中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

恵州の日本人

恵州には数百人の日本人が居留するという。恵州は、百万人ぐらいの都市であり、上海、北京、重慶、広州といった数千万人もの人口を有する大都会とは比較にならない田舎の小都市である。しかもその中の数百人というのは、ほぼ存在を意識できないほどの人数でしかない。

しかもその、数百人の半分以上はS社、B社といった日系大手会社の駐在員及びその家族である。むしろSU社、LG社という大企業やいくつかの中小企業がある韓国系の人たちのほうが多く、それでも数千人程度という。

週末、何をするまでも無く、いつものように鳳凰茶荘をおとずれた。ラオパンととりとめの無い話をし、わずかばかりのお茶を購入し、時間をつぶすためである。が、異変が起こった。店員の女の子が、私以外に日本人の客が来るというのである。しかも、若くて中国語もしっかり出来るのだという。

私は、ブログで紹介したことが効いて、それを見た人が来店したのかな?と思った。何せ数百人しかいない恵州で日本人を見かけることはほとんど無い。日本食のレストランでお客さんが話す日本語で、「ああ、日本人だな!」と思う程度である。それが、なんと若い日本人が、恵州で仕事をしているという。すこし、感動してしまった。

しばらくラオパンと日本茶と中国茶の違いの話をしていると、なんと件の男性が店の表を通りかかり、女店員の招きで店の中に入ってきた。まだ30歳にはなっていないと思われる。女店員が私を彼に紹介してくれて、私は自分の名前を名乗り、日本語でお互いの仕事の話、会社の話、恵州での生活などを話した。彼はIさんと言い、千葉県の会社から恵州の子会社に出向駐在しているとのことだった。

駐在してから10ヶ月になるとのことだったが、なかなかの中国語を話している。TS社という会社で営業をしているとのことだった。明るく朗らかな、そして人懐こい感じの、なかなかの好青年である。
また、時間が有れば一緒に食事をしたり、お茶の話をしたり、交流を続けて行きたいと思う。また、我が社にいる何人かの日本人スタッフにも紹介し、一緒に交流が出来ればいいと思っている。
[PR]
by wata1150 | 2009-08-24 21:17
これは私が勤務する会社での実話。

私の勤務する会社には現在4名の日本人がいる。私を含めた3人は中国語が出来ないため、通訳が要る。私以外の2名の日本人には専属の通訳さんを雇って配属している。(私は随時、誰かを捕まえて通訳させているので、専属通訳さんはいない。)

技術開発担当の日本人Tさんにも専属に通訳がいた。Wさんという。この会社に来て一年半になる。入社当時は日本語はまったくダメで、これで通訳が務まるかな?と思ったくらいだった。しかし、Tさんが鍛えた成果がでて、一年後には「日本語一級」の試験に合格し、毎日会社で、技術用語の多い”技術通訳”をしっかりとこなしていた。仕事熱心で、誠実で皆に可愛がられていた。

先日、Tさんから連絡があった。「Wさんが会社を辞めたいらしい。」と。理由を聞いてみると、「故郷にいる彼女のお父さんが病気で倒れた。しばらく故郷に帰って、看病したい。」ということであった。こういう理由では慰留させるのは難しい。また、人道的でもない。私は、彼女の退職を認めざるを得なかった。

退職して数日後、営業の女性スタッフが私に教えてくれた。「Wさんが、会社の近所の別の会社に勤務している。」「日本語一級に合格したので、給料の高い会社に再就職したらしい。」私はあいた口がふさがらなかった。給料は高いに越した事は無い。しかし、嘘をついて辞めることは無かろう。「給料が上がらないので辞める。」とか、「一級の日本語を認めてくれるところに行く。」とか、せめて本当のわけを話して辞めて欲しかった。

確かに、今、会社は経営的には苦しく、給料を上げたくてもあげられない。むしろ幹部の給料は昨年11月から引き下げを実施した。だから、Wさんが「給料を上げて欲しい」といっても、あげることが出来ない状況ではあるのだが。しかし、嘘をついて会社を辞め、転職するとは!日本人には考えにくい発想である。
[PR]
by wata1150 | 2009-08-10 06:35
恵州にTA社という、従業員数百人規模の会社がある。社長はHさんという六十数歳になる年配の方である。日本人はH社長のみで、後はすべて中国人で構成されている。それでも、年商は一億数千万元になり、利益はそこそこ上げているらしい。

