中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

恵州における借家事情

4月に我が社に入社した日本人の男性が、恵州市内に家を借りて其処に住むことになった。彼は日本の大学を卒業したばかりで、中国人の彼女がいる。一緒に住むための住宅を探したらしい。

結果的に市内中心部に近い新築マンションの一室を借りることに成功した。家賃は1600元。23000円ほどである。部屋の大きさは2ベッドルーム、リビングダイニング、シャワールーム付、ベランダもあるとのこと。70㎡弱程度の広さらしい。

1600元という価格は我々日本人から見れば、安いといわざるを得ない。しかし、中国人の立場で見たら結構高価であろう。そのほかに管理費と呼ばれるものが2元/㎡/月必要である。このマンションの場合、140元ほどになる。合計で1740元である。

1740元という金額は、我が社の若い女性スタッフの一ヶ月の平均的給料にもなる。女性スタッフでは借りることなど思いも寄らない金額なのである。彼女たちはほとんど会社の寮に住んでいるが、彼氏が出来たり、ある程度の年限が来て、経済的ゆとりがでてくると、外に部屋を借りる人もいる。しかし、そんな人たちが借りる部屋は、大体300元/月前後であり、ベッドルーム兼リビングルームとシャワー兼トイレ兼キッチンという間取りになる。広さは、大きくとも30~40㎡程度になろうか。

ある、女性スタッフが彼氏と住んでいる部屋は広さ60㎡の新築のマンション。ウオールマートという外資系のスーパーの上にそびえる豪華マンション。家具付き、エアコンや電子レンジなどの設備、カーテンが付いて一ヶ月やはり、1600元プラス管理費と言うことであった。彼女の給料は3000元弱であるが、彼氏が別の会社で働いているため、其処を借りているらしい。それでも、将来子供が出来たら家を買わなければいけないとのことで、貯金を増やすためにもっと安い1000元前後の部屋を探しているらしい。

前述の男性に、部屋を借りるための、日本で言う権利金とか敷金とかいうものについて聞いてみた。それによると、部屋を借りるに当たって最初に必要なのは、家賃2か月分の権利金(彼の場合は3200元)、1か月分の前家賃、半月分の不動産紹介手数料ということであった。つまり5600元が必要であったと言うことである。ただし、3200元の権利金は、その部屋を出るときに、原則払い戻しされるとのこと。

過去に投稿したことがあるが、現在恵州市内はマンション建設ラッシュが続いており、結構売れ行きもいいようである。中古マンションも結構売りに出されている。住宅価格は一時大幅に値下がりし、投資目的で購入した人の中には損をした人もいるらしい。しかし、多くの工場従業員が市内にマンションを借りており、その需要は少なくない。そして、経済恐慌のまっさだなかであるにもかかわらず、恵州の新築マンションの販売価格は、早くも値上がりに転じていると言うことである。政府の経済政策が功を奏しているということなのか、それとも中国人の投資意識が強いのか。

私はというと、相も変わらず、会社の寮に住み、仕事仕事の日々なのだが、たまには外のマンションに住むのも良いかな?などと思ったりしている。まあ、現実には現在より楽な生活は無く、通勤の煩雑さなどを思えば、会社の寮がベストであるのだが。
[PR]
by wata1150 | 2009-05-29 09:29

端午節

5月28日は端午節と呼ばれる中国の休日である。旧暦の5月5日であり、日本では新暦で5月5日を端午の節句と呼ぶ。基本的には同一の意味であろうと思われる。但し、日本では子供の日とも呼ばれ、子供の健やかな成長を祈る日であり、また特に3月3日の桃の節句が女の子の日であるのに対し、5月5日は男の子の人も認識されている。

中国では、端午節の意味は同じだが、いろいろな人に聞いてみると、どうも家族の日(ファミリーデイ)的意味合いが強い気がする。家族で集まって一緒に食事をするとか、パーティをするとか、そんなことをする人が多いようである。

