中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

昨夜、TVでイギリスとドイツのワールドカップ決勝トーナメントをみた。

精神的なひいきとしては、私はイギリスに肩入れする。無論好きな選手がいるわけではない。ドイツ、イギリスのメンバーで名前を知っている知っている選手は一人もいない。以前はベッカーというスーパースターがいたが、今は引退している。ドイツでもカーンという名ゴールキーパーがいた。今は彼もまたいない。

なぜ英国に肩入れするのか?単純である。サッカーの発祥国だから。それだけの理由である。オリンピックで柔道だけは日本が勝利して欲しい。柔道の発祥地だから。それだけである。

それと、英国やドイツをはじめとする欧州のサッカーを見ていると気持ちが良い。非常に紳士的にスポーツをするからだ。ラフプレーが少ない。流れるようなパスと、きれいなボールコントロール。まさに、芸術的な感じさえする。この間みた、オランダと日本のゲームや、デンマークと日本のゲームもそれに近かった。そういった意味では日本もそういうレベルに近づきつつあるのか。

さて、英国とドイツのゲームはドイツが2点を先行した。しかし、どちらも得点差を意識させないプレーが続く。英国がヘディングシュートで1点を返し、反撃体勢に移った。そして、私にとってはこのゲームの転機と映ったシーンが起こった。英国のシュートがクロスバーに当たり、一旦ゴール内部でバウンドして再びゴールの外に出た。TVではこのシーンは繰り返し放映され、明らかにゴールであったことは間違いない。

しかし判定はノーゴールで、ゲームはそのまま続行された。英国チームが判定に食って掛かることも無く、淡々と一進一退でゲームは進行した。そして、英国は動転を求めてバックスまでが攻撃参加し、再三にわたって、チャンスを作るが、ドイツの攻守に阻まれた。バックスが攻撃参加したことで、手薄になった守備陣を疲れ、ドイツのカウンター攻撃で更に2点を失い、英国の敗戦は決定的となった。

私は、このノーゴールと判定されたこの瞬間が、このゲームをドイツに勝利を引き寄せたと見ている。これがもし、ゴールと判定されていたなら、英国は同点を狙っての、バックスまでもが攻撃参加しての無理な攻撃はしなかったろうし、したがって、あとの2失点は無かったかもしれない。この”幻のゴール”がその後の両チームの作戦に大きな影響を及ぼし、そして勝負を分けたと思うのである。

最近のスポーツは展開が速くなり、人間の目だけでは判定しにくいケースも多々発生している。そこで、アメリカンフットボールでは、正式にビデオ判定を求めることがルール化されているし、最近いろいろと不祥事で紙面をにぎわせている日本の大相撲でも、ビデオ判定を判定に利用されてきている。サッカーではそれはまだ無いようだが、今後、こういうケースが多発してくると、将来的にはビデオ判定が持ち込まれてくるのかもしれない。

それにしても、ドイツのメンバーも、英国のメンバーもその後判定の瞬間を忘れたかのように以降のゲームを精一杯プレーしていた。華麗に、そして紳士的に。さすがはサッカーの発祥国英国のプレーだと、感嘆せざるを得なかった。
[PR]
by wata1150 | 2010-06-28 00:41
サッカー、ワールドカップで日本が決勝トーナメント進出を果たした。オランダ、デンマーク、カメルーンと同じ組だった日本が、この組でリーグ戦を行い上位2位以内に入るというのは決してたやすいことではなかったと思う。

カメルーンは、今回は予選敗退となったが、前回、前々回大会でアフリカ旋風を巻き起こした中心的国であり、メンバーが代わったとはいえ、侮れなかったはず。オランダは世界ランキングが4位という格上のチームである。また、デンマークも、今まで連続して決勝トーナメントに出場してきた強豪である。

欧州勢と比べれば体格で劣る日本が善戦し、勝利する道はチームの組織力と個々人のプレーの精度でしかなかったであろう。そして、今回はその組織力と精度を生かしきった成果であろうと思う。

話は変わるが、産業界で日本企業の強さを感じることがよくある。”MADE-IN-JAPAN”のブランド力をしばしば思う。この、中国の田舎町の小さな企業に身をおいて、日本メーカーの強さ、すばらしさを思い知らされることがしばしば有るのである。

