「ほっ」と。キャンペーン

中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

万歩計の怪

万歩計をつけて歩いてみた。10歩歩いて万歩計を覗いてみるとカウンターは”2”。ん?なんだ、これは?で、再度、マンションの廊下で試験。20歩歩く。カウンターは・・・5。なんだこりゃ?マンションの廊下で100歩歩く。カウンターは”12”。

これではカウンターにならない。軽く走ってみた30歩。カウンターは25。おー!近づいてきた。しかしまだまだ。「やっぱり安物は駄目かなあ?」。ちょっと、後悔。

カウンターの仕組みは・・・振動センサー。万歩計を振ると中でカラカラ音がする。ははー!そういう仕掛けか。では!上下に大きく体を振動させ、腿をしっかり高く上げながら、大げさに歩いてみた。10歩・・・・・カウンターは・・・”10”。 う~ん。

しかしこんな大げさに普段歩くわけはない。足腰に負担がかからないように上下移動が少なくなるよう歩いているくらいである。しかし、このセンサーは大きく上下にスキップするくらいにして歩かないと、反応しないのである。年寄りにはこの万歩計は無理か?

いや待て!年寄りの私でも、歩くときには上下振動をせざるを得ない部位がある。足首。運動靴に万歩計をつけてみた。
e0026744_13492147.jpg


なんか恰好悪い。が、50歩歩いたら”50”とカウントしてくれた。100歩では・・・?”101”。なんか間違えた?100歩も歩くと、私の頭脳カウンターも間違えるか?とりあえず誤差範囲内。

では、近所のマンションの周辺を歩いてみよう・・・と思い、外に出た。40分ほど歩くと、カウンターはすでに5000歩を超えていた。結構結構。平日5000歩、週末10000歩、がんばろう!
[PR]
by wata1150 | 2012-08-26 13:23

万歩計

この間、日本出張に行ったとき、大阪駅前のヨドバシカメラで、以前から購入しようと思っていた万歩計をやっと手に入れました。
e0026744_23284728.jpg


最近は会社にいても、ほとんど動かず、オフィスのデスクに座っていることが多く、体が運動不足警報を出していることを知っていたので、目標を決めてせっせと歩くことを考えたのです。

たまには近所の山に登ったり、散歩をしたり、バドミントンやその他の運動をしたり・・・と考えるのですが、どうも一人でいると、何をするにも億劫になって、週末の休みをぼんやりと家の中で過ごしたりしてしまいます。これではいけない、あと5年は体を持たせたい、仕事を続けたいと思うので、それには体力が必要とばかり、運動をしたいのですが、精神的な疲労はそういった意欲をも吹き飛ばしてしまっているようです。

日本で万歩計を購入しました。価格は1000円にも満たない金額だったと思います。あまり複雑な機能がたくさんついていても、結局意味がないと思い、非常にシンプルな万歩計にしました。

中国に戻り、通常の生活パターンに戻りました。毎日、ベルトに万歩計を取り付け、就寝前にはずして数値を確認してみると、多くとも3500歩程度、少ないときは1000歩ほどしか歩いていませんでした。一週間ほど毎日歩数を記録してみたのですが、予想以上に少ない数字しか出ませんでした。

実は、毎日結構7000歩~8000歩、多いときは一万歩くらいは歩いていると、密かに思っていたので、かなりショックでした。これでは、血糖値にも良い影響は与えませんし、体調を維持することもままなりません。

当面の最低歩数目標をとりあえず5000歩に設定し、満たないときは、夜帰宅後でも散歩をするように心がけたいと思います。明日はとりあえず一万歩とはどのくらい歩くことなのか、試しに歩いてみようと考えています。
[PR]
by wata1150 | 2012-08-26 09:21

ZB改めCT君が訪中

以前投稿しましたが、会社の日本連絡事務所勤務のCT君が、帰化後初めて中国に来ました。

会社としては、体制が変わってバタバタしている時期なのですが、日本ではお盆休みの時期であり、業務への影響が少ない時期であるということで、中国に来て、社内各部門への紹介、そして、今後の仕事の進め方の打ち合わせ、さらには彼の両親と会うということで、約10日間ほどの滞在になります。

先週、我が家で彼と会社の私のスタッフとを招いて、餃子パーティをやりました。
e0026744_15522290.jpg


CT君は知る人ぞ知る料理名人です。本来中国人なのですが、日本留学時代にアルバイトで居酒屋などで修業をし、お酒のつまみを作らせたら、プロ顔負けのものを作ります。一昨年ごろに、中国に来た時には、薄い餃子の皮を購入して日本式の焼き餃子を作ってくれたのでしたが、その餃子を包む手並みと速さ、そしてその仕上がりの美しさに、参加した会社のスタッフの面々が茫然としてみていたことを覚えています。

