中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2012年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

香港に来ています。

明日から明後日と広州の自動車ショウに併設した、自動車部品の展示会があり、それを見学し、併せて杭州にある自動車メーカーを見学する香港貿易発展局主催のツアーに参加するため、香港にやってきました。

明朝9時出発のため、今晩は香港宿泊、私が宿泊するために予約されたのは、皇家太平洋酒店、英語名はROYAL PACIFIC HOTELです。香港尖沙●(口へんに旦)広東街の端、フェリーターミナルの隣にあるホテルです。
e0026744_2233124.jpg


入口は狭いのですが、ホテル内部は結構大きくて、きれいです。香港のホテルなので当然相当に狭いのを覚悟していたのでしたが、チェックインして部屋に入ると、立派な部屋でした。部屋が二つあり、一つはベッドルーム、もう一つはリラックスルームというか、書斎風になっています。
e0026744_2264468.jpg

e0026744_2275876.jpg

まあ、一泊1250HK$(約12,000円)もするので、こんなもんかとも思いますが。

広東街は、香港に観光に来る人は知っていると思うのですが、いわゆるブランド品のショップの街です。
FENDY、GUCCI、COACH、バーバリー、PRADAなど有名なブランドショップが軒を連ねています。
e0026744_2212484.jpg

e0026744_22131130.jpg

e0026744_22133485.jpg


一昔前は多くの日本人がやってきて、LVやらGUCCIやらと買いあさっており、街を歩けば日本語が飛び交っていました。今はすっかり様変わり、中国の普通語が飛び交っています。香港人はほとんどが広東語で会話しますので、買い物をする人たちの多くは中国の人たちなのでしょう。ブランド品を入れた大きな買い物袋をたくさんぶら下げて、街を遅い時間まで闊歩しています。

香港に生まれ育ったある香港人の知人が話していました。「香港もすっかり治安が悪くなってしまった。」多くの中国人が手軽に香港に来るようになって、窃盗などの犯罪が増えてきたというわけです。私も、広東街を歩くとき、ショルダーバックをたすき掛けにして、歩いていました。香港を歩くときは、気を付けなければ…。
[PR]
by wata1150 | 2012-11-20 22:22

恵州に戻ってきました。

昨夜、大連から深圳まで直行便で帰ってきました。

大連から深圳までは直行便は一日一便しかありません。12時40分発、深圳は16時頃。おおよそ3時間半のフライトです。東京から香港まではやはり3時間半のフライトですからほぼ同じ距離になるのでしょうか。それでも、国際線であれば食事をしたり、お酒を飲んでひと眠りしたり、映画を見たり、TVゲームをしたりと、結構することもありますし、あまり退屈はしないのです。しかし、大連から深圳までの直行便は軽食と飲み物しかありません。さすがは中国の国内便、サービスもよいとは言い難く、乗客のほとんどは目をつぶり何とか眠ろうとしていたようです。それにしても、中国は大きい国です。3時間半空を飛んでも、まだ国内なのですから。時差が無いのがせめてもの救いです。

夜間には0度程度まで気温が下がり、日中でも10度以下の大連から、日中の気温が22度の深圳に戻ると、最大気温差は20度以上になり、体に対するストレスは結構きついものがあります。特に私のような老体にとっては、着る物をこまめに変えるなどの対策が必要です。大連ではコートやセーターを着ても寒く、室内には暖房が入っています。深圳に来ると、コートやセーターは不要、冬物のシャツでは暑く感じるので、薄手のサマーシャツになります。以前、私が日本の会社に勤務していたころは、最大気温差40度以上のところを移動したことがあります。日本の冬に中東のドバイに出張したりするとそういった現象が起こりますね。それでも何とかこなしてきました。

やはりこの季節は、南の広東省のほうがすごしやすく感じますね。11月も半ばを迎え、これからは恵州でも気温がどんどん下がってゆきます。風邪をひかないように気を付けながら過ごしたいと思います。
[PR]
by wata1150 | 2012-11-18 22:29