MADE-IN-JAPANのブランドはどうやって確立されたのか。品質、性能、顧客対応、時間管理、その他いろいろな要素がある。「MADE-IN-JAPANだから壊れない、不良が無い。」こんなことを中国人スタッフが話してくれた。同じメーカーブランドでも、彼らはMADE-IN-CHINAではなく、MADE-IN-JAPANを欲しがる。

私は其処に、日本人の特徴を思うことがある。組織力、時間制度、物の精度、そして、人のたゆまぬ向上への努力。組織力で言えば全体の利益のための自己犠牲的発想。自分の手柄より、組織の手柄。こういう概念は個人主義的発想の国家からは生まれにくい。また、「メンツ意識」などという感情優先の感覚からはそういった組織力は生まれにくいのではないだろうか。無論その代わり、個人主義的感覚からは、個人の能力の向上心は強くなり、中には際立ったスーパーマンが生まれる可能性も有る。

サッカーは11人のメンバーがチームを構成し、ボールを相手チームのゴールに入れるゲームである。11人が皆で協力しなければ、勝利することは出来ない。しかし、各国のチームにはそれぞれ特徴がある。ブラジルやアルゼンチンなどの南米のチームは個人の能力が非常に高く、自在なボールコントロールから得点機を見出してゆくプレースタイルのような気がする。欧州チームはその大きな体を利用した高さの勝負や、強靭な体力を生かしたプレーが特長的である。

それに比べれば今回決勝トーナメントに進出した韓国や日本は体格的には欧米各国には明らかに劣る。また、サッカー選手を輩出する国家的社会的背景が異なる南米各国のチームに比べれば個人的なボールコントロール能力では劣っている。しかし、日本や韓国の特徴は明らかに、ボールコントロール能力や体格的なハンディをカバーして余りある組織力と、個々人の全体を見渡して状況を判断し、自分を、チームを変化させてゆく能力であろう。

こういう能力は産業界でのそれぞれの国の企業の特徴と奇妙に似ているような気がするのである。
[PR]
by wata1150 | 2010-06-25 22:56

人民元切り上げ再び!

中国人民銀行が、人民元為替レートの切り上げを容認すると受け取れる発表をした。世界中の国々が望んでいた事態である。アメリカのオバマ大統領はいち早く歓迎の意を表したとか。しかし、具体的な切り上げ幅や時期などは依然として不明確なままである。
e0026744_12352988.jpg


しかしこれを、別な角度で見るとどうなるのか。たとえば日本円は?たとえば私が勤務するこの会社は?

私は専門化ではないので、いろいろなHPから専門家の意見を見てみた。総合してみると、円―ドルレートは、多少円高に振れる様子である。どのくらい円高が進むかは意見がまちまちでよくわからない。90円を多少割り込む程度というものから84円~85円程度まで円高が進むというものまで、いろいろな説がある。私個人としては、これ以上円高が進まないで欲しいと切に思うが。

一方、会社としてみるとどうなるか。基本的には、ますます経営は難しくなってゆくということである。

私が勤務する会社は香港系の会社であり、決算はすべて香港ドルである。香港ドルはアメリカドルとリンクしており、固定されている。しかしながら、工場は中国にあり、工場の経費はすべて人民元である。人民元がアメリカドルに対して高くなるということは、会社のすべてのコストが香港ドルベースで高くなるということである。一方、収入は、主な収入は販売収入であり、香港ドルまたはアメリカドルベースで設定されている。香港ドルベースの収入が同じであれば、工場のコストが上がって、収益を圧迫するということである。

これに対して会社としてどのような方策で運営してゆくのか。そうでなくとも工場のコストは上がっているのである。数日前に投稿したように、中国人の人件費は急上昇している。コストダウンなど追いつく暇も無い。スタッフや工場ワーカーの給料を上げなければ、すぐにでも、労働紛争が発生し、操業停止に追い込まれる。インフレも進んでいる。物価の伸びも普通ではない。

