中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

サプリメント

最近、体力の衰えを痛切に感じ、何となくインターネットのコマーシャルにつられて、サプリメントを試しています。
e0026744_1564440.jpg


それまでは、ここ広東省恵州市でも購入できる「リポビタン」を時々は飲んでいました。また、ビタミン剤として「Q&Pゴールド」を飲んでいます。まあ、飲まないよりはいいかもしれません。日本に行ったときに、薬局で購入しています。

誰かが「中国のリポビタンは偽物」とか、話していました。「リポビタン」は中国語では「力保健」と表記しています。果たして効果があるかどうか。しかし、まあ、悪いものではなさそうです。でも、一本5元。日本円では60円。う~ん、偽物かなあ?メーカー名を見ると「上海大正力保健有限公司」と書いてあります。

そして、インターネットでつられて購入した「マカの元気」(明治製菓)と、「ラクトフェリン」(ライオンウェルネス)。ともに2~3週間続けているうちに、何か変化を感じるのだそうです。はたして本当に変化を感じることができるか否か。

大学の病院で医者をしている長男に、それとなく健康サプリメントについてコメントを聞いてみると、「病院の治療では使っていないから、知らない。」とのつれない返事。それでもあまりにもつれないと思ったのか、親父に気を使ったのか、「漢方のほうがいいんじゃない。」と、付け加えてくれました。しかし、「どんなのがいいかなあ?」と追い打ちをかけると、「知らない。漢方薬局にでも聞いたら!」と一蹴されてしまいました。

まあ、サプリメントにしても、漢方サプリにしても、その程度のもののようです。念のため今度は薬剤師をしている次男にお伺いを立ててみようと思っています。
[PR]
by wata1150 | 2011-10-30 15:07 | 雑感
多忙な日々が続いています。

今週は、月曜日に広州のP社訪問、火曜日は日中はフランスのC社の販売マネージャーとの打ち合わせ、夜はアメリカのN社の購買マネージャーとの会食。そして、水曜日は会社のラオパン、総経理との幹部会食。木曜日から土曜日は上海、蘇州への出張と走り回りました。

自分の体力が衰えてきていることを痛感します。2日連続で酒を飲むと、翌日はぼんやりしている感じです。街を歩き回れば、いつの間にか皆の最後尾を歩いています。座るときには「どっこいしょ!」立ち上がるときにも「どっこいしょ!」と、気が付かないうちに自分で掛け声をかけています。

気が短くなっているのも事実です。何かをスタッフに指示して、なかなか答えが返ってこないと、いらいらしやすくなりました。なかなか、鷹揚に構えていられないのです。「あれをしなければいけない、これもしなければいけない。」そう思うことが多くなり、気持ちばかりが先行して焦りがちです。当然スタッフも、私のイライラには付き合っていられないと思うでしょうし、それでますます、イライラが募ります。

それでもますます、仕事は増えてきており、当分この多忙な状況は変わりそうもありません。来週は月曜日にシンセンのT社訪問、火曜日はラオパンや総経理との会議、水曜日はローカルのL社の工場監査、木曜日から金曜日に日本からP社が監査と技術打ち合わせで来社と予定は目白押しです。そして、再来週は11月7日ごろからスタッフのT副経理を伴って、日本出張です。時間の合間に出張準備をしなければいけません。

その前に明日は日曜。久しぶりにゆっくり体を休ませます。
[PR]
by wata1150 | 2011-10-29 21:12 | 雑感

Nさんの「ゴパン」

昨年から今年にかけて、ヒットした三洋の「ゴパン」というパン焼き器がある。米を使ってパンがおいしく焼けるということで評判になり、市場でも品切れ続出ということである。今年いっぱいで正式にPANASONICと合体するため、三洋の最後のヒット商品とも言われたものである。私も購入して、パンを焼いてみたいが、結構高価で手が出ないでいた。

日本ではN工業の社長であり、中国に進出し、G化成やN科技などを経営しているN社長は私が勤務する会社ともつながりが深い。そのN社長が「ゴパン」を購入した。先週、試食会があり、彼のオフィスがある東莞市長安鎮に出掛けた。

そして出てきたのがこのパンである。
e0026744_23315324.jpg


自宅で作って持ってきたので冷えてはいたのだが、なかなかふっくらとして、しかも中身は米を材料にしているだけに、もちもち感があって、とてもおいしい。中国のパン屋さんで購入して食べるパンよりははるかにおいしい。

彼に言わせると、米は日本からの輸入米を使ったという。すると参加者からは、中国米ではどうなるのか、日本米でも、コシヒカリとあきたこまちでは異なるのか、もち米だったらどうかなどの質問が相次いだ。

