中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2012年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

端午節休暇

日本では5月5日は端午の節句と呼ばれ、「粽食べ食べ兄さんが~」と歌われるように、親しまれている節句である。そして中国では旧暦の5月5日が端午節であり、やはり粽がふるまわれる。

今年の端午節は6月23日であったが、あいにく土曜日と重なり、そのため月曜日の今日に振り替えられ、23日から25日までの3連休が設定された。そして今日はその月曜日の休みである。

休みといってもこれといってすることがあるわけではない。午前中は雷が鳴って、豪雨が降った。この地方特有の気象現象である。しばらくすると雨は止み、カンカン照りとなり、プールのようになった道路も乾ききってしまう。

午後、亡くなりかけていた飲料水を水の販売店に配達を頼んだ。最近は人手不足とかで、すぐに配達してくれない。夕方になってやっと配達してくれた。一本18.9リットルのボトルを3本、計45元である。おおよそ一本200円としてみれば、配達料込なのだから安いと思う。これでしばらく、お茶やコーヒーを飲むのに不自由はしない。

早速、鉄観音茶をたくさん作り、冷蔵庫に入れた。冷えた本物の鉄観音茶は、やはりおいしい。汗をかいた後などに飲むのは格別である。

近所のパン屋さんに行く。零下5度という名前のパンのチェーンストアである。恵州の中では比較的ましなほうだが、トースト用のパンなどはさすがにぱさぱさ過ぎて美味しくない。また、日本でいう6枚切り、5枚切りという多少厚切りのパンはない。普段は香港のヤマザキパンを買ってきてもらったり、香港に出かけた時にたくさん買ってきて保存しておくのだが、切れてしまった。形はイギリスパン風なのだが、味は菓子パンとぴった漢字のパンを求め、ついでに牛乳を購入する。

パン屋さんからの帰り道、数日前に出しておいた洗濯物を引き取った。「天亮洗衣」という店。これもまたクリーニングのチェーンストアである。メンバー割引でワイシャツ一枚8元。ここのおばさんとはすっかり顔なじみになった。私が出すワイシャツの生地を触って、「これは日本で買ったの?いい生地だね。いくら?」と、いろいろ聞いてくる。「日本で買ったけど、実際は”Made-In-China”」と教えてやった。そのうち「ユニクロ」が、恵州にも進出すると聞いた。そうしたら「中国で買った。ユニクロ」と言ってあげようと思って、ちょっとにんまりしながら帰ってきた。

今週は、日系の来客が一件、そしてスタッフの送別会がある以外は大きな予定はない。久しぶりに静かな週になるかもしれない。
[PR]
by wata1150 | 2012-06-25 20:29

肇慶訪問

何週間か前、会社にいた私に肇慶市のA者に勤務するIさんから電話が入った。P社向けのOEM生産の設備のうちの一つを、私の会社で作れないかという相談であった。Iさんは私の会社で生産設備のビジネスはやっていないことを知っているのだが、私の会社の設備課で、生産設備や治具などを作り社内生産用として使っていることを知っていた。そして、現行の業者では作れないということで、私に助けてほしいということであった。

そして、我が社の設備課のメンバーに相談し、図面や現物を確認し、我が社でも可能であることを確認し、詳細な打ち合わせをするためにA社を訪問することにしたのである。

私は、以前日本で勤務した会社の時代から関係があり、A社の主な幹部スタッフとも顔見知りである。それで、私も今回肇慶市のA社までついてゆくことにしたのである。

バスで肇慶に入った私は、その市内景観が私が思い描いていた10年前のものとは全く異なることを、いたるところで知らされた。肇慶市に入ったのは夜だった。ホテルは以前よく止まった皇朝酒店。わつぃとしてはこれで十分なのであるが、また、肇慶市な高級クラスのホテルという認識だったのであるが、実際はそうではなかった。

以前は皇朝酒店と覇を競った星湖大酒店、今は内部を大改装し価格も、A社の協定価格でも600元から800元もするという。さらに市内には五つ星ホテルではなく、その上を行く6つ星ホテルもできていて、観光客でにぎわっているという。ちなみに皇朝酒店は今回230元で泊めてくれた。

肇慶市の観光の目玉の一つである星湖に出てみた。皇朝酒店の目の前なので気楽に出かけられる。
e0026744_17241743.jpg


夜になってもネオンは消えず、ネオンの明かりが湖面に反射している。湖の周りの広場では中国ではどこでも見られる光景だが、市民が集まってダンスをしたり、体操をしたりしている。この光景は肇慶も、昔と変わらない。

e0026744_17282539.jpg

湖の周辺は、きれいに遊歩道が整備され、また公園もできて樹木などもきれいに植えられていていた。以前は歩くにもも足場が悪く、またいろいろな露店がたくさんあってにぎわっていたと思うが、今はそんな面影はない。

肇慶市には、七星岩、鼎湖山などの景勝があり、産業都市というよりは観光都市の様相である。今度は昼の時間に訪れてみたいと思った。
[PR]
by wata1150 | 2012-06-21 22:57