それでも材料費は輸入材を使うことで何とかなるとして、人件費の伸びは如何ともしがたい。直接、間接を問わず、作業合理化を進め、“人減らし”を進めてゆくしかないのか。営業的には販売を急速に増やし、固定費比率を下げてゆくか。そのためには、労働付加価値の低い製品を切り捨て、労働付加価値の高い製品に集中する事業構造の転換を進めるか。

以前勤務していた会社のスローガンに「選択と集中」というのがあった。いま、まさにその意味の重さをひしと感じている。
[PR]
by wata1150 | 2010-06-22 00:32
先々週、携帯電話が故障し、電源が入らなくなった。おおよそ2年前、香港で購入したモトローラのV9という3Gモデルである。
e0026744_0143049.jpg


携帯電話が無くては仕事上不便で仕方が無いので、修理するか新しい携帯を購入するかの選択が必要だった。私は、いずれ新しいものを購入するとしても、故障した物を修理することが先決と思った。故障した携帯に入っている、アドレスブックや電話番号のデータが大切だからである。

会社のスタッフに修理屋さんに持っていってもらった。300元から400元、1週間ほどで修理が完了するという。何とかアドレスや電話番号のデータが戻ってきて欲しいと思いながら修理依頼をした。

ラオパンが、自分がついこの間まで使っていたSUMSUNGの携帯を貸してくれた。SIMカードを入れ替えれば使うことが出来る。しかし、モトローラ使用時にアドレスは電話機のメモリーに保存し、SIMにはほとんど保存していなかった。これは失敗である。SIMが有っても、電話番号簿が無いので、一々電話番号を確認してダイアルしなければならないのである。まあ、今の携帯が便利になりすぎたと思えば、納得もする。

そして、一週間後の先週初めに、アドレスや電話番号簿が無事な状態で故障修理を終え、戻ってきた。

一方、再度故障した場合を考え、新しい携帯を買い、モトローラはバックアップとするように考えた。そして、蘇寧電器で新しい携帯を購入した。ラオパンから借用した物と近い型のSUMSUNG製の3G機である。
e0026744_0152489.jpg


ところで、結構知られていないのが、中国と香港の3Gシステムの違いである。香港で3G機を買うことは容易い。また、一般的に同型機であれば香港のほうが安価である。ところがこの携帯に中国のSIMを入れても、3G機として機能しない。また、中国で購入した携帯に香港で発行されたSIMを入れても同様である。

私は、従来のモトローラは香港で購入したが故に、中国では3Gとしては使えなかった。そこで今回は多少割高だが、中国で3G機を購入することにしたのである。

まだ、この新しい携帯のすべての機能を把握できたわけではない。取扱説明書が中国語表記しかないため、なかなか理解しにくいのである。日本語は無くても良いが、せめて英語表記の取扱説明書があれば・・・と思いながら、少しずつ使い方を覚えてゆくしかないと思う。
[PR]
by wata1150 | 2010-06-21 00:15

ワールドカップサッカー

サッカーのワールドカップ2010が南アフリカで行われている。

中国では、毎日いくつかのTV放送局がそれぞれ違った試合をまたは同じ試合を違った角度でみて、放送している。今回のワールドカップには中国チームは参加していないので、盛り上がらないかといえば決してそうではない。私の知る限り、CCTVチャンネル5や広東体育TVなどは終日ゲームの生中継だけではなく、様々な解説を入れて放送している。

放送は中国語なので、詳しいことはわからないが、少なくとも、ほとんどすべての試合を中継し、選手について、各チームの特徴について、そしてその瞬間瞬間のボール回しや先方などをコンピュータグラフィックなども交えて詳しく解説しているようである。

中国が参加していない分「中国加油!」は無いが、その分解説は公平で、理論的で好印象である。

日本チームが所属するグループはオランダ、デンマーク、カメルーンが同じグループで、昨夜日本はオランダに敗れて1勝1敗になった。残るデンマーク戦で勝つか引き分ければ決勝トーナメントに進むことが出来る。

ワールドカップのプレマッチで日本代表チームは散々な結果であった。点を取れない、勝てない試合が続いた。それだけにカメルーン戦での勝利では何かが吹っ切れたように思った。格が違うともいえるオランダ戦で最小失点の1失点での敗戦はラッキーといえば言えるかもしれない。

何とか次のデンマーク戦で勝って、決勝トーナメントまで進んで欲しいものである。
[PR]
by wata1150 | 2010-06-20 19:33

雨季は終わった?

