中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日本からの来客

日本からの、あるいは日本人の来客が増えている。これは、ここ2年間ほど、日系客先を開発しようと活動を展開してきた成果であろう。S社、P社、C社など最近は月に5回か6回ほどになることもある。工程監査、品質監査、環境監査などの監査や、新規取引のための会社案内、単純な工場見学などその目的も多岐にわたる。

会社がある恵州市は近所の深圳市や東莞市などからは約一時間半程度の距離にある。その為ほとんどのお客様は、恵州に一泊せざるを得ないのが実態である。宿泊するホテルは会社で契約しているホテルが恵州市内には何箇所かある。5星の康帝国際は600元から700元、4星の天悦国際300元から350元、3星の魯恵国際は248元で泊まる事が出来る。日本から最初に来るお客様は、とりあえずは康帝国際を薦めるが、価格的に問題があれば魯恵国際になる。

S社の方は、最初は康帝国際に泊まっていたが、最近は魯恵国際になっている。サービスなどはそんなに変りはしないので、最近の金融危機の影響もあり、会社からの圧力もあって、安いホテルを要望されるようになってきている。C社などは最初から魯恵国際だった。

日本人が来て宿泊するとなると、当然のこととして接待がある。

余談だが、私が若い頃に日本でも会社の接待のパターンとして“酒”(酒食接待)、“打つ”(接待マージャンなど)、“手土産”(高価な贈り物、現金など)、“女性”(女性の性的サービス)ということが有ったらしい。私は技術部門に配属され、接待とは縁の無い生活をすごしたから、詳しくは知らなかったのだが。しかし最近ではほとんどの大手企業では接待の自粛あるいは禁止ということになっているらしい。交際費の削減などということも多々ある。実質的に接待と言うことはかなり無くなって来ているのかもしれない。

ここ中国では接待は日常のビジネスツールとしてしっかりとその社会に現存している。上記のすべての接待が現実に私の身近で発生する。

まずは食事。市内に何件かの懇意にしているレストランがある。日本料理、湖南料理、四川料理、海鮮料理などさまざまである。いずれもアルコール飲料を含んで一人150元から200元以下になるようになっている。接待マージャンは我が社ではほとんど行われない。が、マージャンは中国で市民にかなり浸透しており、掛けマージャンもかなりあるという。手土産は主に珍しいお酒、中国特産品などが使われる。ビジネスコミッションという名目でお金を渡すケースもある。数千元から数万元程度か。地方政府関係者の汚職などというニュースもあるが、一般企業同士では汚職でもなんでもない。そして、これまたしないに多々あるカラオケなどの店、サウナなどの性サービス店も接待に利用される。

日本人が来ると、まずは大概市内の日本料理の店に行き、食事である。2時間から3時間程度の食事と歓談である。続いて、接待の女性もいるカラオケに行ってお酒を飲む。ただ、日本人客はほとんど女性を連れ出すことはせず、飲んで、歌って、そして帰るだけであるが。場所代、飲み物代、女性に対するチップなどはすべて会社持ち。お客さんは大騒ぎをして楽しんでもらえれば良い。それが終わるのは深夜、大抵は12時半か午前1時ころ。そして翌日はまた通常勤務である。

週に一回程度ならば私も、さほど疲れもせず“お付き合い”が出来るが、週に連続して3回、4回となると身が持たない。結構な重労働である。今も向こう一ヶ月に4回の予約がある。さらに中国や香港のお客さんのお付き合いも何度か有る。若いときならばともかく、還暦を過ぎた私にとっては接待も結構大変な“仕事”である。
[PR]
by wata1150 | 2009-06-30 11:22

ライチ(茘枝)

雨季に入って、連日豪雨に見舞われているかと思うと、かんかんと照りつける真夏日もある。気温も連日30度を超える日が続いていて、35度くらいになる日もある。外にでれば、すぐに全身がジトっと汗ばんでくる。