彼は、私に毎週でもパンを焼いてくれるという。まあ、長安まで出かけるのは多少苦痛なのだが、それでゴパンならいいかな、とも思う。今度日本に出かける機会があれば、様々な種類のコメを買ってきて、彼にためさせるのもいいかもしれないと思う。

これで、しばらくはパンに不自由はしないかもしれない。
[PR]
by wata1150 | 2011-10-23 18:00 | 雑感

BBQ

会社の業務部の連中が、バーベキューパーティをすることになり、私も誘われた。無論私が誘われたというのは正確ではなく、「私の財布が誘われた」というのがむしろ正しいかもしれない。要は食材を購入するためのスポンサーになってほしいということであろう。

恵州市は東江公園の中にそのバーベキューのスペースはあった。夜7時半ごろにそこについてみると、狭いスペースにバーベキューをするための炭のコンロ付きテーブルが所狭しと並んでいた。
e0026744_17164798.jpg


業務部のメンバーだけではなく、その家族、彼氏や彼女、ほかの部門のメンバーまで集まって、総勢20名くらいはいたであろうか。

私が到着した時には先発メンバーが、すでに準備を整え、チキンやトウモロコシなどが炭火で煙を出して焼かれていた。当然ながら、スポンサーとして、「BBQを焼くのは、スタッフの仕事。食べるのはわたしの仕事」と宣言し、チキン、キノコ、牛肉、トウモロコシ、ソーセージなど、思い思いに焼けたのを見計らってしっかり食べさせて頂いた。

このBBQスペースの隣には照明の付いたテニスコートがあり、その向こうにはバスケットボールコートがある。また、その横にはダンスホールがあり、何組かのカップルがソーシャルダンスに取り組んでいた。

私はテニスコートをしばらく眺めていた。恵州に来て、テニスコートでテニスをしている人を見るのは初めてである。私自身も会社の通路で、壁打ちはしていたが、コートではやっていない。「やりたい」と、強く思ったが、知らない人の中に入る勇気はない。数人がラリーをしているのを見ていたが、それほどむちゃくちゃ下手ではない。もっともほとんど基本はできておらず、自己流のフォームではあった。何年かは遊びでやっていた人たちであろうと思われた。次回、体調が良ければ、業務部スタッフのM君に、そのメンバーを紹介してもらい仲間に入れてもらうことにした。

BBQは終わりに近づき、余った材料を持ち帰る準備に入っていた。しかしそれと入れ替わりに、これから開始しようというグループが、次々とやってくる。時間はすでに9時を回っている。このBBQスペースは何時までやっているのか?若い人のグループが週末のひと時を楽しんでいる光景を見たような気がする。
[PR]
by wata1150 | 2011-10-22 16:59 | 恵州の事

洗濯

私が住んでいるマンションは、慶州市の中心部に近く、ウォールマートというアメリカ系デパートのすぐそばである。最近、そのウォールマートのすぐ近くで、「天亮洗衣」というクリーニング屋さんを見つけた。この店はクリーニングの全国チェーンで、私が上海にいた時もお世話になっていた。

300元を払ってメンバーになると、300元分のクリーニング代金が付いた儲値カードをくれる。クリーニング代金が300元に達するまでは、このカードを使い続けることができる。そして、300元を使い切ると、新たに300元を入金すればよい。いわば300元のプリペイドカードである。
e0026744_16565092.jpg


我が社は今、非常に多忙であり、土曜出勤は日常化している。私も例にもれずスタッフと同じ時間で勤務しているので、恵州チョンガーとしては、洗濯したり、家で掃除をしたりする時間は非常に限られる。特に、家で洗ってからのアイロン掛けはたまらない。そこで、最近は下着と靴下以外の衣類はすべて「天亮洗衣」頼みである。

ワイシャツ、ズボンはすべて12元(140円程)、運動靴は20元で洗ってくれる。今日持って行くと、明後日午後には出来上がっている。近いし、おまけに夜は10時ころまで店が開いているので、便利である。
[PR]
by wata1150 | 2011-10-21 23:11 | 雑感

Z君の帰化申請

最近、我が社の「日本連絡事務所」に勤務する中国人のZ君が、日本で帰化申請をした。そして、何度かの面接をし、ほぼ帰化が認められることになったようである。

私がこの「TADAの中国滞在記」というブログの以前のタイトル、「TADAの上海日記」としてブログを始めた2005年、Z君は日本の某大学の大学院生として日本で勉強をしていた。彼も同じく「エキサイトブログ」にブログを書いており、ブログを通して彼との交流が始まった。