昨日から、それまでとうって変わった夏空です。
e0026744_16565091.jpg


それまでは、毎日どんよりした曇り空で、今にもスコールが降りそうな空模様でした。しばしば雷鳴も聞こえました。それが今日はどうでしょう。青空が見え、雲は夏の雲、カーッと照りつける太陽が顔を覗かせたりしています。

気温は朝方というのに、ゆうに30度は超え、ラジオの放送によれば35度くらいなのだそうです。もう、雨季は終わったのでしょうか?真夏に突入したのでしょうか?

私は熱い季節は嫌いではないので、真夏突入は大歓迎です。汗が噴出し、食欲が進み、多少下り気味だった体調や気力も戻ってくるだろうと思います。

今が旬の果物、ライチもこれから甘みを増してくることでしょう。亜熱帯のこの地方は果物の宝庫です。毎日美味しい果物を食べることが出来ます。

楽しみな季節になってきました。
[PR]
by wata1150 | 2010-06-19 16:51

中国各地で労働争議

日本のマスコミでも報道されていますが、いま中国の各地で労働争議が勃発し、ストのニュースが連日私の耳にも飛び込んできます。

[富士康、本田纷纷加薪,引来深圳周边工厂出现「骨牌」效应。本月6日,台湾手机零组件製造商美律电子深圳的工厂上千工人罢工堵路,要求加薪至1200元。据悉,这次罢工事件的导火线是该企业强制员工周末加班不计加班酬劳,同时此前开出加薪至1050元的空头支票,引发工人的强烈不满情绪愤而罢工。 ]
[【北京・共同】自動車部品メーカー、日本プラスト(静岡県富士宮市)は18日、日産自動車やホンダにハンドルやエアバッグを供給している中国広東省中山市の工場で17日から、賃上げを求めるストライキが続いていることを明らかにした。中国では日本など外資系メーカーの工場でストが多発している。 現地工場の従業員は約600人。17日のスト発生後にハンドルなどの生産を停止、労使間で賃上げ交渉を行っている。またホンダ系の自動車部品メーカー、高尾金属工業(滋賀県甲賀市)も18日、同社などが出資する湖北省武漢市の部品工場で17日から18日にかけ、ストが起きていたことを明らかにした。 ]
[2010年6月15日中午开始,爱普生深圳技术有限公司(ESL,位于深圳南山科技园)的员工开始了罢工行动。抗议薪资的不合理以及加薪上的歧视。持续到15号的夜班,直到17号今天还没有给出明确的答复,因此明天会开始会继续罢工,如果未达到要求的话。
富士康事件的时候,我个人当时非常反感把员工自杀的现象上升为社会现象,但是后来我的想法有些改变了。也许,把它升级为社会现象对我们在外打工的人来说是件好事。因为在富士康提薪之后,由此引发了连锁的反应,终于这些生产性的企业开始关注员工的薪资了。在一系列其他工厂的提薪之后,我们公司却依然没有动静。
终于,精工爱普生位于福永的工厂(FIF,精工表部)的员工罢工了。在我们ESL的员工还在讨论该怎样行动时,公司已经给出了提薪方案:FIF的职员加薪500,普工加薪200;ESL 职员加薪300,普工加薪100。
终于我们ESL的员工愤怒了,从昨天中午开始,首先由一个工场(日企管车间叫工场)的员工首先开始罢工,然后罢工迅速蔓延到了整个ESL。
这场罢工显然是员工自发的,无组织的,因为工会始终没有就关于员工的薪资和福利为员工争取过,也始终没有为了员工的利益打算举行罢工。甚至可能会相反。
警察已入住ESL。传说员工在宿舍先行动的,防暴警察都进了宿舍!工会
]