最も、我が社ではスタッフやワーカーさんのほとんどは、遠い故郷からの出稼ぎであり、たった一日だけの休みで帰省する人はほとんどいない。みな、遠くに住む家族に電話をする程度で済ましている。とはいえ、我が社も、国家的休日とあっては、勤務日とするわけにもいかず、全社的休日である。みな、ゆっくりと家族と共に過ごすか、寮で家族に電話するなどして過ごすらしい。

私は・・・特に計画は無いが、会社の誰かを引っ張り出すわけにも行かず、寮でゴロゴロするくらいしかないような気がする。せめて、恵州にでも出かけ、町の中を散歩がてらスーパー巡りをしたり、いきつけのお茶屋さんに行って、お茶談義でもしようかと思う。あるいは、散歩しながら、買ったばかりのカメラを持って、決定的瞬間とは言わないまでも、スナップでも撮り漁ろうかとも思う。
[PR]
by wata1150 | 2009-05-28 12:35

デジカメ購入

先月、恵州でデジカメを掏られてから、すっかり落ち込んでいて、ブログの更新意欲も低下し、会社が忙しいこともあって、デジカメのこともあまり意識しなくなっていた。

中国にいたときには、インターネットの価格比較サイトでRICHOのR-10、CX-1とか、PanasonicのTZ-7とか、いろいろ当たってはいたのだが、インターネットで買うわけにも行かず、候補機種を絞る程度に情報を入手していた。

迷っていたのは、4万円以上を支払って比較的高性能のモデルを買うか、2万円程度でその代わり、機能や性能について妥協するか、と言うことが主だった。そして、それは現物を見てみないとなんとも決められないと言うことが結論だった。

今月、2週間ほど日本に出張する機会があり、ホテルの近所のビッグカメラに出かけた。タッチパネルでモードを操作する機種があった。しかし、店員さんが、LCD表面に傷がつくということで、あまり推薦はしてくれなかった。レンズ径が大きいほうが、画面が明るく、ストロボ無しでも、撮影しやすいと思えたので、レンズ径の大きなものを選んでみた。

また、従来使っていたリコーのR-7の経験から、ズーム倍率の比較的大きなもの、そしてシャッターのレスポンスのいいものを見て回った。倍率の大きなカメラでは、最小倍率で撮影し、最大倍率で見てみると、ピントのしっかりしたものとか、画像の切れのよしあしなどが確認できる。やはり、CANON、リコー、富士など本来のカメラメーカが生産しているものは比較的しっかりしていてよさそうである。一方本来電機メーカーであるメーカーが生産販売しているものは、多少難が有ったりする様だ。コンパクトデジカメで、一眼タイプではないのだから、一般的には使用できるのでは有るが。

一眼タイプのカメラは、シャッターボタンとカメラシャッターの動作が連動しており、タイムラグは無い。しかし、コンパクトデジカメは、多少にタイムラグを持つ。オートフォーカスの時間や、ストロボのチャージ時間などが必要だからだと思う。しかし、従来使用していたR-7は短かった。それでフィルムカメラ並みにシャッターボタンを押しても、ピントも合っており、それなりの写真が撮影できた。この性能はやはり、リコーがいいようである。電機メーカーの者はシャーったーを押してからしばらくして、シャッターが切れる感じで、しっくりしない。

散々選びまわって、最終的にはCANON SX-200を購入した。
e0026744_12284465.jpg


12倍ズーム、1.2メガピクセル、動画撮影可能、など特徴はいろいろある。が、ピントがしっかりしており、レンズ径が大きくてストロボなしでも結構暗いところでも撮影できることが私にとっては決め手となった。一眼レフ程度の性能は期待できないにしろ、普段思いつきで撮影する分には、それなりの画像を提供してくれると思われる。

使いこなすには多少時間が必要なようだが、半年後にはそれなりに使えるような気がしている。
[PR]
by wata1150 | 2009-05-28 12:29
全世界に蔓延しつつある新型インフルエンザ H1N1。ここ中国でも数人の感染者が発覚し、隔離されたり、入院されたりしている。その情報は在中国日本大使館からのE-Mailによって知ることが出来る。たとえば5月22日はこんな風であった。[在中国日本国大使館]新型インフルエンザ情報(NO.19確定6例目)。1.5月22日、中国衛生部は、北京市にて新たに1名の新型インフルエンザ感染者が確認されたと発表しました。中国での感染確定者は、これで四川省1名、山東省1名、広東省1名、北京市3名の計6名となりました。

