまじかに見ました。残念ながら、上まで行ってみる時間はなかったのですが、次回には何とか登ってみたいと思います。
e0026744_210321.jpg


そして、恵州に帰ってからも、中山、長安、と走り回り、その間には来客を受け入れ、息つく暇もありませんでした。それでも、何とか久しぶりの週末、少し体を休めてゆっくりしたいと思っています。

間もなく5月、我が社も5月1日は労働節の休みがあります。しかし、一日だけの休みでゴールデンウィークとはとても言えません。
[PR]
by wata1150 | 2013-04-20 21:06

富士山

e0026744_736431.jpg


今朝の富士山です。
新横浜のホテルの窓から撮影しました。

ここから地図で見ると約120kmほど離れていますが、肉眼で見ると青空にくっきり浮かび、まさに神々しく映えます。

一昨日来の暴風雨が空気の汚れを吹き飛ばし去ったのでしょうか?美しいの一言、感動でした。
[PR]
by wata1150 | 2013-04-08 07:39

Macの夕食

香港から来るフランス人の同僚を迎えに成田空港まで行って来た。成田空港まで行ったのはよいのだが、横浜のホテルまで帰る足がない。やむなく、成田空港でレンタカーを借り、新横浜のホテルまで帰ってきた。

ホテルに着いたのは11時過ぎである。フランス人の同僚は機内食を食べたので夕食はいらないという。私とともに成田まで行った、日本連絡事務所のスタッフK君と私はともに空腹なのだが、もうこの時間では食べるものがない。やむなくMacのハンバーガーで済ませることにした。

e0026744_2111157.jpg

大き目のハンバーガー、フレンチフライ、そしてコーヒーという情けない夕食になってしまった。

昨夜来の台風並みの低気圧による暴風雨も夕方には収まり、空気は澄み切っており、さわやかな夜ではあった。明日からフランス人の同僚とともに客先訪問行脚である。
[PR]
by wata1150 | 2013-04-07 23:03

EVA AIR Hallo Kitty号

今回の出張で、台北から羽田まで搭乗したのは「EVA-AIR」のイベントフライト「Hallow Kitty」号であった。この飛行機に乗り合わせたのは全くの偶然ではあったのだが。

飛行機の外観はHallo Kittyがデザインされている。
e0026744_3105564.jpg


シートピローは・・・・
e0026744_3124816.jpg


シートTVは・・・・
e0026744_314776.jpg


トイレの中でも・・・・
e0026744_3155667.jpg


そして、機内食でも
トレーの紙は
e0026744_3192588.jpg


スプーンやフォークなどの食器は
e0026744_324246.jpg


サラダにも・・・・
e0026744_326301.jpg


アイスクリームにも・・・・
e0026744_3293674.jpg


Hallo Kittyがデザインされていた。見事なくらいの凝りようである。EVA AIRという台湾の航空会社であるからこのようなこり方ができるのか。日系のJALやANAでもここまで、いやこれ以上の徹底的なこり方をすることで、搭乗客を楽しませてくれることはできないのか?このようなイベントでどの程度、搭乗率がアップするのかはわからないが、少なくともこの便は満席で台北から羽田に飛んだ。
[PR]
by wata1150 | 2013-04-04 22:07