中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ついこの間、2011年が開けたと思ったら、もう今年もあと一月を残すのみになりました。

会社では、2012年度の事業計画の策定も終わり、あとは12月の生産販売を予定通りこなすだけです。12月販売も、70%ほどの注文を入手済みで、2011年の年間計画の達成も達成することがほぼ決定しました。営業を統括している私としては、ホッと一安心です。

今年は、3月の東日本大震災で4月から6月までは日系客先からの注文が大幅に減少しました。客先によっては注文ゼロというところもあり、年間計画の達成に黄色信号が点灯しました。10月に入ってタイの洪水被害の影響で、タイ向けの出荷だけではなく、タイで生産している部品を使用して生産している客先からの注文が減少しました。

それでも、我が社として年間計画が達成できたのは、日系会社の底力のなせる技なのでしょうか。地震で工場が倒れても、洪水で水をかぶっても、客先の年間計画の達成に対する情熱はすさまじいものがあり、おかげで我が社の販売は月ごとに大きく上下はさせられたものの、結果的には年間計画達成という結果になってしまいました。

来年2012年の販売計画は、日系客先だけでみると2011年比約30%アップという大胆な計画を立てました。営業メンバーの構成なども考えながら、今は、2012年度計画達成のアクション計画を考えています。

私の中国居留ビザが3月で切れます。中国では外国人高齢者の労働に対する規制が厳しくなり、特に中国ローカル企業では60歳以上の就労ビザの取得がかなり制限されています。私は3月以降どうすればよいのか、ラオパンと相談しながら対応策を講じなければいけません。場合によっては居留ビザが取得できない状況も想定されます。日本でFビザを取得して中国に来なければいけないかもしれません。

それでも、ラオパンは「体が動く限りは、仕事をしてほしい」と、言っていますので、何とか私も期待に応えるべく頑張りたいと思っています。

今年の中国の春節(旧正月)は1月の後半にあります。わが社の春節休暇は1月15日から31日までに決定し、2月1日から稼働再開することになりました。この2週間の休みには、日本で仕事をしようかと考えています。あるいは、インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナムなどの客先を回ってこようかとも考えています。

いずれにしても、今年もあとわずか、ラストスパートを、気を引き締めて頑張りたいと思います。
[PR]
by wata1150 | 2011-11-30 23:06 | 挨拶

銀瓶山登頂

昨日の日曜日、会社の主要スタッフ数十名が銀瓶山に登るというので、付いていきました。過去に私は何度か銀瓶山の頂上までの登坂に挑戦しましたが、一度も頂上まで登りきることはありませんでした。そればかりか、最近はファミリーコースともいえる、銀瓶山の登山口までのハイキングコースを歩くにとどまっていました。

昨日は、登山口の入り口まではカートで行き、いきなり、登山コースに入りました。
e0026744_2252838.jpg

以前にもこのブログで紹介しましたが、この登山コースはすべてコンクリートでできた石段が頂上まで続いていて、足腰に負担がかかるコースなのです。すべてを登りきる自信は全くありませんでした。「まあ、行けるところまで行って、引き返すしかない」と考えていました。

登山コースはルートのところどころに看板があって、そこに表示されていました。
e0026744_22525060.jpg

銀瓶山の標高は1000メートルにも満たない山で、早い人は3時間くらいで往復できるくらいなのですが、私にとっては、無限に続く石段を上っているようで、厳しいコースです。それでも快晴の恵まれた天候に助けられ、途中の景色を眺めながら進みました。林の合間から銀瓶山に連なる山の頂が見えます。
e0026744_2253287.jpg

快晴の元、木漏れ日の中の日差しにも目を引かれます。
e0026744_22545937.jpg

若い人たちや、親子連れなどが、思い思いに登山を楽しんでいます。
e0026744_22553335.jpg

やがて突然森林の中から抜け出し、視野が開けました。山頂はもう少しです。
e0026744_2256176.jpg

もっとも、私の足はもう限界に近づいていました。階段を2段か3段上っては一休みするという調子でした。そして、わずか1000メートルという標高でも、この辺まで来ると多少空気が薄いのか、深呼吸を繰り返さないといけない感じです。普段煙草を吸っているがために、酸素摂取能力が低下しているせいでしょう。

頂上がいよいよ見えてきました。
e0026744_22565281.jpg

ふと横を見ると、断崖の一部突き出した部分に、岩が座っています。奇岩と言ってもいいでしょう。しばらく眺めながら呼吸を整え、最後の石段を上りました。
e0026744_22572069.jpg