広東省は果物の宝庫でもあり、今はライチの季節である。
e0026744_11525521.jpg

ライチについては、以下のような説明がWikipediaに書いてあった。
「レイシ(茘枝、学名:Litchi chinensis)ムクロジ科の常緑高木の果樹。ライチとも呼ばれる。中華人民共和国南部原産で熱帯亜熱帯地方で栽培される。」「花は黄緑色で春に咲く。果実は夏に熟し、表面は赤くうろこ状(新鮮な物ほどトゲが鋭い)、果皮をむくと食用になる白色半透明で多汁の果肉があり、その中に大きい種子が1個ある。上品な甘さと香りから中国では古代より珍重され、楊貴妃が華南から都長安まで早馬で運ばせた話が有名である。」

また、会社の誰かが話していたが、ライチには血糖降下作用があるとのことで、空腹時にライチを食べると低血糖障害が起こる可能性があるとのこと。これが正しいかどうかは知らない。でも、血糖降下作用があるとすれば、私にとってはとてもありがたいこと。せめてこの季節には大いに食べようと思っている。


会社の近所のマーケットでも、露天を出し、取れたばかりのライチを山のように積んで売っている。
e0026744_11535416.jpg

e0026744_11543412.jpg

価格は一キロ6元から7元(おおよそ日本円で100円程度)といったところらしい。

昨年も出かけたが、今年もまた会社のメンバーの誘いに乗ってライチ狩りに出かけた。会社から車でわずか10分ほどのところに、ライチ畑はある。おまけにそれは、我が社の技術のメンバーの一人の実家でもある。開発メンバーの彼に案内してもらって、数人の子供も含め総勢20人ほどで、乗り込んだ。

果樹園の入り口のすぐ近くに大きなライチの木が何本も植えられており、枝は大きなライチが実って垂れ下がっている。一個つまみ、川を指で半分ほどむいて、口に放り込んでみると、とても甘くかつ芳醇である。次から次へとつまんでは食べ、つまんでは食べ、気が付くとお腹一杯になっていた。20~30個ほども食べたのであろうか。

暑さと湿気のせいもあろう、またライチの水分を多く摂取したせいでもあろう、体からは汗が噴出していた。それでも、私はせっせと食べ、皆はせっせとライチ狩りをし、ほんの2時間ほどの時間を楽しんだ。ライチ狩りの成果のライチは竹篭で十数籠ほどになったか。会社に持って帰り、皆で分配して持ち帰った。

しばらくは、毎日ライチが楽しめそうである。
[PR]
by wata1150 | 2009-06-22 11:58

恵州は雨季真っ盛り

例年、4月後半から6月くらいまで、恵州を含むこの一帯は雨季になり、連日雷が鳴り響き、豪雨が降り、道路は水浸しになる。今年は、少し雨量が少ないようで、雷も少ないようだ。

雷鳴が鳴り響くこともあるが、長い時間ではなく、豪雨が降ることもあるが、短時間で上がり、道路の水はすぐに引いてしまう。一昨年の激しい豪雨と水浸しの経験からすると、今年は雨量が少ないと言わざるを得ない。

昨夜もラオパンと恵州市内の露天食堂で夕食をした。恵州市内の中心部の一角の路地裏で、店の前の歩道にテーブルを広げ、電磁調理器の上に鍋を置き、営業している。電源は店の中からケーブルを延ばして電磁調理器に接続している。夏にはこんな風情の夕食も悪くは無い。そこで、私とラオパンは鍋料理をつつこうと言うことだった。

雨は降りそうな雰囲気があったのだが、降ってはいなかったので、天気にはお構い無しに肉や野菜を鍋に放り込み、食べ始めた。ビールを飲みながら、食べ初めて15分もした頃、案の定、雨が降り出した。そのうち遠くで雷光が光り、雷鳴が鳴り、そして本降りから、バケツをひっくり返したような、滝のような雨が降り始めた。

我々はというと、店の人が、大きなテントを広げてくれて、その下で相も変わらず、ビールを飲みながら、鍋をつついていた。足元の歩道はと言うと、川のように水が流れ始めたが、幸いにも歩道工事の精度が悪いため、歩道のところどころに高低差があり、私たちのテーブルのところは多少高くなっていたため、水は流れてこない。わずか数メートル先では深さ10cm足らずの川になっていると言うのに。テーブルから、2メートル先は車道で、車が通るたびに水を跳ね上げており、10cm以上もの深さの川になって流れている。