[トヨタ自動車は18日、中国の系列部品メーカーがストライキで操業を停止した影響で、天津市内にある車の組み立て工場の操業を停止した。天津工場はトヨタの中国最大の生産拠点。部品の供給が再開されるめどはたっておらず、操業停止が長引けば、同社の業績に影響を与える可能性がある。ストが起きたのはトヨタ系有力部品メーカー、豊田合成の子会社「天津豊田合成」。内外装の樹脂部品をつくる一部工場で17日午前、物流部門の約50人がストに入り、午後には生産ラインに広がった。18日は終日操業を停止。打開策に向けた労使協議は19日夕方以降に開かれる見通しで、操業再開は早くても週明けとなりそうだ。]

[世界最大のEMS(電子製品の受託製造)メーカー、鴻海精密工業(台湾)子会社の富士康科技(FOXCONN)は6日、中国広東省・深●(=土へんに川)工場の基本給を10月から2000元(約2万7000円)に引き上げると発表した。同社では今年に入り従業員の自殺が相次ぎ、6月から賃上げ(900元を1200元)を実施したばかり。わずか半年で2倍への賃上げの衝撃は大きく、台湾電子メーカーの東南アジアなどへの工場移転が本格化しそうだ。
 富士康は中国全土で80万人の従業員を抱え、うち約45万人が広東省深●(=土へんに川)特区の工場に集中している。年初来、従業員の自殺が12人にのぼり、中国内でも大きな社会問題になっている。 このため従業員対策の一環として、6月から深●(=土へんに川)市の最低賃金と同じ900元だった基本賃金を1200元に引き上げたばかり。 これをさらに10月から2000元へ引き上げる。「従業員の尊厳を守り、生活のために無理をして超過勤務をしなくても暮らせるよう配慮した」(富士康)という。
 台湾の工商時報紙報道(7日付)によると、2段階の賃上げで鴻海グループの利益は約3分の1減少するという。 最大手、鴻海グループの大幅賃上げが他の外資企業、特に台湾電子メーカーに及ぼす衝撃は甚大だ。EMS企業の利益率は5%前後と低いだけに、中規模以下の企業は中国内陸部や他の途上国への生産移転が避けられなくなる。
7日の台湾紙、経済日報は1面トップで台湾のメーカー団体、台湾区電機電子工業同業公会が「東南アジアなどへの南進戦略を推進する」と報じた。 「すでに中国の低労賃時代は終わり、工場を内陸部へ移転しても3~5年で限界に直面する」(焦佑鈞理事長)からで、インドやインドネシア、ベトナムなどが候補にあがっている。
]

[丰田汽车,因中国的罢工部品的供应无法正常进行,在中国・天津市的车组装工厂的生产要是产生出现影响的话,已经告诉了主要部品制造厂。从丰田有关人员得知,据说丰田系零部件制造厂的天津工厂,由于罢工停止着作业。在成为了世界最大的汽车市场的中国,罢工的影响变得深刻化。
据有关人员得知罢工的起因是面向丰田的小型车门部品等制作的工场,作业员大约有800人,可能是从15日开始就开始停止了操作,详细不明。
丰田准备了突发性的纷争,在中国零部件库存使之有着富余。但是,如果零部件的供应停止拖长,车的组装生产线自身停止会有恐惧。如果早的话 17日也有可能被迫到停线。
丰田的天津工厂跟丰田现场的大汽车制造厂与第一火车的合营,对丰田来说是中国最大的生产据点。制作小型车「花冠」和高级轿车「王冠」,2009年生产了约38万台。
在进入中国的外资系企业的工厂,寻求提高工资和待遇改善的罢工相继发生着。日系企业,本田零部件分公司的罢工临时停止生产。兄弟工业的工业用缝纫机的生产也被迫停产。
]

一説によれば、日系や台湾系、香港系などのいわゆる外資系の会社に限られているようで、中国系の会社、特に国営会社では発生していないようです。それは、政府が外資系会社の賃上げを求める労働争議については容認し、結果として労働者の大幅給与上昇という結果を招き、外資系会社のコストアップ、そして輸出競争力低下という方向を是認しているということです。

そして、中国の産業形態が輸出依存型産業構造から、内需主導型産業構造への転換が図られてゆくのです。こういう社会背景の中で、私が勤務する会社もまた、連日経営的諸問題と取り組んでいかなければならないのです。
[PR]
by wata1150 | 2010-06-17 16:30