この間、H社長と食事をしていて聞かされた話。

H社長の会社の従業員の女性がいた。この女性は30歳くらいの方で子供が二人おり、毎日子供の世話を両親に頼んで会社に出勤していたのだそうだ。ある日、女性が「子供が二人とも日本脳炎に掛かった。会社を辞めて世話をしなければならない。」と、上司に相談したのだそうだ。

これを聞いた上司はH社長に報告した。H社長は、この女性に直接話を聞いた。女性は「お金が無いので病院には連れてゆけない。せめて自分で看病したい。」と話した。気の毒に思ったH社長はせめて病院に掛かれるようにと、社内に呼びかけて、募金活動をした。どのくらいのお金が集まったのかは分からない。H社長はその金額に自分のポケットマネーを一万元乗せて、女性に渡した。「このお金で子供を病院に連れてゆくように。また、掛かったお金の領収書は病院からもらってきて、H社長に渡すように。」

2週間ほどして女性が会社に現れた。H社長は子供の様態を聞いた。女性は「少しよくなって、家で両親が世話をしている」という。社長は「領収書はもらってきましたか?」と聞いた。女性は「もらってきたが、家においてきた。」と答えた。そこで社長は「明日は忘れず持ってくるように。」と伝えた。

翌日女性が出勤してきた。社長は「領収書は持ってきましたか?」とたずねた。女性は「なくしてしまいました。」と答えた。H社長は「あいた口がふさがらなかったよ。」と私に教えてくれた。1万数千元のお金はしっかり女性の中に消えてしまったのである。

H社長は「子供が日本脳炎だったのか、本当に病院に行く必要があったのかさえ、疑ってしまいたくなる。」と、しきりに私にぼやいていた。

これが中国人の真の姿なのか?
[PR]
by wata1150 | 2009-08-09 19:27

最近見ているビデオ

最近、休日や深夜の暇な時間にビデオを見ることが多い。それも、中国の歴史を描いたものである。中国では歴史ドラマが人気を博している様子で、会社のスタッフに聞いてみても、結構皆見ている様子である。

恵州にもDVDの販売店が数多くあり、音楽のDVDやCDからドラマや映画のDVDなど、結構そろっている。ただ、難点は海外映画をすべて中国語に吹き替えてしまっている事だ。その為、映画でも、英語ならばどうにかなる私でも、中国語ではどうにもならず、余り関心を示さなくなってしまっている。

中国人の友人を連れて、あるDVDショップに行った時のこと。ショップの店員が、日本語吹き替えの有るDVDがあることを教えてくれた。それは宮崎駿のアニメである。
e0026744_1231868.jpg

「猫の恩返し」「紅の豚」「天空の城ラピュタ」など全部で18本ほどの映画が収まっている。それで値段は100元。日本円で1400円ほどである。絶対に“コピー品”であろう。“本物”がそんな価格で買える筈は無い。
e0026744_12322319.jpg

しかし、コピー品質はともかく、暇つぶしには良かろうと、それを買い求め、数ヶ月で一通り見た。結構楽しめるものだった。特に、日本語でそのまま音声が出るのが何よりうれしい。

しばらくして、同じ店に行き、同様に「宇宙戦艦ヤマト」を買い求めた。
e0026744_1233568.jpg

これも同じく100元程度。DVD17枚が入っている。そして、豪華なケースに入っており、見事なコピー製品といわざるを得ない。

すっかり顔なじみになったショップの店員に紹介され、購入したのが「水滸伝」「三国志」「西遊記」「紅楼夢」などの古典、
e0026744_12334589.jpg

唐王朝を題材にした「貞観長歌」、
e0026744_12341973.jpg

清王朝を題材にした「康煕王朝」「雍正王朝」「乾隆王朝」。
e0026744_12344560.jpg

いわゆる歴史時代物であった。

ほとんどが日本語の字幕があり、翻訳はへたくそなのだが、一応筋は理解できる。このようなことからも、へたくそなコピー品といえるのだが、ストーリーは面白い。見始めると、のめりこんでしまう場合が多い。そして、これらの時代の中国人の考え方と、現代に生きる中国人の考え方のギャップに面食らってしまうことが多い。

最近は、中国歴史物も一段落したので、日本のNHK大河ドラマのコピーを探してきて見たりしている。
e0026744_12365339.jpg

まあ、あまり深く考えず、ストーリーを楽しもうと思いつつ、見続けている。明日あたりまたDVDショップに出かけてみようと思ったりしている。
[PR]
by wata1150 | 2009-08-08 12:37
愛知県に行った。S社という大手電気メーカをたずねた。その会社は弊社とは数年来の取引があり、今回はそこのKさんという方と食事をすることになっている。Kさんと、私が連れている2名のスタッフは面識があり、久しぶりなので楽しみであった。