そろそろ食べ終わろうとした頃、何時しか雨は小降りになり、雷も収まって、歩道を歩く人も傘をたたんで、歩いていた。その間30分ないし40分くらいであったろうか。

やがて、食事が終わり、マイタンをするときには、すっかり雨が上がって、車道を流れていた川もすっかり水が引き、所々に水溜りが残るものの、一部は乾き始めている。日中の暑さのせいで、道路の温度が上がっていたせいでもあろう。

豪雨の後には涼風がさわやかに吹き、わずかな酔いのせいもあり、なんとも気持ちの良い瞬間である。一日の仕事の疲れを忘れられる瞬間でも有る。たいした、高級料理でもない、むしろ非常に庶民的な食事なのだが、久々に気持ちの良い食事だった。

恵州もこんな日が続いた後、雨季が終わり、そして本格的な夏になる。
[PR]
by wata1150 | 2009-06-12 22:13

象頭山ハイキング

会社の幹部の面々と、博羅というところにある「象頭山」というところに、ハイキングに出かけた。

会社では、社員全体のリクレーションということは、私の知る範囲ではやったことが無いのだが、優秀員工を招待しての旅行とか、各職場ごとの旅行などは、会社もある程度支援したり、全額負担して行っている。それと平行して、経理以上のクラスに対して、月に一度程度、食事会や小旅行などを実施し、コミュニケーションを図っている。

個人主義の意識が非常に強い中国にあって、会社の組織間の和、各組織内の和を図るために、会社としてもある程度の負担をしなければいけないのは仕方が無いことかもしれない。

さて、例年であれば雨季の最中で、雨の多い時期であるが、今年は雨が少なく、我々が計画した象頭山ハイキングも夏の日光が照りつけ、日中の気温がゆうに30度を超える日であった。みな、帽子をかぶり、三々五々集合場所に集まって、ワゴン車や、マイクロバスなどで出かけた。

私自身は土地勘が無いので、具体的には分からないのだが、恵州市内から車で一時間とは掛からない、比較的近場であるように思う。湯泉という温泉が沸く場所から比較的近いところである。山の中に入り、未舗装道路を中腹まで登ったところで車を降り、渓流に下りると目的地である。
e0026744_2154016.jpg

渓流にせり出した木陰の下の大きな岩の上に場所を確保して、腰を降ろす。
e0026744_2155578.jpg

それぞれが持参してきたお菓子やら、つまみなどを食べ、お茶や水で乾いた喉を潤した。子供たちははだしになり、水溜りに足を浸したり、水遊びに興ずる。
e0026744_21553319.jpg

この渓流は、上流から落ちてきたらしい大きな岩がゴロゴロと転がっていて、渓流を歩くには極めて歩きにくい。岩をよじ登ったり、逆に岩壁を下ったりと、結構労力を必要とする。
e0026744_21563599.jpg

が、それがまた、普段机にへばりついて仕事をしている面々にとっては、非常に面白い。皆、子供を遊ばせながら、大きな岩を渡り歩いて楽しんでいる。ところどころに、大きな水溜りや、小さな滝がある。自然に出来たものらしく、それが見事な景観を作って、滴り落ちる汗をぬぐいながら、見つめるのは気持ちがいい。
e0026744_215797.jpg

何人かの若い人たちは、この渓流を登って、かなり上まで行ってきたらしい。私や何人かの女性は、水の音を聞きながら談笑したり、昼寝をしたりで、思い思いに楽しんだ。

結構な近場に面白いところがある。普段は決して自分ひとりで行くことは出来ないのだが、こんな機会を通して自然に触れるのもまた、悪くは無い。
[PR]
by wata1150 | 2009-06-08 21:57

ウォルマート周辺

ウォルマートの上にそびえるマンションに住む、会社のスタッフの家に招かれた。時間を見て、ウォルマートの周辺を歩いてみた。
e0026744_18394259.jpg