今回、小麦粉を練って、餃子の皮を作り、肉や野菜を刻んで餃子の具を作り、水餃子を作ってくれました。また、わずかな手番でゴーヤチャンプルを作りました。
e0026744_1553869.jpg


会社の日本市場対応のティームの面々が顔をそろえ、久しぶりのCT君の料理を楽しみました。

CT君は28日日本に帰ります。今度はいつ中国に来る機会があるのか。また、中国に来て、中国人のスタッフとの交流をやってほしいと思います。
[PR]
by wata1150 | 2012-08-25 15:56

NHKオンデマンド

NHKの宣伝をするわけではありません。

最近、VPN接続をすることにより、YOUTUBEが見れるようになりました。私のブログも問題ありません。そして、YOUTUBEを眺めていて、NHKオンデマンドにたどり着きました。
e0026744_15291537.jpg


本来は、NHKの番組を見逃した人のために、有料配信しているサイトなのですが、私を含め海外在住者にとっては、NHKニュースをはじめ、貴重な日本の情報を入手する手段として使えます。見放題のパック料金では月額2000円ほどでほとんどのNHK番組を見ることができます。最近日本で人気の「梅ちゃん先生」なども、好きな時に見ることができるのです。

だいぶ前にはやった、子供向けの「ふしぎの海のナディア」などもありました。私の好きな科学ドキュメンタリーなどもたくさんあります。私にとっては、家で時間があるときに見るのは非常な楽しみになりました。夜7時のニュース、毎日の「梅ちゃん先生」、こんな番組を見ることで、精神的に疲れていた私の心が癒されている実感が出てきました。

民放各局も、このNHKオンデマンドに相乗りし、日本人海外在住者に向けて、格安で番組発信してくれたら、海外での生活もまた少しは楽になるのかも知れません。(もしかして、そのようなものがすでにあるのかも。私が知らないだけかもしれません。)
[PR]
by wata1150 | 2012-08-24 23:29

雑感

昨日、オフィスの窓から空を見上げていた時に、無数の赤とんぼが飛んでいるのを発見しました。携帯のカメラで写真を撮ろうとしましたが、何度やってもダメで、空しか写らず、あきらめてしまいましたが。もうここ恵州にも秋の気配が表れているのですね。

会社の中で、いろいろと面倒なことがあり、落ち着かないひと月でした。7月に突然やってきた、会社TOPの交代劇、それに付随する多くのスタッフの退職と新たなスタッフの入社、スタッフの給与の改定問題、さらには従業員のコンプライアンスの問題など様々な問題を抱えながらのひと月でした。

スタッフの入れ替え劇は、まだ続いています。ある信頼できるスタッフの話では、従業員コンプライアンスは中国の企業らしく、まだ相当ある様子で、今後まだまだスタッフの退職や入れ替えはあるかもしれません。いわゆる贈収賄の問題です。中国の国内営業では、かなりの贈収賄が存在していましたが、今はほぼ整理されました。しかし、社内のいろいろな部門ではまだかなり存在するようです。

何はともあれ、問題は収束方向に向かっており、とりあえずは一段落ということです。

最近はブログ投稿する回数が大幅に落ちています。一つは精神的に多少疲れているのが原因です。そして、もう一つは、これを見ている人に差しさわりのあることは書けないということから、書く内容の幅が狭まって、自由な記述をすることができないということです。それで、投稿する内容は自然と、仕事の話か、時候のあいさつ程度になってしまっているということなのです。日々の小さな感動なども、その時書きたいと思っても、夜、家に帰ってくれば疲れが出て、ベッドの転がり込んでしまう状態がしばらく続き、結果として描けなくなってしまっているのです。

会社の大きな問題が収束しつつある今、また、日々の小さな感動を時々書いていきたいと思います。
[PR]
by wata1150 | 2012-08-23 22:31

トヨタ86

次男がトヨタ86を買いました。
e0026744_23291050.jpg


今は青森県八戸市に住んでいる次男が、用事があって仙台に帰ってきました。この春仙台のトヨタ系列の販売店で購入手配し、納車を待っていたのが、やっと手に入り、それに乗って仙台まで来たのです。

真っ赤な車体、45扁平のタイヤ、17インチのタイヤホイール、皮シートなどなかなか生意気な車です。値段も結構するようで、販売店の担当者は、これを購入するのは40歳後半から60歳代の大人が大半だそうです。団塊の世代が会社を辞めてから、やっと憧れだった車を購入するのですね。

私も、こんなスポーツタイプの車が欲しかったのでしたが、家族向きではないこともあって、乗用車、ワゴン車などを乗り継いできました。いま中国で生活していては、こんな車は乗れません。私にとってはあこがれの車で終わってしまうのでしょう。