私が上海の会社を辞め、現在の会社に勤務するときに、ブログタイトルを現在の「TADAの中国滞在記」と変え、それでも、Z君とのブログを通しての交流は続いていた。

そして、2008年年初、彼が卒業を前にして日本での就職を試み、様々な就職先の入社試験を受けていた。しかし、ことごとく失敗し、打ちひしがれていた時、私が「うちの会社を受けてみるか?」と誘ったのである。当時私は、現在の会社で、「副総経理」にしてもらい、様々な改革や将来の発展への布石を始めていた。「日本連絡事務所」構想もその中の一つであった。

そこで、私は基本的には日本人の人材を探しており、中国人を採用することは頭になかった。また、新卒を採用すれば、即戦力にはなりにくく、教育に時間やお金がかかる。したがって、Z君のことはまるで頭にはなかったのだが、ブログの中での彼の悲壮な声を聴いて、彼に声をかけたのである。「うちの会社を受けてみるか?」と。そして、我が社のメンバーになったのである。

彼を採用した年、秋ごろにリーマンショックと呼ばれる経済不況が発生した。わが社も例外ではなかった。2008年~2009年にかけては、リストラもやった。しかし、会社としては不況を乗り切るための目先の対策としてのリストラは、彼のような将来への投資としての人材にはあてはめないと、幹部決定し、リストラの対象から外した。その代り、この会社で十年以上も働いてくれた功労者や、高齢の幹部スタッフに会社を辞めていただいた。実は、。私もリストラの一番最後には、辞めざるを得ないと思っていた。しかし、将来投資としてのステップが始まった時点で、私がその中心人物だったため、辞めずに済んだ。その代り、給料の大幅カットという羽目にはなったが。

Z君は、一人、横浜の「日本連絡事務所」のメンバーとして、徐々に客先の信頼を得、その明るく誠実な人柄が周辺の日本人に認められて来ている。そして、彼の在日期間が帰化申請可能な年限を十分にクリアーすることが判明した時、彼は自ら日本への帰化申請に踏み切ったのである。

日本の受理機関の手続きなどで相当な時間がかかるとのことだが、2012年夏ごろには、日本のパスポートを手にしたZ君が存在しているはずである。名前も日本式の名前に変更したという。彼は、今後ますます、日本人スタッフとして、またわが社の重要スタッフとしての責務を果たし、将来の我が社の幹部社員の一員になるよう、董事長、総経理をはじめとする、幹部社員全員が期待している。

ZB!加油!
[PR]
by wata1150 | 2011-10-20 22:17 | ちょっと仕事

久しぶりの休日

久しぶりの休日です。ということは、久しぶりに孤独な週末を迎えるということでもあるのですが…。今日は疲れが残っているせいもあって、誰にも会いたくない、何もしたくない、そんな気分の朝でした。

恵州は、秋に差し掛かり、今朝は雲一つない快晴、気温はいくらか知りませんが、少なくとも30度はゆうに下回り、なんとさわやかな朝でした。で、近所のウォールマートの一階にあるKFCに朝飯を調達に出掛け、コーヒーとハンバーガーの朝飯を買いました。ついでにマンションの周辺を遠回りしてゆっくりと散歩しながら、マンションに戻ってきました。

ハンバーガーを加えながら私の90歳を超えた母親に電話しました。最近はほぼ毎週電話するようにしているのですが、ここ一か月は直接声を聴いてはいませんでした。今日は母の家がある亘理も天気は良いようで、母親も元気に電話に出てくれました。最近の母の口癖は「私より先に死んではいけない。それは最大の親不孝だ。」というものです。5年前に、私の弟が心臓病で急死してから、さらに口やかましく言うようになりました。もっとも、いま、彼女は私の妹、(母の娘)と二人暮らしなので、「今は死ぬことはできない。娘が一人暮らしでさびしくなるから。」と言って、健康を気遣いながら毎日暮らしているようです。

先ほど、会社のスタッフのS君から電話をもらいました。このマンションから歩いて10分ぐらいのところにある中国茶の店のオーナーから、お茶を飲みに来いと誘いを受けたので、一緒に行かないか、というものです。S君も、何かと私が一人でいることで気を使ってくれるのです。ありがたいことです。午後から、散歩がてら出かけてみることにしました。

これから、マンションの前の道路の対面にある、クリーニング屋さんにワイシャツやらズボンをクリーニングに出しに行くつもりです。この店は、一度300元を前払いしておくと、毎回衣類を持っていくとそこから引いてゆく仕組みです。いわばまとまった前金制、プリペイド方式です。日本ではあまり聞いたことが無いので、最初は意味が分からず難儀したのですが、いまは場所が家から近いこともあり、店員のおばさんとも顔なじみになってきて、気楽に洗濯を依頼できるようになりました。ズボンもワイシャツも一枚10元(120円程度)、日本とほぼ同額ですが、技術的に劣るのは仕方がないですね。汚れたズックも一足20元で洗ってくれます。