「木曾路」というレストランで食事をすることになった。頼んだのは、霜降り牛肉のすき焼きをメインとした会席料理である。
e0026744_111996.jpg

私は、ちょっといたずらをした。この美味しそうな霜降り牛肉の端をつまんで、食べちゃったのである。そうしたら、二人の中国人、何を思ったのか、自分たちも10cmくらいの生肉のかけらを“えいっ”と自分たちの口に放り込んでしまったのである。私は「ほら、牛肉の生をたべちゃった」と二人に話すと、「えっ!今のが牛肉の生?」と、驚いた様子。生の牛肉で、霜降りで、口の中では解けてしまいそうにやわらかい、そんな牛肉は中国にはない。したがって、彼らは牛肉とは思っていなかった様子である。
e0026744_1115456.jpg


すき焼きに使用する生卵。私はこれを、生で一息に飲んで見せた。二人に、食べてみろと薦めるが、彼らは食べてくれない。「日本の卵は新鮮だから心配は無い」と話しても、飲んではくれなかった。中国では生卵を食する習慣は無いらしい。それどころか、新鮮なものを入手するのは難しく、結構日にちの過ぎた古いものしか市場には無いらしい。それで、すべて火のかけ、熱を通してしか食べないらしい。
e0026744_1123283.jpg


そして、またまた刺身。わたしは中国にいるときには刺身を食べないので、日本に行くとほとんど毎日刺身を食べる。この日もまた、豪勢な刺身である。これは一人前。そして、二人の中国人は、何のためらいも無く、きれいに平らげてくれた。魚の新鮮さが中国とは違うことを認識してくれたと思う。
e0026744_113298.jpg


二人の中国人も、全員が知己の人で、お酒も入り、美味しい料理とあいまって、楽しい歓談の時間をすごせたのではないかと思う。

翌日からは新横浜に宿泊。重いバックを携えての移動からは開放される。いくら慣れている日本国内移動でも、老体にはきつい。それにしても、二人の中国人スタッフは強い。毎日4時間から5時間くらいの睡眠時間で、この強行軍を頑張っている。若さ、初めての異国という緊張などがそれを支えているのであろうが、なかなか元気なものである。
[PR]
by wata1150 | 2009-08-07 18:55
8月になりました。

相変わらず、自分のブログを直接見ることは出来ない状況が続いています。もう、どのくらいの期間、このような状況が続いているのか分からなくなってきました。他の人のブログを見ることも出来ず、だんだんブログを開く間隔があいてきています。

世界的な金融危機がありました。今でもその影響で会社の状況は予断を許さない状況です。毎日、市場分析や、会社の現状把握、今後の対応策などで神経をする減らす毎日です。そんなこともブログを開くことをためらう要因のひとつになっています。

K君という、香港の大学で日本語を学んでおり、この夏休みを利用して、我が社の手伝い兼日本語習熟の目的で業務部に座っているメンバーがいます。彼とは一日一度は世間話をするようにしています。それは彼の日本語の上達のためだけではなく、私の緊張から一時逃れられる時間でもあります。

そのK君との昨日の話しは私のブログのことでした。私は、4年もの間続けているブログがあること、いまは規制の網に引っかかって、中国では見ることが出来ないことを話ししました。すると即座に彼は良い方法があるというのです。彼のパソコンの前で私のブログアドレスを教えました。すると、何のことも無く開いてしまったのです。久しぶりに見た私のブログでした。おまけに編集機能や、コメント機能も他のブログ仲間のリンク機能も正常に機能するのです。早速私のパソコンにも導入方法を教えてもらいました。

彼は、このソフトをUSBメモリーで持ち歩いているのです。パソコンにインストールはしないのです。彼に言わせれば、“パソコンに入れて置くといつか使えなくなる”という。どうも、プロキシブロックとかプロキシフリーとかいう、どこかで聞いたことのあるソフトっぽい。このようなサイトはしばしば改ざんされたり、つぶされたりして使えなくなるのかもしれない、ということのようでした。

このソフトは、ともかくも、今のところは無事です。週末には、久しぶりにブログ友達のサイトを覗いては、近況を知り、メッセージでも残してやろうと思っています。

それにしても、規制も程々にして解除して欲しいと、改めて思った次第でした。
[PR]
by wata1150 | 2009-08-06 18:34