中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

妻が恵州に来た。---3

恵州で私たちが泊まったホテルはK国際ホテル。恵州では唯一(?)の五つ星のホテルである。
e0026744_23364577.jpg

このホテルの売り物はなんといっても西湖。恵州最大の観光名所である恵州西湖のまん前に建っている。
このホテルの部屋からの眺めは最高。昼の西湖。
e0026744_2335113.jpg

この湖の周辺は散策路になっていて、週末ともなると大勢の市民が朝から夜までこの散策路を埋め尽くす。この日は週末ではあったが、あいにく台風の影響で雨模様。したがって、市民の出足はさほどではなかったが、それでも多くの人が散歩を楽しんでいた。

そして夜の西湖。
e0026744_2335578.jpg

雨模様とあって、ライトアップされた西湖もかすんではいたが、それでも十分に美しい。晴れた日にまた一度西湖を撮影したいとは思うが、この辺の夜はなにかと物騒であり、決して治安は良くないという。ホテルに宿泊するお金持ちの中国人や、外国人を狙っての窃盗や傷害事件が後を絶たないのだという。

この日は日曜日であった。妻と私は、外出するのを遠慮し、昼食時に市内まで出かけ、ついでに近所の大きなスーパーに寄って、売っているものを眺めて過ごし、夕食はホテルの2階にあるイタリアンレストランで済ませた。

明日は香港に移動する。
[PR]
by wata1150 | 2008-04-29 23:38 | 日記

妻が恵州に来た。---2

妻の滞在予定は4月18日夕方恵州着、19日私が勤務する会社訪問、幹部との挨拶、午後から恵州市内を散策、4月20日は自由行動。そして21日恵州発香港着。老板一家との会食。22日は老板の家族と香港観光。その間に私は恵州に戻って勤務。23日は私とともにマカオに一日観光。24日午前はショッピング、午後3時過ぎの便で日本に帰国、と言うことで多少あわただしい日程が組まれた。

私は、会議やら来客やらと日程がふさがっており、私に代わって老板が前面サポートしてくれることになっているのだが、なんとも申し訳ない気持ちがする。

さて、私は恵州に来て初めてホテルに泊まり、朝は妻とともにホテルで朝食をとり、それから出勤である。30分ほど悠々と遅刻して会社に行った。私のオフィスに連れて行き、董事長(老板)、総経理、各部門経理、私以外の2名の副総経理に挨拶をした。妻が用意していた手土産を渡し、それから私のオフィスのメンバーを紹介した。

それが済んでから会社の工場内を案内した。妻曰く、40年ほど前の日本の工場の雰囲気だと言う。工場外観や内装は現代的だが、多くの若い工員さんがラインに並んでおり、人海戦術による生産方式を見てそう思ったのだという。確かに今はこのような光景は日本では見られなくなっているとは思うが。

私は会議に出席をする為、抜け、妻は日本語が達者なスタッフの一人とともに恵州市内散策に出かけた。私の部門の部門経理主催の夕食会が行われる予定なので夕方6時にレストラン集合と言うことで。

夕方から市内の広東料理レストランで夕食会。妻は中国家庭料理的で食べやすいといって、よく食べ、よく飲んでいた。10時前頃に解散。折からの台風襲来で、豪雨の中ホテルに戻った。

翌日は日曜でフリータイムの予定である。
[PR]
by wata1150 | 2008-04-28 01:06 | 日記

妻が恵州に来た。---1

昨年来、老板や総経理から何度か恵州に来るよう誘いは受けていたのだったが、彼女の仕事が忙しいこともあって、なかなか来る事が出来ずにいたのだった。この度、私のマイレッジの期限が過ぎると言うせこい理由があり、また4月の後半から5月前半は彼女の仕事も少し暇になる時期でもあって、やっとくることを承諾してくれたのだった。

4月18日大阪から香港に到着した。彼女は私に較べたらはるかに海外経験も少ないし、ましてや香港は初めてということもあって、私と老板と二人で香港空港に出迎えに行ったのだったが、到着時間になって、更に一時間を過ぎてもなかなか現れない。香港特有のイミグレーションの待ち時間の長いせいもあるのだろうと、辛抱して待っていた。ところが、次の日本からの便の到着の客が出口に出て来始めた。が、それでも彼女は現れない。