久しぶりの上海

上海に出張する機会がありました。上海にある日系の大手自動車部品メーカーから私共の会社を紹介して欲しいとの要望があったためです。

現在上海は「上海万博」が開始し、中国各地から万博を見物する人たちで込んでいます。
e0026744_12394211.jpg

当然のことながら、航空運賃も上海行き、上海からの帰りの便は値下げ率が小さくなっています。ホテルも、軒並み高騰しています。

私はいつも、深圳空港から上海虹橋空港、または浦東空港に向けて行くのですが、普通のときならば往復で1200元から1400元で済むはずが、2200元程掛かってしまいました。それでも予約が出来、飛行機に乗って行くことが出来たのですから、まだ良しとしなければならないのかもしれません。

ホテルは、通常4星または5星の比較的良いホテルに泊まっても、400元ほどで済むのですが、今回は普段宿泊するホテルはすべて満室でした。お客様の会社で契約しているホテルを頼みましたが、それもすべて満室で、一時は出張をあきらめかけたほどです。しかし、インターネットのホテルリストを順番に電話をかけて当たった結果、豫園のなかにあるホテルに空室を見つけ、何とか予約できました。3星以下のクラスですが、それでも、400元でした。

但し、上海市内にはあまり万博開催中という盛り上がった雰囲気はありません。オフィスで仕事をしている人にとっても、あまり関心があるようには見えません。中国であればこその盛り上がりを期待していたのですが。

夜は、久しぶりに古北にある「和泉」に行きました。私が上海に住んでいたときには、同僚とともによく昼食や夕食を食べに行ったところでした。ママの亜希さんもウエートレスの理絵さんもまだ元気で働いていました。ママの亜希さんは結婚し、またショットバーを別に開店するなど、精力的に仕事をしています。

上海は、恵州に比べれば治安もよく、夜に町を歩いていても緊張することも無く、また良く歩いた町であるだけに、勝手知ったる・・・という感じで歩けます。また、上海に出張する機会もあるでしょうし、また以前歩いたところを、気ままに歩いてみたいと思いながら、帰ってきました。
[PR]
by wata1150 | 2010-06-12 12:35

四国松山

六日間の日本出張は、あっという間に終わり、すでに恵州に戻って勤務しています。

日本では、今回生まれて初めて松山を訪れました。松山といえば夏目漱石が書いた小説「坊ちゃん」の舞台となったところとして有名であり、また日本でも有名な温泉である道後温泉を有し、姫路の白鷺城などと並んで美しいお城のひとつである松山城がある観光地として知られています。
e0026744_21140100.jpg

今回は、大阪を朝に発って夕方に戻る時間余裕の無い短い旅行です。大阪朝七時過ぎののぞみで岡山までいきました。岡山は朝8時過ぎ到着。岡山から瀬戸大橋を渡って四国松山に行く特急潮風にのりました。特急「しおかぜ」は未だ、乗ったことの無い列車でしたので興味津々でした。
e0026744_210177.jpg

特急「しおかぜ」は、瀬戸大橋を渡ります。瀬戸大橋から見る瀬戸内海は、絶景でした。残念ながら橋梁が景色をさえぎるため、なかなか上手く撮ることが出来ませんでしたが。
e0026744_2103948.jpg

岡山から乗ったときは、車内は全社禁煙で、喫煙室もありません。これは3時間はきついかな?などと考えながら乗っていました。すると、途中駅から、2両増結され、その中に一両に喫煙室があると、車内アナウンスが伝えてきました。早速喫煙室まで向かいました。
e0026744_2111277.jpg

四国に渡り、予讃線に入ってから、天候は非常によくなり、瀬戸内海の海の色がとてもきれいに見えます。日本の海はなんときれいなのか!と、しばし海の色に見とれました。
e0026744_2121222.jpg