大連の路面電車

大連市内をタクシーで走っていて偶然に路面電車を発見しました。
e0026744_223684.jpg


中国で、生活も自動車に頼る、車社会に変貌しつつあって、レトロな感じの路面電車は、なぜか新鮮に映ります。

私は、仙台市の郊外に生まれました。現在はすでに廃止されましたが、私が学生のころは仙台にも路面電車があり、よく利用しました。それで路面電車を見ると懐かしさがあり、思わず見つめてしまうのです。

過日、松山に出張に行ったときにも、路面電車を発見し、心躍った記憶があります。

大連の路面電車、いつかは自動車に押されて廃止されるのでしょうか?できる限り存続して、市民の足として活躍してほしいものだと思うのです。
[PR]
by wata1150 | 2012-11-17 22:42

大連

昨夜遅く大連に到着しました。杭州からおおよそ2時間のフライトでした。私にとって大連は初めて訪れる街です。大連はさすがに寒く、気温は2度。明け方には0度まで下がるとのこと。先週には雪も降ったとのことでした。さすがは北国です。

大連在住日本人は7000人ほど。総人口は5百万人とのことで、日本人の人口密度は恵州に比べればおおよそ4倍くらいです。

大連は10月の半日でも騒ぎは比較的大きくはなく、穏やかだったとのことでしたが、タクシーの乗車拒否がかなりあったようで、タクシーでの空港からホテルまでの時間、タクシードライバーが同行のT小姐に話してくれたそうです。しかし今はそんなこともなく、住んでいる日本人も普通に生活しているそうです。

ホテルは大連市内、BOLTホテルというホテルでした。遅くについて空腹だったのでホテルの前の路地にあった屋台に出かけました。もうどの屋台も店じまいの直前でしたが、気軽にチャーハンや野菜の煮付け、ソーセージやイカの鉄板焼きなどを作ってくれました。大盛りチャーハンが7元など、非常に安く、二人で満腹になるまで食べても30元もかかりませんでした。

午後、時間が空いたので、近場の観光スポットを探しましたが、小雨が降っており、観光はあきらめて、大連商場という大連でも大きなショッピングセンターに出かけました。
e0026744_1833944.jpg


1階が食料品売り場なのですが、さすが大連は海のそばということで、海産物が豊富です。特に干物が多く、魚やイカ、タコ、昆布や海苔、ホタテガイやアサリなどの貝類の干物などが非常に豊富です。50cm以上もある鯛の干物、1m以上もありそうなウナギの干物などが目を引きます。大きなダイオウイカの干物もあり、まるで干物の水族館です。今度大連に来るときには、大きな干物を買うつもりで、構えて大連に来ようと思います。

大連の近くには、旅順などの観光スポットもあります。天候が良ければぜひ一度は訪れてみたいと思います。
[PR]
by wata1150 | 2012-11-16 18:45

杭州

杭州に来ました。

杭州と言えば西湖です。そして、江南料理。また美人の産地としても有名です。西施のような。7年前に私は西湖を訪れていますが、今回7年ぶりに再度来ました。

西湖を一望するには「雷峯塔」に上り、最上階から見渡すのがベストと、私は思っています。今回も早速雷峯塔に登り、西湖を見渡しました。
e0026744_0113424.jpg

e0026744_012663.jpg


私が住んでいる恵州にも恵州西湖があり、やはり観光スポットになっています。それだけに、杭州西湖に対する思いもまた独特のものがあります。

今回は時間が無く、江南料理にありつくことはできませんでした。しかし、次回には江南料理を食べ、ゆっくりと西湖の夕日を見て、くつろぎたいと思いました。

夕方の飛行機で杭州から大連にやってきました。大連は私にとって初めて訪れた都市です。大連は現在3度。朝方には0度くらいにまで冷え込みます。明日午後には多少時間が取れそうなので、大連のどこかのミニ観光を楽しみたいと思っています。
[PR]
by wata1150 | 2012-11-15 23:19

蘇州から杭州

上海にはたった一泊しただけで、蘇州に移動しました。上海のT社の好意で蘇州まで社用車で送っていただきました。上海から蘇州まで車では高速道路を使って一時間半くらいで到着できます。ホテルは定宿の「新城花園酒店」、五つ星ホテルです。もっとも、蘇州の客先のC社さんの契約ホテルなので、宿泊料はかなり安いのですが。
e0026744_22335071.jpg