そんなこんなで久しぶりの休日は過ぎてゆきそうです。
[PR]
by wata1150 | 2011-10-16 11:57 | 雑感
いま、私が勤務する会社の日本客先を担当するスタッフは6名と日本に駐在するメンバー1名の計7名です。無論私は別としてですが。そして、年々、業務量は増え、取引する客先も増加の一途をたどっています。

昨年までは収支的にはあまり芳しくなく、スタッフを募集するのも、控えめに行ってきました。ただ、毎年1名の日本人の大卒新人を採用し、中国や日本で教育しながら育て、将来の幹部にしようという考えで、採用活動をしてきました。4年前に、現在横浜に勤務する一命を採用したのを皮切りに、3年前に一名2年前は会社の経営的な事情から休止しましたが、昨年一名を採用し、それぞれ仕事をしてもらっています。初めの2名は、今や当社にとっては非常に重要な戦力であり、経営幹部の評価も悪くなく、今後ますます期待されるメンバーになってゆくだろうと思っています。

そして、今年もまた、来年の4月に入社してほしい人材を募集することにしました。日本人で大学の新卒、理工科系の人が望ましいと思っています。今までは経済とか外国語とか言った、どちらかと言えば文系の人を採用してきましたが、初めて理科系のメンバーを採用しようと思っています。今までは中国語のできる人、中国に興味のある人ということが前提だったのですが、今年からは中国語ができなくてもよい、中国勤務が一定期間できればよい、ということにしました。

理科系であっても、設計や研究開発という仕事もありますし、営業や技術営業といった仕事にもチャレンジできます。大卒の就職浪人でも構わないことにしました。

基本的には日本の協力会社に採用を委託するつもりですが、私が勤務する広東省恵州市にある会社でも受け付けるようにしています。まあ、中小企業ですのであまり高い給料は支払うことはできませんが、何とか採用できればと考えています。

それと同時に、中国人の若手営業スタッフの募集を開始しました。さっそく3名の応募があり、さらに継続して応募があるものと思われます。中国でも、大卒者の就職難という現実があり、応募はかなりあると思いますが、恵州という田舎町という条件、そして期待したよりはたぶん低いかもしれない賃金条件で、入社してくれる人がいるかどうか。ともかくも来週からは採用面接で明け暮れる日々が続くことになりそうです。
[PR]
by wata1150 | 2011-10-14 22:32 | ちょっと仕事

忙しすぎたこの1か月

ご無沙汰してしまいました。久しぶりの投稿です。過去記事を見たら、なんと一か月以上空いていました。別に書くことが無いわけではなく、どちらかと言えば忙しさが先になってブログまで頭が回らなかったというのが事実です。

この一か月、何があったかを簡単に書きましょう。

日本からのお客さんの対応が6回、延べ10日間ほどありました。中国式接待の慣例として食事をし、そのあとカラオケに行き、深夜まで飲んだり、歌ったりして大騒ぎをします。9月中旬から終わりにかけては、一週間毎日ということもあり、へとへとに疲れていました。お客さんの来社目的は「工場監査」「新製品開発技術打ち合わせ」など様々です。営業部門だけでなく、技術部門や品質部門など総掛かりで対応に追われました。


中国の国慶節の休暇がありました。10月1日から10月7日までの7連休でした。しかし、私とラオパンは台湾、日本への出張でした。台湾に2泊3日、日本では大阪に2泊、横浜に3泊し、9日の日曜日に中国に戻り、そのまま勤務でした。

そして今週は、アメリカ、オランダ、フランス、ドイツ、台湾からのお客さんが相次いで来社されました。毎晩遅くまで食べて、飲んで、歌って、深夜午前様が相次ぎました。

そんなわけで、パソコンに向かう時間はほとんどなかったのです。やっと今日から少し余裕ができます。部屋の掃除やら洗濯やら、少しゆったりとして疲れた体を休めたいと思っています。また、パソコンを覗いて、たまっているE-Mailに目を通したいと思っています。

先週から今週の初めにかけ、妻と娘がカナダ旅行に行ってきて、無事帰ってきたとの電話がありました。最近は私が家に寄り付かないので妻は大学生の娘を誘って、1年に1回か2回、海外旅行に出かけているようです。あと何年かしたら、私も一緒に出掛けてみたいとは思うのですが、はたしてそういう機会は来るのでしょうか。行きたいと個人的には思っている中国国内旅行も実現できないでいるのですから。
[PR]
by wata1150 | 2011-10-13 21:35 | ちょっと仕事