12時少し前、松山到着です。松山駅は一見、ごく普通の駅舎でした。
e0026744_2131810.jpg

ただし、改札口には、チケットを通す自動検札機は無く、木で作られた検札台があり、駅員さんが切符を回収していました。撮影するのを忘れて、見とれていて、失敗でした。

駅前からJRの線路に直角方向に大きな通りが伸びています。この通りには今はあまり見られなくなった路面電車が走っていました。
e0026744_213486.jpg

この広い通りを5分ほど歩くと松山城公園というべき「城山公園」の一角に当たります。
e0026744_215074.jpg

白のお堀とも言うべき池があり、真っ白な鳥が数羽、羽を休めていました。堀を渡る橋を渡ると、遠くの丘の上に松山城が見えました。松山城は大きな大地のような丘の上に建っているのです。
e0026744_2142629.jpg

それでも、こんな遠くからでも、その城の美しさは見えました。
e0026744_2154034.jpg

待ち合わせの時間が来て、松山駅に戻り、仕事に戻りました。次に来ることがあれば、道後温泉に泊まり、松山城の天守閣を真近に見て、などと思います。
[PR]
by wata1150 | 2010-06-05 23:48
武漢市といえば、湖北省の省都であり、人口は1000万人を少し切る程度の大都会です。そんな大都会ですが、日本人の数は思ったほど多くは無く、せいぜい数百人とも言われます。数百人の日本人ということならば恵州市と差ほど変わりなく、恵州市は人口百万人程度ですから、日本人人口密度は武漢市は恵州の10分の一ということになります。

日本人が少ないということは・・・日本飯屋が少ない?そうなのです、インターネットで見るとせいぜい10数件しかないのです。恵州市ですら10数件以上はありますから、如何に武漢市に日本人が少ないかが判るというものです。

武漢市といえば、夏の暑さも有名です。「中国4大釜」とか「中国7大火炉」とか呼ばれる町があります。4大釜は重慶、武漢、長沙、そして南京です。7大火炉とは4大釜に杭州、南昌、上海を加えるのが一般的なようです。摂氏35度37度という高温の日が何日も続くことからこのように称されているようです。私が行った日も、晴天で気温は30度くらいはあったように思います。

武漢市でタクシーに乗ると、面白いことを発見しました。車はみなフランスのシトロエンなのです。どのタクシーを見てもそうなのです。トヨタ、日産はおろか中国では結構多いフォルクスワーゲンのタクシーも見当たらないのです。武漢市にシトロエンの自動車工場があることがその理由です。

重慶に行くとタクシーは皆、スズキの車になります。上海ではほとんどがフォルクスワーゲンです。それぞれの都市にそれらの工場があることが原因でしょう。私が住む恵州市のタクシーは、トヨタのカローラ、ヤリス、フォルクスワーゲンのサンタナなどが走っていますが。

武漢市はその中心を長江が流れています。
長江のほとりには、「漢口江灘」という市民公園があり、市民が思い思いにくつろげる場所になっています。丁度この日は天気も良かったので、「漢口江灘」を散策してみました。
e0026744_1334785.jpg

「漢口江灘」いわれがあるのか、入り口に中国語で説明が書いてあるのですが、まるで読めず、ぜんぜんわかりませんでしたが。
e0026744_135422.jpg

長江をはさんだ対岸が見えます。
e0026744_137467.jpg

上海付近だと、対岸が遠く、また空気も濁っていて対岸を望むことはなかなか出来ないのですが、ここまで長江をさかのぼってくると、対岸の風景が良く見えます。対岸まではさほどの距離でもないようです。

この「漢口江灘」の中に長江を横切り、対岸と結ぶ船の便があり、船着場があります。両岸遊覧と書いてありました。
e0026744_1385814.jpg

長江の岸辺には多くのカイトを売っている店があります。
e0026744_1395236.jpg

一般的に、中国ではあちらこちらで見ることが出来ますが、空には邪魔するものも無く、市民が会とを空に浮かべ楽しんでいるのです。

「漢口江灘」を出てすぐのところに「武漢港」と書かれたビルがありました。
e0026744_1310531.jpg

ここから長江をさかのぼり重慶に向かう船、逆に長江を下って上海に向かう船、そして、重工業がある武漢の工場に資材を運んだり、製品を出荷するための船が出入りしているようです。今度は一度長江を船で重慶まで行ってみようかな・・などと考えながら、ホテルに戻ってきました。
[PR]
by wata1150 | 2010-06-03 22:00