ついに頂上に着きました。思わず万歳です。
e0026744_225802.jpg

メンバーの中では一番最後にたどりついたのでしたが、私にとっては、何度かの挑戦をし、果たせなかったことを今回達成したので、何とも言えない充実感でいっぱいでした。

先ほど、林の間から見えていた連山の頂が、今ははるか下のほうに見えます。
e0026744_233237.jpg

登山時間おおよそ2時間半、早い人は一時間ちょっとでたどりつくといわれますので、私はその倍の時間をかけてのでしたが、自分にひそかに褒美を上げたいくらいでした。

恵州や東莞の周辺には、銀瓶山コースのような登山コースやハイキングコースがいくつかあります。今度はほかのコースも登ってみようと思います。
[PR]
by wata1150 | 2011-11-28 23:07 | 恵州の事

中国版WiFi

中国版WiFiを購入しました。

今は、中国でもインターネット普及は進み、どこでも、インターネット接続できるようになっています。ただし、料金体系は、ほとんどが従量制です。無料で接続できるのは、空港とか、喫茶店とかがありますが、恵州くらいの田舎町になると、なかなかそういった場所は少ないようです。

先日、日本でiPhone-4Sを購入したことはすでに話しましたが、実はiPhoneでは、インターネット接続が容易にできないと、その機能は発揮できないのです。以前の日本の携帯電話では、電話の国際ローミングは可能でした。また、E-Mailの受発信は中国の携帯電話の回線を使って可能でした。しかし、iPhoneでは電話のローミングは可能ですが、データ通信に関してはメールも受信できないのです。

いろいろあるiPhoneの機能もほとんどがインターネット接続によって使えるようになっています。しかしながら、中国でそれを使おうとすれば、データ通信の国際通信費用が非常に高くついてしまいます。中国の無線LANに接続すれば国際通信費用は掛からなくなります。

会社の中では無線LANがありますので、問題はありませんでしたが、会社から一歩出ると、iPhoneのほとんどの機能は使えなくなるということなのです。仕方がありません。家でも、iPhoneのメールなどは欲しいのです。また、たくさんあるiPhoneの機能を使わない手はありません。そこで、家でも無線LANを入れようとも思いましたが、携帯電話ですから屋外でも使えるほうがいいに決まっています。

そこで、WiFiを購入し、WiFiをポケットの中に入れておけば、いつでもどこでも、iPhoneを使ってのインターネットが可能になるのです。

家の近くの「CHINA UNICOM」(中国聯通)に行き、3GカードとWiFiモデムを購入しました。WiFiモデムは1000元でした。また3Gカードは使い方によりいろいろな料金がありました。一か月の通信が1GBのものは80元、3か月で9GBのものは300元、6か月で3GBのものもやはり300元でした。ただし、3か月で9GBのものは、中国全土どこでも通信可能なものは2GBだけ、残り7GBは恵州市内でのみ使用可能という条件付きです。私はちょっと迷いましたが、9GBで300元のものを購入しました。

これで、iPhoneを使用するにも心置きなく可能ですし、中国国内出張時にも、面倒くさい手続きをふむこともなく、パソコンで情報入手が可能になりました。
[PR]
by wata1150 | 2011-11-26 22:20 | 雑感

九州新幹線

先日、日本出張時に大阪から博多まで新幹線で移動する機会があった。朝8時ころに新大阪を出発し、博多には10時半頃到着、客先と一緒に昼食をとることにしていたのである。

早めに新大阪駅に着いた。さっそく構内の切符売り場に行き、大阪発博多行の時刻を見てみると、「さくら」とか、「みずほ」とかいう九州新幹線の列車名が書いてある。無論、東海道新幹線の「のぞみ」号でもよかったのだが、折角だからと、7時50分大阪始発の「みずほ」の指定席を申し込んだ。なんと、満席なのである。自由席は、まだ時間があるし、座れるであろうと、自由席を購入し、ホームに並んで待つことにした。

やがて、列車が入線した。
e0026744_2153778.jpg

e0026744_2161239.jpg

自由席はそれほど混んでいるわけではなく、同行の2名を加え、3列側の座席に並んで座ることができた。とりあえずは安心である。それでは満席の社内を覗いてみようと、まずは自由席の指定席車両に行ってみた。そしてすべてがわかった。なぜ指定席が取れないのか。