このホテルの好きなところは、朝飯がおいしいところ。種類が豊富で連泊しても飽きないで食べることができる。契約料金にしても、この値段でこの朝食は…と思うくらいである。

蘇州は日中はまだしも、夜には10度以下に冷え込み、すっかり寒くなりました。冬物のスーツを持ってきたのですが、スーツだけで外を歩くのは、ちょっと寒すぎです。ユニクロのダウンを持ってきてよかったと思いました。

翌日は早朝から客先に行き、昼前には新幹線で杭州に向かいました。蘇州の新幹線の駅は蘇州駅と、蘇州北駅があります。広州行きの高速列車は蘇州北駅からの出発でした。蘇州北駅はGPSの地図にはまだ表現されていない、真新しい駅でした。蘇州市内から25kmほど離れており、知らない人は駅にたどり着くのは大変です。
e0026744_2251656.jpg


私が乗ったのはG51 天津西駅発杭州駅行きの列車です。
e0026744_22465662.jpg

途中上海虹橋駅に停車し、終点杭州駅までノンストップです。途中の最大速度は301km/hでした。まだ予定最高速度350km/hでの運転はやっていない様子です。
e0026744_22533185.jpg


しかし、蘇州北駅から杭州駅までわずか1時間10分で到着しました。以前上海に住んでいたころ上海南駅から杭州駅まで4時間近くかかったことを思えば、隔世の感があります。

杭州で一泊し、翌日は杭州西湖を訪れることにしています。
[PR]
by wata1150 | 2012-11-14 22:57

久しぶりの上海

久しぶりに上海に来ました。最初に訪れたのは浦東、東方明珠の塔がたっているところ、陸家嘴です。

地下鉄を降りて地上に出てみたら、自分がどこにいるのかわかりませんでした。東方明珠を見つけて、方向を定め、金茂大厦、その後ろに新しい森ビルを見つけ、やっと自分の位置がわかったのでした。
e0026744_0183868.jpg


このブログを開始したのは、2005年。上海での生活を始めるときでした。ブログタイトルも「TADAの上海日記」。上海にまつわることをたくさん書きました。久しぶりに読み直し、写真を見てみると、今の上海とは全く異なる上海の様子がありました。

上海生活に区切りをつけ、恵州での生活を始めるときに、現在の「TADAの中国滞在記」と改めたのです。そして、上海だけでなく、中国野凄まじいばかりの経済発展を目の当たりにしながら、今まで来ました。今、改めて上海に降り立ち、地下鉄に乗り、上海の町を歩いてみると、中国で暮らしていたにもかかわらず、全く知らない土地にたどり着いてしまったような感さえあります。

今夜は仙霞路の日本料理、「和泉」に久しぶりに顔を出し、おかみさんの「亜紀」さんの顔を見ながら、7年前の上海を思い出していました。

明日は午後から蘇州に行きます。
[PR]
by wata1150 | 2012-11-12 22:54
最近、週末はiPadでNHKオンデマンドを見ることが多い。以前はアニメなども見た。最近は「紀行」「科学ドキュメンタリー」などが多い。

日本で列車の旅で有名になったタレントの関口知宏の列車番組「関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく」を見た。この番組は2007年に製作され放送された。
e0026744_14194276.jpg


この番組を見ていると、素朴で、日本に対して何の偏見も持たない、一生懸命に自分の人生を歩み続けている中国人の姿を、たくさん見ることができる。人見知りせず、好奇心が旺盛で、誰にでも親切で優しい。それは5年以上過ぎた現在でも、中国人のほとんどの人たちの心は変わっていないと信じている。私はこの2007年当時すでに、現在も勤務している会社で仕事をしていた。そして、日中関係の悪化などという事態はまるで念頭になかった。

それが今はどうだろうか?メディアが中国人の愛国心、反日本的考え方を増長し、反日ドラマは毎日のようにTVで流され、今日の中国人の精神を作り続けている。

私は、ややもすれば中国という国家、国民に対して懐疑的になる自分を意識することが多くなってきていたのだったが、このドキュメンタリーを見て一安心したし、今後の中国での生活や仕事の環境についても、何の影響も及ぼさないであろうことを確信しつつある。