日本では人から人への感染から急速に感染者数が増えているが、中国ではほとんどそのようなニュースは流れてこない。したがって、何処まで感染が広がっているのか見当もつかない。市内を見ても、少なくともここ恵州ではマスクをしている人は見かけない。しかし、人から人への2次、3次感染があってしかるべきで、相当な範囲で感染は広がっていると見るべきであろう。しかし、現実にはいろいろな情報が、唯一インターネットを通じて、中国以外の国から流れてくるのみである。

すべての情報を無制限に中国国内に流せば、パニックになりかねない。必要な抗ウイルス薬のタミフルやリベンザなどの奪い合いなどの事件も起こりかねない。したがって、情報制限が掛かるのであろう。確かに、市民の多くは外国とのなじみが無い。従って、外国のことなどは念頭に無い。

また、ほとんどの市民は多くの情報から必要な情報を趣旨選択し、正しい状況を判断し、正しい対応をする訓練に乏しいような気がする。従って、情報に対して、過激な反応をしがちであり、情報を出す側も、その情報を出した結果、どのような事態が発生するかを想定した上で、情報を出してゆくことになる。こういった状況は、日本やアメリカなどと大いに事情は異なっている。私のような日本人にとっては情報不足もはなはだしいのだが、中国人にとってはそのようなフィルターをかぶせないと、情報を発信できないのであろう。

先週、先々週と2週間、私は日本にいた。外にでれば、マスクをし、電車に乗ればマスクをし、最低限度の予防をしていた。おかげで、今のところ咳や発熱などの症状はないし、感染している自覚も無い。感染予防対策が功を奏したとは思わないが、ニュースでいろいろな情報が流されれば、その情報を元に自分なりの判断が出来る。中国ではなかなかそのような情報にはめぐり合えないので、大使館のインターネットメールに頼りきっているのが現実である。

今回の新型インフルエンザは「毒性は強くない」とか、「高齢者には免疫性を持つ人が多く、感染、発病しにくい」とか「抗ウィルス薬のタミフルやリベンザが有効」とかさまざまな情報が日本のサイトから入手できるので、比較的落ち着いているのだが、糖尿病で自己免疫性が低下している可能性のある私としては、なにかにと可能な範囲での予防措置をとることにしている。
[PR]
by wata1150 | 2009-05-26 10:22

難問山積

ずっとブログの更新を怠っていた。なぜかと言うと、ブログを書くにはエネルギーが必要で、精神的集中力が必要だからである。そして、ここ最近は、何かとすることが多く、ブログの文章に集中する時間が無かったからである。(これは言い訳でしかないのだが)

さて、早くも2009年5月も終盤である。5月は稼働日数が少ない。5月の始めに労働説の休日があり、終盤には(今年は5月28日)端午節の休日がある。休みが多く、時間的には余裕があるはずなのだが、実際はあまり余裕が無かった。2週間の日本出張、その準備と結果の整理、何社かの来客接待など、結構すべきことが多い。

また、日本語のできる女性スタッフが2名相次いで妊娠し、この秋にそれぞれ出産するため、出産休暇に入る前にその対策を決め、準備をしておかなければならない。さらに、昨日生産部の通訳をしている
スタッフの妊娠情報が入ってきた。なんと、この秋から冬には4名いる日本語に出来る女性のうち3名が、出産と言うことになった。

会社の仕事も難問山積である。最大の問題は、農民工と呼ばれる工場ワーカーが集まらないこと。中国国内の情勢を分析した報告書などを読むと、一応、それらしき理由は見つかる。沿海地域の労働集約型工場はどこも人手不足らしい。実際、私が勤務する会社の周辺の工場でも人手不足に陥っているらしい。絶対的な労働者の供給不足になっていると言うことなのである。

この労働者不足について解説するのは別の機会にする。我が社の労働力不足を見てみると、最低でも必要生産数を満たすための人数と比較すると、おおよそ30%ほど不足している。仕方なく、当面は客先には納期遅延を連絡し、必要な場合には他のサプライヤーを探すことをお願いしている。営業担当者にとってこれは非常に苦しい仕事であろう。