指定席は、普通車にもかかわらず、両側とも2列席であった。
e0026744_2173446.jpg

おまけにシートは、グリーン車よりもやわらかそうであった。自由席は東海道新幹線や東北新幹線と同じく片側2列、反対の片側は3列席、席の感じも東海道や東北と同じである。そうであるなら、指定席に乗らないほうが損、というものだ。したがって、朝の発車時刻近くの時間では、指定席をとるのは無理なのもわかる。

次回チャンスがあれば、早めに指定席を予約して乗ってやろう、とひそかに心に決めた。
[PR]
by wata1150 | 2011-11-25 21:08 | 日本滞在記
相変わらず忙しく日々を過ごしているTADAです。

今月は、9日から10日間ほど、営業副経理のT小姐と日本に出張してきました。日本では、羽田に降りて、横浜、三島、名古屋、中津川、彦根、大阪、神戸、加東そして最後に博多に行き、博多から香港に戻ってきました。結構タフな日程でしたが、何とかこなしてきました。どうも、自分でスケジュールを作ると、結構ハードな日程になってしまうようです。以前勤務していたM社時代の感覚になってしまうのでしょうね。これからは、スタッフに、多少余裕のある日程を組んでもらうようにしたいと思います。

今週は、日曜日から火曜日には、日本、香港、オランダから来客があり、さらに別の客先も日本から来ていただいて、私は体を3個くらいに分割して使用したいくらいの忙しさでした。おまけに、毎晩夜遅くまで、夕食やらカラオケ屋らの接待続きでバテバテでした。今日はほっと一息、と思ったのでしたが、しばらくラオパンとの情報スリ合わせやら、意思統一ができていなかったため、日中はほとんどそんなミーティングで忙殺されました。

12月第2週に、再度日本に行くことにほぼ決まりそうです。詳細予定はまだ決まっていないのですが、6日に愛知県にあるTO社に行き、わが社の会社紹介のプレゼンテーションをすることになりました。ついでに神奈川のI社、大阪のD社にも行ってこようと思っています。たぶん、10日ごろ中国に戻るようになるでしょう。

明日はシンセンからT社が工場監査とかで朝から来社されます。今夜は早めに休むことにします。
[PR]
by wata1150 | 2011-11-24 21:24 | 雑感

iPhone 4S買いました。

日本に出張中です。私は日本ではau携帯を使用しています。2年とちょっと前に購入し、バッテリーの持ちも悪くなってきていましたので、新しい携帯に買い替えを考えていました。

以前はiPhoneはSoftbankのみ扱っていました。以前からiPhoneは使ってみたいと思っていましたが、十数年もauを使っていたので、いまさらSoftbankを使うのも嫌で、iPhoneは私には縁のないものと半分あきらめていました。が、今回auも扱うことになったということで、日本に来たというチャンスを捕まえ、早速auショップに出かけてみました。

店頭に現物のiPhoneが置いてありました。触ってみて、動かしてみて、ますます欲しくなりました。カウンターに行き係りの人に「iPhoneの在庫はありますか?」と、聞いてみると、「予約の分で一杯です。また、入荷予定が未定なので、予約なしでは、いつお渡しできるかわかりません。」と、つれない返事でした。また、予約の受け付けも停止しているということでした。これではいつになったら入手できるのかわかりません。がっかりして帰りかけると、「大手の家電量販店の携帯電話の販売コーナーなら在庫があるかもわかりません。行ってみては如何ですか?」と、店員さんが話してくれました。

「auショップでだめなのだから、量販店でもだめだろう」とは思いましたが、確認だけしてみよう、と駅前の”Big-Camera”に行ってみました。携帯電話コーナーの店員さんに「在庫はありますか?」と、聞いてみると、「確認してきます」と、どこかに消え、数分後に「在庫があります。」との返事を持ってきました。「今買わなければ、いつ買えるかわからない。」と思い、購入することを伝えました。

すると、いろいろ購入手続きの説明をしてくれました。その内容は詳しくはわかりませんでしたが、わかったことは、従来の携帯からiPhoneに電話番号簿データーをコピーするのは、自分でやらなければいけないこと、また、品質保証はないので、初期不良以外は有償修理になり、場合によっては新品一台購入する程度の費用が掛かる可能性があること、などです。

普通、一般的に家電製品などは一年保証とかの製品保証があるのですが、APPLEでは独自の考え方で、購入当日の故障は初期不良として、新品交換対応し、翌日以降の故障は有償修理対応としているのだそうです。少しだけ、店員さんにこの点を聞いてみました。すると店員さんの答えが振るっていました。「APPLEは販売店に対し、売らせてやっている。売ってもらっている、ではない。」