明日から、上海、蘇州、杭州そして大連に出かける。残念ながらほとんどの移動は飛行機であり、少しだけ列車に乗るが、それもいわゆる中国新幹線で、関口さんが紹介した中国的風情には出会えないかもしれない。それでも、いつか中国国内を列車に乗って旅したいと思わざるを得ない。関口さんよりも、もっとゆったりと時間をかけて。
[PR]
by wata1150 | 2012-11-10 14:20

IH炊飯器

新しいIH炊飯器が手に入った。どうやって私の手に入ったかはともかく、以前から欲しいと思っていたので、うれしい。
e0026744_11403353.jpg


以前私が中国で使っていたものは中国メーカーの「美的」のもの。購入した価格は忘れたが、200元くらいではなかったかと思う。そして、スーパーで売っている、500グラムで2元前後のコメを買って、美的の炊飯器で炊いて食べていた。米もあまりおいしいコメとは言えず、また炊飯器も「炊く」というより「煮る」に近いような炊きあがりで、芯ができてみたり、上側だけがおいしくて、下側はべチャッとなってみたり、さんざんであった。

それでも少しはコツが呑み込めて来て、水を多めに入れ、炊きあがってからもふたを開けずに一時間以上放置し、それから電源を切って15分くらい置いたものを、初めて蓋を取って食べれば、多少硬めで、ぱらぱら感はあるが、まあ食べることができるようになった。しかし、白いご飯をそのまま食べるよりは、チャーハンにしたほうがおいしいので、日本から辛子高菜を買ってきて、高菜チャーハンにしたり、卵を入れて卵チャーハンにして食べるのが普通になってきていた。

過日日本に行ったときに、ディスカウントショップで新潟産コシヒカリを売っているのを見つけて、2kgの袋を一つ購入してきた。いつか食べようと思いつつ、美的の炊飯器では失敗したらもったいないと思い、日本に行ったときに、電気屋さんで特売の日本製炊飯器を入手しようと思い、日本に行くたび電気屋さんを覗いていた。しかし、なかなか思うような炊飯器と価格に巡り合わずにいた。

今回偶然に炊飯器を入手することができた。さっそく、コシヒカリに挑戦しようと思う。
[PR]
by wata1150 | 2012-11-08 10:27

8時間労働。

11月になりました。恵州の空気も涼しくなりました。朝夕は16度から17度、日中は23度から24度くらいです。非常に過ごしやすく、雨もそれほど降るわけではないので、一番活動しやすくなる季節です。

会社は今日から就労時間が変更になりました。従来は朝8時から夕方4時45分まで、昼食時間45分で、一日9時間労働でした。もっともそのうち一時間は残業扱いで工場労働者や主任職以下のスタッフにとっては自動的に残業になるのでありがたかったのですが。

今日から一日8時間労働に変更になりました。朝8時から夕方5時まで、昼食は1時間になりました。工場直接社以外のスタッフは丘陵が減らないように、8時間労働で9時間労働時の給料を支払うということになりました。一時間当たりの給料が増えたことになります。経理職以上の幹部は全く変化がありません。

また、昼食時間が15分長くなりました。スタッフの多くは昼食後、昼寝をする習慣があるのでこの15分はありがたい様子です。45分の昼食時間ではとても昼寝をする時間がありませんから。

会社の組織も、この夏以降非常に大きく変わりました。会社がアメリカ資本の投資会社に買収されたこともあって、従来の経営者は会社を去り、経営者層で残ったのは私だけになりました。また、会社の中で実務部隊の中心になる経理、副経理クラスも多くの人が去り、以前の経営者時代から、残っているのはそれほど多くはありません。

私が担当している営業部門は全く人が入れ替わることもなく、そのままの人で運営されています。何かそのことが不思議な感じもします。新しい経営者は生産技術をやっていた人で、営業は経験が無い様子ですので、それが影響しているのかもしれません。

会社は、ともかくもかなりの速さで変革しており、私も歳が歳だけに、変化についてゆくので精いっぱいのことが多いのですが、今までついてきてくれたメンバーを間違った方向に行かないよう、何とかかじ取りをしていきたいと思います。
[PR]
by wata1150 | 2012-11-01 14:52