ウォルマート、恵州の中でも一二を争うアメリカ資本の大型スーパーマーケットである。恵州市内には日系のJUSCO、それに万佳、百佳、人人楽などの大型スーパーがある。いずれ劣らぬ品揃えと設備で客を呼び込んでいる。週末ともなると、多くの買い物客が家族連れで集まってくる。もっとも、人ごみにまぎれて、窃盗などの小犯罪が増えるため、私はあまり好きではないのだが。ウォルマートの上にそびえるマンションに住むスタッフは、この中にある、いくつかのレストランで週末の食事をするのを楽しみとしているらしい。
e0026744_18421170.jpg

中にはエキゾチックなアジアンテイストや、日本料理などもあって、楽しめると言う。私も何度かウォルマートで買い物をしたことがあるが、やはりJUSCOのほうが日本のものの品揃えが豊富で、私にとっては便利である。

ウォルマートの6Fは屋上ガーデンになっている。基本的にはマンションレジデンスの専用になっているらしい。屋上ガーデンには、プール、バスケットのハーフコート、バドミントンコート、幼児用の遊具、簡単なステージなどが設置されている。また多くの樹木が植えられていて、目に優しい。
e0026744_18433894.jpg

今は、樹木に花をつけているものもあって、楽しめる。その樹木を縫うように遊歩道があり、ゆったりとくつろげるように配慮されている。ここが、喧騒の恵州中心地の一角かと思うと不思議な気がする。また、中国の地方都市とは思えないような感じがする。

ウォルマートの交差点をはさんだ反対側には、魯恵国際飯店がある。
e0026744_184655.jpg

このホテルは3星なのだが、実際の内容は4星半くらいの内容である。比較的新しいということもあって、内装や設備も充実しており、日本人が宿泊する場合、フロントに話せば、日本のTVプログラムも流してくれる。また、新しく知名度も低いため、恵州周辺の会社にプロモーションしている。私が勤務する会社も、幹部社員にメンバーカードを配布した。会社に宿泊を含む出張で来るお客さんを取り込もうと言う魂胆である。我が社でも、今では会社に来ていただく日本のお客さんはほとんどこのホテルを予約し、宿泊していただく。今まで多くの日本人が宿泊したが、内容についての不満は、聞いたことが無い。250元という価格は、その内容に比べて相当に安いという。

魯恵国際飯店からウォルマートと反対側に歩いて10分ほどのところに、茶博芸術城という建物がある。
e0026744_18494692.jpg

ここは4階建ての「コ」の字形のビルで、多くの中国茶の店が入り、お茶、茶器、茶道具などを販売している。中国茶に関する御託をあれこれ述べるつもりは無いが、中国茶にも多くの種類が有り、入れ方も様々である。この茶博芸術城の一角に、以前紹介した鳳凰茶荘の支店がある。
e0026744_18475556.jpg

この支店を仕切っているのは、まだ若い男性で、やはりいろいろなお茶を試し飲みさせてくれる。この話が結構面白くて、一旦座ってお茶を飲みだすと、なかなか立ち上がって帰る気にはならなくなる。最後には、何らかのお茶を購入する羽目になってる。お客と楽しく歓談することが、お茶を売るコツなのかもしれない。

ウォルマートから魯恵国際飯店を過ぎ、さらに2~3分歩いたところに、「鑫手指」というマッサージショップがある。中国式足マッサージである。豪華なリクライニング椅子に体を横たえ、マッサージをしてもらう。中国式薬湯に足を浸し、しばらくすると汗がでてくる。その後、肩、背中、両腕、そして足裏から両足まで約2時間掛けて揉んで貰う。私は時々ラオパンと一緒に来てしばし疲れた体を癒す。またそれと共に疲れた心もまた、なぜかすっきりしてくるから不思議である。2時間で70元程度と価格も手頃である。割合に込んでいるので、行くときは予約したほうが良いかも。

このウォルマート周辺は私が恵州に始めてきたときには、何も無かったと記憶している。わずかに古い民家がある程度だった。それが今は、ウォルマートを中心に人が集まり、大型マンションが何棟も建設され、立派な町並みになりつつある。これが中国の進歩の速度か・・・と、驚かされる。
[PR]
by wata1150 | 2009-06-05 18:50