これは、私は長年メーカーに勤務していたという感覚から、「こんな販売の考え方では消費者はいずれAPPLEから離れていくのでは???」という感覚さえ受けてしまいました。いまはAPPLEも、時流に乗って好調な事業成果を続けているだけに、このような感覚にもなるのでしょうが、このようなことは永続しないと思います。そしてこんなことを思いました。「実るほど頭の下がる稲穂かな」ならぬ「実るほど鼻が高い林檎かな」

何はともあれ、なれない使い方を少しづつ研究しながら、使ってみようと奮戦中です。2年後、どのような携帯の購入を検討することになるのでしょうか?その結果が私のiPhoneに対する評価結果ということでしょうから。
[PR]
by wata1150 | 2011-11-10 22:06 | 雑感

K君の帰国

私が勤務する恵州の会社で、日本連絡事務所を開設したのは2008年4月である。

日本の客先から見て、中国の部品メーカーというものは、「安かろう、悪かろう」というイメージが強い。そういった中で私が勤務する会社の良さを理解してもらうには、日々のコミュニケーションが欠かせない。また、日本人から見て、中国語はなかなか理解できない。そして、同じアジアの隣国でありながら、価値観が大きく異なっている。

したがって、何もせず、現状で日系客先を開拓、拡大してゆくのは困難であると思えた。そこで、日本の客先に、日本で、日本語で対応することで少しでも我が社の理解度を上げようとして「日本連絡事務所」を開設したのである。

日本連絡事務所の社員第一号はZ君である。彼は2008年に日本で大学、大学院を卒業し、日本での就職を目指していた。そして、我が社に入社した。我が社にというのは正しくない。横浜にあるS社という商社で採用していただき、100%彼を借り受けるということにしたのである。

翌2009年は恵州で、名古屋のN大学を卒業したS君を採用した。彼はいま、我が社の重要メンバーの一人として活躍している。2010年は大卒の日本人の新人を採用することができなかった。リーマンショックと言われた、世界恐慌の影響で、我が社も経営的な危機に陥っていたからである。

そして、2011年日本連絡事務所の陣容強化する目的でK君を採用した。K君はD大学を出て、S社に入社してもらった。一か月、S社で入社後研修を受けた後、半年~一年ということで恵州に来てもらい、我が社の理解、業務の進め方、商品知識などの研修をしてもらった。

今年は、東日本大震災があり、また今はタイの大洪水で日本の産業界は大きな影響を受けた。しかし、日本企業のしぶとさ、したたかさ、執念は素晴らしく、復興に向けて全力で頑張っている。そのような中、日本連絡事務所の業務も増えてきており、私がいま、毎月のように日本に出張しただけでは間に合わなくなってきている。そこで、K君を日本に戻し、Z君と協力して日本の客先に対するサポート力を上げようというものである。

勤務する場所は離れても、仲間である。今日は夕方から日本の客先を担当する仲間数人で、ささやかな激励会をした。K君は、明日の午前のフライトで帰国する。
[PR]
by wata1150 | 2011-11-05 23:43 | ちょっと仕事
今週から、隔週土曜日休みになります。

これは、いろいろな理由がありますが、やはり経費削減が一番の理由でしょう。一般の中国人スタッフは、土曜日出勤は残業扱いで、少しでも給料収入がほしい人にとっては毎週土曜日出勤はありがたいはずです。しかし、会社の持ち出しは多くなりますから、仕事のない人は休んでほしいのが本音です。

また、土曜日にまで出勤して仕事をするまでではない人にとっては、周辺の会社が少しずつ週休2日制に移行しているのを知っていますので、不公平感が生じます。この感覚は是正してゆかなくてはなりません。

そして3つ目には、中国の旧正月を控えた体制の整備です。今年の旧正月は1月22日とのこと。この前後約2週間は会社も休みになります。そして、今月くらいから帰省のための離職者が増え始めます。少しでも快適に会社生活を送ってもらい、旧正月明けにはまた当社に戻ってきてほしいとの思いから、福祉内容の充実を進めなくてはいけません。

まあ、私個人としては、大きな影響はないのですが、あえて言えば、「土曜日、休み。何しようか?」というくらいでしょうか。TVを見たり、本を読んだり、散歩をしたり、ブログ投稿をしたり。それでもさらに暇なら昼寝でもしようか、ということになりそうです。明日は土曜日休みの初日。少なくとも昼まではごろ寝を決め込みます。
[PR]
by wata1150 | 2011-11-04 22:23 | ちょっと仕事