昨年来の金融恐慌による需要の減少は、少なくとも我が社においては底を打った感じがする。客先からの注文の絶対量は昨年のピークの70%以上にはなってきている。一時、30%以下まで落ち込んだことを思えば、急速な回復といえないことも無い。欧米向EMS企業からの注文は回復し、一部の客先の注文には、前期の労働力不足の問題から、供給を断るケースも発生し始めている。

それに比べ、日系の客先の回復は鈍い感じである。大手電機メーカー、大手事務機メーカーなどで話を聞いても、2009年度前半はあまり回復の兆しがないようである。後半に入って、回復基調に・・・という答えが多い。ただ、この期を生かしてコストダウン、設計改善、新規開発といった動きは拡大しており、それに対応した要望が相次ぎ、我が社の技術開発部門、日系客先対応の営業部門などは業務量が増えている。

このような動きは、中小企業である、我が社にとってはうれしくもあるが、一方厳しい面もある。業務量が増えれば、担当スタッフの労働時間が増え、人件費が拡大する。販売を伸ばしたくても延ばせないこの時期において、人件費やそれに伴う諸費用の拡大は辛い。それで会社が倒産するわけではないが、赤字幅が膨らむ、あるいは利益を削ってしまうことになるからである。

2週間ほど日本に滞在したが、結局自分の家に帰り、家族と顔を合わせた時間は3日間だけであった。パソコンを持っていったのだが、開いて遊ぶ時間も無かった。以前は日本に帰ると多少忙しくとも、精神的にはリラックス出来、体調を整えることも出来たのだったが、今回は中国に帰ってから、疲労を覚え、未だに疲労が抜けきらない。

「一難去らずに、さらに一難」という感じである。ここが「踏ん張りどころ」か。
[PR]
by wata1150 | 2009-05-25 21:40
今日、香港から関空に着いた。ラオパンと同行の日本出張である。関空に降り立ってみると、多くの空港スタッフがマスクをしている。イミグレーションやカスタムクリアランスのスタッフだけではない。バッゲージクレームのスタッフや、航空会社の地上スタッフもマスクをしている。イミグレーションの前に体温測定のカメラが設置されており、その脇で、スタッフが健康質問表を直接口頭確認しながら回収していた。当然、時間もかかるはずである。それほどの帰国者、日本入国者は多いとは思えないのだが、飛行機がランディングしてから、帰国ロビーにたどり着くのに一時間はたっぷり掛かっていた。

豚インフルエンザの影響がこれほど日本でも騒がれているとは思わなかった。タミフルなどの抗ウイルス薬もしっかりと備蓄してあるし、中国や中後進国とは異なって、大騒ぎになっているとは思っていなかった。

今日、機内で深圳にある人材紹介会社の日本人女性スタッフとたまたま一緒になった。この女性は中国人男性と結婚し、3歳になる娘がいるのだそうだ。ところが、昨年にインフルエンザ脳症を発症し、障害者になってしまって、治療のために日本に帰国したり、中国に戻ったりで仕事はこのところ手についていないとのことであった。インフルエンザウイルスが脳に回り込んで脳組織を破壊するのであろうか。

私は、もう十年近く糖尿病と付き合っている。糖尿病にかかると、体の免疫性が低下する。したがって、私はインフルエンザに感染することは禁物である。重症になる確率が高いからである。中国にいても香港に出かけたり、上海に出かけるようなときには、マスクをしたり、うがいや手洗いを欠かせない。関空に到着し、多くのマスク着用者を目にしたとき、これはえらいときに来てしまった、と心から思った次第である。

今週から2週間の日本滞在である。大阪に2日滞在、その後九州経由、名古屋、愛知、岐阜を回って新横浜に3日滞在。来週は2日ほど仙台の我が家に戻り、来週後半には熊本、東京と回り、土曜日に中国に戻る予定だ。マスクをし、うがいと手洗いをさらにまめにやりながらこの2週間を乗り切りたい。
[PR]
by wata1150 | 2009-05-10 23:11