息子が私に運転させてくれるというので、仙台の自宅周辺を30分ほどドライブしました。ハンドルの切れの良さ、タイヤが直に路面の状況を伝えてくれる楽しさ、アクセルの反応の良さ、4気筒エンジンの独特の音など結構楽しめます。わくわくさせるドライブを、少しの時間でしたが楽しみました。

私の妻はクラウンに乗っており、非常に静かでゆったりした運転をし、静かな空間にいることを実感しながら運転しています。トヨタ86とは全く異なる運転感覚なのです。中国に戻る日、妻に「たまには86のようなスポーツタイプも楽しいかも・・・」とささやいてきました。まあ、私がスポーツタイプの車を購入することは多分永久にないのでしょうが。
[PR]
by wata1150 | 2012-08-11 23:24
私が勤務する会社の「日本連絡事務所」は新横浜駅前のSビルの中にあります。新横浜の駅前のGホテルから「連絡事務所」まで歩いた時に、駅前の公園に一人の靴磨き屋さんを見つけました。
e0026744_20344831.jpg


朝、少し早めにホテルを出たので、思い切って靴を磨いてもらうことにしたのです。

この靴磨き屋さん、30年以上も靴を扱う仕事をしているとのことです。以前は靴屋さんを営業していたのですが、安価なビジネスシューズが主流になり、また国産ではなく海外生産が主流になって、売り上げが落ち、店はつぶれてしまい、靴磨きを始めたのだそうです。

新横浜駅前で、朝5時半から営業開始、暑い夏時分ならば、朝の9時半ころで仕事を打ち切って家に帰るのだそうです。まあ、私より2~3歳、年上だそうですので、年金をもらいながら、お客さんとの会話を楽しみながら、靴磨きやるのも悪くはないとのことです。

最近のお客さんは、「5分でやれ」とか、わがまま言い放題の反面、それほど良い靴を履いている人は結構少なくて、気合いを入れて靴磨きをする気もないような靴が多い、と嘆いていました。また、女性のハイヒールは磨こうにも磨く部分があまりにも少なく、磨けないものがおおくて困る、とかいう話をして大笑いをしました。

私は、今回普段あまり手入れをしていなかったので、きれいではないのですが、フランス製の割に良い素材の靴を持ってきていたので、靴磨きのおじさん、気合いを入れて延々20数分磨いてくれました。また、このおじさんとの世間話をしに、靴磨きに行こうと思います。一足500円、結構楽しめた、価値のある20数分でした。
[PR]
by wata1150 | 2012-08-02 20:30

8月になりました。

今年、何回目の日本出張か。7月末から日本に来ています。

今回の日本出張は複雑な心境の中で、日本にいます。本来ならば、会社のオーナーと一緒に来るはずでしたが、7月中旬にオーナーは解任され、一緒に来ることはできなくなってしまったのです。オーナーを始め、実質的に会社を運営してきた総経理、総務や財務を担当していた副総経理も同時に解任されてしまいました。そして、副総経理としては唯一私だけが会社に残ってしまいました。

会社には新しい総経理Xさんがさっそく着任し、社内の組織を改変し、人事担当経理、技術担当経理、生産担当経理が相次いで会社を去りました。いずれもこの会社を十数年にわたって、以前のオーナーや総経理とともに築き上げ、支えてきたメンバーです。

そして新しい人事担当経理が入社し、生産、工場管理担当のDirectorが着任しました。

会社を売るとはこういうことかと、改めて実感しています。私は幸か不幸か、日本客先向けの販売を担当するDirectorとして残ることになりました。欧米系の会社が見せる力技を見せつけられている感じです。私自身何度も辞職することを考えましたが、従来の会社のメンバーで、まだ残っているメンバーとしては私が一番上であることから、自分のことだけで勝手に辞職することはできないと思い、当面、残ることにしたのです。

当面の仕事は、今まで支えてきてもらった客先に対して、従来と同じようにサービスを継続し、製品を供給し続けることです。私の心の中では、いまは失うものは何もない、今後どれだけこの会社を守り切れるのか、スタッフを守りきるのか、そして客先への迷惑を最小限にするのかということについて、日々考え実行してゆくことです。

今回は従来考えていた日本出張とは全く別の目的で日本に来ることになってしまいました。
8月10日まで、できる限り多くの客先を訪問し、会社の現状、今後の進め方を説明し、ビジネスに対する影響をできるだけ少なくすることを目的に話をしています。

私自身も、あとどれだけこの会社にいることになるかはわかりませんが、その役割を何とか全うしたいと考えています。会社は社会の公器、どのような事態になっても、この意味は変わりませんし、その目的を継続し、達成してゆくよう努力していきたいと思うのです。
[PR]
by wata1150 | 2012-08-01 19:49