格安チケット自動販売機

これも日本でのスナップ。

e0026744_1202445.jpg


新幹線の格安チケットの自動販売機である。JR三島駅、新幹線側とは反対側の駅前通り沿いで見つけた。

こんなものが、おいてあるということは、格安チケットがメジャーになりつつあり、JR切符は駅で購入するもの、または旅行社で購入するものという概念はすでに過去のものなのか。

それにしても、自動販売機ということは、生産されたのは一台だけではないであろうから、全国規模でこのような販売機が設置されているだろうと推察される。認知度が上がればさらに利用者が増え、さらに設置台数も増えてゆくのかもしれない。JRにしてみれば、旅客サービスとして考えた各種割引切符が、こんな形で別のビジネスを生むとは思わなかったであろう。JRとしては皮肉な話である。が、利用者から見ればありがたい話で、少しでも安く切符が帰ると思えばうれしい。

格安チケットといえば、最近日本では格安航空会社が次々出てきている。私はほとんど利用する機会が無いのだが、過日マレーシアの{AIR ASIA」という格安航空会社の便を利用した。ベトナムのハノイからマレーシアのクアラルンプールまで、片道10000円足らずで乗ることができる。

ただしサービスは全く一般のフライトとは異なる。搭乗手続きゲートは一か所だけで、長い時間をかけて並ばなければいけない。ビジネスクラスなどは無論ない。したがって優先的になどということを期待することはできないのである。機内食は飲み物を含めて、予約制でしかも別料金。

これまで何度となく航空会社の機内サービスをエンジョイしてきた私にとっては、単なる格安航空会社ではなく、交通手段としての航空機の感覚をひっくり返された感があった。やはり私は多少高くとも従来の航空会社の機内サービスで飛行機の旅を楽しみたい。

そして、新幹線の旅も、やはり駅のカウンターで駅員さんとの会話を楽しみながら、切符を買いたいと思う。やはり私は現代感覚ではない、古い感性の人間なのだろうか?
[PR]
by wata1150 | 2012-06-20 22:58

伊豆急大仁駅前の足湯

5月末から6月初旬に日本出張した時のスナップです。

e0026744_19523656.jpg

e0026744_19535928.jpg


私が勤務する会社のお客さん”T社”は、新幹線三島駅を降り、タクシーで10分ほどのところにあります。この”T社三島工場”の近所に評判のうなぎ屋さん「うなよし」があり、T社に行くときの楽しみの一つです。T社にはまた三島から伊豆急に乗り換え、大仁という駅に隣接して「大仁工場」があります。三島工場との取引開始の情報で、大仁工場からも引き合いをいただき、ごあいさつにお邪魔しました。

大仁は修善寺などを有する温泉郷の一部であり、大仁温泉があります。そして、それをPRするかのように、大仁駅前の広場に足湯がありました。たまたま約束の時間より一時間も早く到着したため、駅前で喫茶店でも探して時間待ちをしようと思っていたのでしたが、足湯を見つけて急遽予定変更、”足湯で一休み”ということになりました。

まあ、湯はぬる湯で、温泉気分とまではいきませんでしたが、駅前というのに、人気は少なく、同行のスタッフと一緒にゆっくりと楽しみました。

T社訪問については、三島で「ウナギ」、大仁で「温泉」と楽しみを見つけ、何となく得をした気分でした。
[PR]
by wata1150 | 2012-06-17 20:09

やっと一休み!

6月10日に恵州に戻ってきました。でも、10日は日曜日、休む間もなく月曜日から出勤しました。そして、たまたま国内出張で客先訪問ラッシュに出くわしてしまいました。というより、最近無精をして、あまり客先に行っていなかったので、あちらこちらに出かける予定をスタッフが作ってくれたのです。

深圳のU社、珠海のP社、東莞市長安鎮のS社などを先週駆け巡っていました。さらにはちょっとの余裕時間に深圳から香港に出かけ、くたびれた一週間でした。

そしてやっと迎えた週末です。何もせずごろごろ・・・、と思うのですが、何せ3週間以上放置しておいた家の中です。朝から部屋の掃除をしました。とは言っても、日本出張の時の大きなカバンを開けて、中身の整理をしたり、洗濯をしたりしただけですが。

最近は日本に出張すると、中国に戻るのが面倒になり、中国にいると日本に行くのが面倒になります。年齢のせいで体力や気力に衰えが見えてきたということでしょうか。さらに、カバンの中にはいつもデジカメを持ち歩いているのですが、何かに感動をしたりしてシャッターを押すことは本当に少なくなりました。これもまた、年齢のせいなのでしょうか?