香港空港は出口がAとBの2箇所に分かれている。電光掲示板では彼女が乗っているはずのJL701便はAの出口と表示されている。あまりに出てこないので私は老板と手分けして、私はB出口、老板はA出口に待つことにした。

飛行機が到着してから約一時間半ほどして、やっと私の携帯が鳴った。A出口に彼女が現れたと言う。行って見ると、彼女の名前を書いた紙を持った老板がニコニコしながら私を見ていた。妻に聞いてみると、なんと、女性用トイレ待ちに時間がかかったのだという。確かに香港空港のイミグレーションの前にあるトイレは時間帯にもよるのだろうがいつも多くの人が並んでいる。携帯を持っているのだから、連絡してくれたらいいのだが、香港からどうやってかけたらいいのかわからないので、電源を切っていたという。

私の妻に、ピックアップしてくれたのが会社の老板だと紹介すると、いきなり驚いた。彼女は彼をドライバーと間違えていたらしい。まあ、うちの老板はそれほどに気さくな人ではあるのだが。

空港の駐車場で待っていた会社の車で皇崗口岸のイミグレーションに向かった。香港から中国に国境を越える。しかも車に乗ったままで。彼女にはこれの感覚が分からない。会社の車は本来香港登録の車で右ハンドルなのだが、同時に中国のナンバーも取得していて、この車に乗って中国内も走ることが出来る。香港側の国境を越え、中国側の国境を越えて中国に入る。皇崗口岸から恵州のホテルまではほぼ一時間半のドライブ。

夕方6時半に宿泊先のK国際ホテルにチェックインした。このホテルは恵州では唯一の5星クラスのホテルである。無論内容においては香港や上海の5星ホテルには及ばないのだが。このK国際ホテルは我が社に来るお客さんのために、契約しているホテルで一般よりは割安で泊まれる。恵州の唯一の観光名所「恵州西湖」の目の前にある。部屋は西湖を望む側に会社で予約していた。

夕食は恵州市内の海鮮料理「豪記」。一階に生簀があり、イセエビや各種の魚を注文して料理してもらう仕組みである。蛇や鰐のような爬虫類、ゲンゴロウみたいな水生昆虫、亀などもいる。ちょっとした水族館のようになっていて、食材を見た後、客室で料理を待つ。

この日は、日本の重要な客先であるC社の蘇州工場から日本人3名、中国人2名がきていて、一緒に食事をすることになった。客先との食事接待で、妻が隣にいるというのはなんともぎこちなく、また緊張する物である事を知らされた。食事の後は通常であれば客先様と一緒にカラオケに繰り出すのが常なのだが、さすがに今回は、私はキャンセル、老板や総経理に後事を託してホテルに引き上げた。翌日は我が社訪問の予定である。
[PR]
by wata1150 | 2008-04-27 00:31 | 日記

久しぶりの自分のブログ

久しぶりに、以前の方法で、自分のブログを見ました。やっぱり、懐かしい感じでしたね。
つまり、私は今日本にいるというわけです。急に日本出張になり、横浜に滞在しているのです。

情報規制が無い環境、なんともすばらしいと思います。そして速いDL速度、これもまた良い。ネット環境は明らかに日本がすばらしいと思いますね。香港も結構速くて快適なんですが、海外サイトへの接続はそれほどでもないような気がします。その点は日本のほうがベターかな。

4月になり、10日も過ぎたのに、一回も更新していなかったのですね。私は。仕事で結構忙しくしていたせいもあるけど、やはり自分のブログが思うように見れない、ブログ友達のブログを見るのもままならないと言う環境が、自分をブログから遠ざけたのでしょうね。

上海在住のあるブログ友達は、規制解除するまで休止するという宣言をしていましたし、ほかの中国在住の方々も、アクセス回数はめっきり落ちてきたような気がします。私は、香港とか日本とか、中国以外の地域への出張も時々はあるので、せめてそう言ったときにでも、何と集中して更新していきたいと思います。

今回は5日間の日本滞在、13日に中国に戻りますので、それまでせっせと友達のブログを覗きに行きたいと思います。
[PR]
by wata1150 | 2008-04-09 23:33