ブログ投稿もそうです。普段の生活に感動の量が少なくなっているせいか、投稿する意欲がわきにくいようです。これもまた年齢のせいかもしれません。

これではいけないと、最近はメルマガで紹介されているようなサプリメントを購入して試してみたりするのですが、いまいち効果があるような感じがありません。それとも持病の糖尿病の薬のせいで、サプリが効かないのかもしれません。一度、糖尿病の主治医の先生に聞いてみようかと思ったりもしています。

そんなこんなでごろごろしているのですが、明日も休みでごろごろでは体がなまってしまう気もします。天気が良ければ、近所を散歩したり、スーパーに買い出しに出かけたりしようかと思います。

来週も、広州から肇慶への出張、そして週末にはD社がうちの会社を訪問します。この受け入れも準備しなければいけません。しばらくは忙しい日が続く予定ですが、体調に気を付けながら頑張ろうと思います。
[PR]
by wata1150 | 2012-06-16 17:56

博多ラーメン

博多に来ています。博多のお客さんと、中洲のラーメン屋台にラーメンを食べに行きました。

ラーメンといえば、札幌とか、博多とか、日本各地のラーメンの名所が思い浮かびますが、博多もまたその一つ、昔から有名です。

今回行ったのは、屋台で食べる博多ラーメン、なかなかのものです。
e0026744_22472033.jpg


私たちがくぐった暖簾は、橋の袂からやや中ほどに進んだところにあった、ひげのおじさんがやっている店でした。メニューの中で、博多といえば長浜ラーメンということで、長浜ラーメンというのを頼みました。一杯650円、良心的というのか、安すぎるというのか、ほんとにおいしいのは別にあるというのか、わかりませんでしたが。

ひげのおじさんに聞いてみると、この屋台は現オーナーのお父さんがやっていたもので、屋台歴40年という凄まじいものでした。ひげのおじさんは屋台歴15年とのこと、すごいものです。

ある程度おいしくなければ15年も続けることなどできはしないと思うのです。そして、おじさんは40年頑張っている屋台の隅々まで布巾で拭いながら仕事を続けていました。

また、博多に来ることがあれば、またこの屋台を堪能してみたいと思います。
[PR]
by wata1150 | 2012-06-07 22:56
ヨドバシカメラの前を通っていて、iPadを一円で販売しているキャンペーンを見かけました。

E-MobileのWi-Fiのキャンペーンでした。私は日本での移動中のインターネットアクセスのため、E-MobileのWi-Fiは使用していたのですが、話を聞いてみると、新型のWi-Fiに変更し、月1500円ほど支払いを増やすと、新しいiPadが入手できるということでした。

2年間継続使用して、36,000円ですから、本体のみを購入するより、わずかに安いことになります。それで、思い切って購入しました。ケースを入れて、支払ったお金は2600円程。
e0026744_238159.jpg


ただし、自分一人でセットする自信がなく、会社のスタッフに頼むことにし、今日まで持っていました。そして今日、日本連絡事務所に持って行き、スタッフにセットアップを頼んだのです。メールやメッセージなどはiPhoneと同じように使えるようになりました。また、朝日新聞や日本経済新聞なども読めるようになりました。

今後ますます使える機能が増えてゆくと思います。いま、iCloudの設定をしました。iPhoneのカメラ機能で撮影した映像が自動的にiPadで見ることができ、保存されるようになりました。

私のように、Windows世界で育ってきた人間が、Appleのシステムをどこまで使えるようになるのか、また、私のような年老いてきている人が、どこまで新しいシステムを理解できるのか、楽しみながら挑戦してゆきたいと思います。
[PR]
by wata1150 | 2012-06-02 22:35
気が付けば6月になっていました。

先週の金曜日、5月25日から日本に来ております。今回は、数日の休暇とドクターの健康診断、そして普段あまり訪問していない客先様を中心に客先を訪問します。

そして、私が最近意識してやろうと思っていることがあります。日本連絡事務所のスタッフの育成です。彼らとの会話を増やし、少しでも恵州の本社工場のメンバーとの精神的な距離を少なくすること、仲間意識を植え付けること、そして、今後ますます重要性を増してゆくであろう彼らの仕事の位置づけを自覚させ、さらに高みに導いてゆくことなどです。

現在、日本連絡事務所には2名のスタッフがいます。その中の一人はこのたび帰化したCT君、そしてもう一人は純粋な日本人のRK君です。将来的にはさらにスタッフを増やしていこうとは思っていますが、今はまだそれだけの売り上げもないので、このメンバーで当面運営してゆくしかないのです。来年の春には、もう一人採用できるようにしたいと考えてはいます。

明日、ドクターを訪問し、検査を受けます。糖尿の状態を検査し、必要なら治療法を再検討しなくてはなりません。まだ当分は働きたいので、ともかく自分の体を維持していきたいのです。何とかあと5年でも10年でも持たせたいと思っています。

タバコをやめました。4月の初めにドクターに相談し、健康保険が適用になる、禁煙を促進する薬剤を服用し、朝鮮を開始しました。4月の末にはこの薬剤は必要ではなくなり、2か月間禁煙継続中です。これもなんとか自分の体を維持したいという気持ちから始めました。今後は継続的に散歩などの運動を行い、体力の維持、糖尿病の克服をやっていきたいと思います。

こんなことを考えるのは、自分が年老い、衰えを自覚してきているからなのでしょうが、年々年老いてゆくのは仕方がないとしても、少しでも長く社会人として生きていたいと思う気持ちが強くなってきています。
[PR]
by wata1150 | 2012-06-01 22:11