中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー

<   2005年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

9月にも風邪を引き、やっと治ったと思ったら、また風邪を引いてしまいました。
夜遅くまでお客さんの接待で日本料理を食べ、そのあと帰宅したのですが、どうも、会食前から調子が悪くなり、会食中は必死の思いで鼻水をハンカチで押さえていました。家に戻ってから”柴胡散”という、漢方薬を飲み、あわせて、日本から持ってきた”感冒薬”を飲みました。が朝、出社間際に検温すると、37度2分、これでは仕事にならないと、近くにある日本人向けクリニックに出かけました。
近くにある”太陽広場”というビルの一階にあります。入ってみると、こぎれいで、日本にあるクリニックよりも清潔そうです。入ると、受付カウンターがあり、初めてなのですが、風邪を引いたようなので・・・、と伝えると、カルテと問診票に記入してください、とのこと。なんと非常に上手な日本語を話す、中国人の女性です。
心配な支払いの件を聞いてみました。日本の健康保険適用可能。この場合は診断書を日本で健保に提出すれば、お金が戻ってくる。但し、3割は本人負担。
クレジットカード付帯の海外損害保険、障害保険なども適用可能。同じく診断書を日本で提出すれば、お金は戻ってくる。一番簡単なのは、日本を出るときに障害保険や損害保険に入ってから出国すること。その保険証券を持参すれば、あとは何もいらない。傷害保険や損害保険は全額保険会社で負担するから、個人負担はなし。但し、私のように、以前から病気治療を受けていた場合は、その病気の治療費はでません。健康保険で処理できるとの事。
e0026744_21161757.jpg

さて、カルテと問診票を書き終わって、提出すると、再度問診しますとの事。問診カウンターがあり、なんと日本人の女性が、症状、既往症などを事細かく聞き、書き入れていきます。で、診察券が発行され、あと、30分くらいで、診察できますのでお待ちください、と説明を受け待合室のベンチへ。
診察室は5室ほどあったでしょうか。ひとつを除いて、全て日本人のドクターの名前が書いてあります。30分と言われましたが15分も待たずして、名前を呼ばれ、診察室の一室へ。通常の日本のクリニックと同じ手順で聴診器をあて、呼吸音を聞き、のどを調べ、”風邪でしょう”とのこと。私は糖尿なので、免疫力が弱いので、抗生物質の点滴をしていただけますか?と聞くと、ここでも点滴はできますのでどうぞ、と、看護婦さんの後について処置室の奥の点滴室へ。
これまた、日本語がすごく上手な中国人の看護婦さんが、慣れた手つきで”ちょっとチクッとしますよ”と言いながら点滴の針をいれ、30分で終わりますので、ゆっくりしてください、と言って戻っていきました。点滴の機材は、完全に使い捨てで、日本と同じ清潔度ですから心配は無いとの事。
30分をちょっとすぎたところで、点滴終了。待合室に戻り、待つこと2-3分、名前を呼ばれ、薬局で薬をもらう。抗生物質、消炎剤、咳止め、総合感冒薬を一週間分もらって、会計へ。
金額を聞いて”ガーン”。1700元(約24000円)なり。初診料580元、治療代と薬代で1120元ということ。ま、日本で医者にかかれば初診料込みで、健康保険で、5000円から6000円程度か。ま、そんなもんだろう。クレジットカードでの支払い可能とのことで、一安心。
で、診断書(別に100元必要)は自宅に2-3日で郵送するとの事。
e0026744_21171073.jpg

で、一旦ベンチに座ると、薬をチェック。な、なんと。全て中国の製薬会社製で、薬の名前も漢字表記。アチャー。どんな薬なのか、調べられないかも。ま、仕方が無い。ここは中国。
[PR]
by wata1150 | 2005-10-28 21:16 | 上海
e0026744_20284925.jpg
家の近所に、ポストと電話ボックスがあります。ポストは、日本では“赤”が一般的ですが、中国では“緑”が普通です。道路を10分か15分も歩くと、必ず、ポストが見つかります。そして、色は“緑”です。周りに並木があったり、緑の多いところでは、結構見つけにくいのですが、それでも緑です。赤だったら見つけやすいのに・・・と思うのですが。ま、普段ポストのお世話になることは無いので、大勢に影響はしないのですが。
e0026744_20301565.jpg
緑のポスト以外の色は無いのかな?などと思いながら歩いていたら、ありました。“赤”が。公衆電話のボックスです。日本では“緑”“ピンク”“灰色”など、機能により、色分けされています。昔は“赤電話”は公衆電話の代名詞として使われていましたが。中国の“赤電話”です。中の電話は“オレンジ色でしたが。上海ではそのほかに、街角の新聞屋さんや、タバコ屋さんの店先でも、公衆電話を見ることが出来ます。黒や灰色の物も見ましたが、これは”赤電話“が多いようですね。でも、最近は携帯電話を所持する人が多くなり、公衆電話を利用する人は徐々に減っているとか。日本と同じように、公衆電話も早晩、少なくなってゆくのでしょうね。
所変われば、色変わる、でした。
[PR]
by wata1150 | 2005-10-24 20:31 | 上海

電気釜を買いました。

電気釜を買ってきました。
上海に来てから3ヶ月、いつも3食外食か、コンビニ弁当の毎日。これでは栄養が偏り、体力が持たない。何とかしなきゃあ、と思っていましたが、自分で自炊するには勇気が要ります。
日本で、横浜の会社に勤務していたとき、やはり単身赴任で、外食半分、自炊半分でしたが、日本の場合は、自炊に必要な情報は簡単に手に入ります。食材はどこで売ってる?道具はどこで買う?作り方はどうすればわかる?調味料は?などなど。
判らないときは、エイ!と気合を入れて作れば良い。失敗したらやり直しすれば良い。それでもダメなら、かみさんに電話して聞けば良い、それでもダメなら別なメニューに急遽変更。大概、どうにでもなりました。
で、上海に来てみたら、スーパーに行っても、日本と同じ調味料はない。似たような物を探そうにも、書いてあることが判らない。中国語がわからないので、店員さんに聞くこともできない。食材も似て異なるものは有るけど、同じものは無い。鍋釜にしたって、中華なべばかりで、しょうがない。
で、なかなか自炊する勇気が無かったのです。
もちろん、外資系スーパーだとか、日本食在を売っている店だとか、あるにはあります。でも、値段は日本の数倍はします。そんな材料を買って失敗しないで作ったって、外食の方が安いし、失敗したらダメージ大きいし。で、今までは、ガスコンロはあっても、水餃子を作るくらいしか、やっていませんでした。
でも、休みの日は時間はあるし、特に雨の日はすることがなくなるので、まあ、ご飯と味噌汁くらいは自前でつくり、おかずは冷凍品を買ってきても良いか、と思い、電気釜を買うことにしたのです。
家楽福に行きました。安いのから高い物まで様々です。よくみると、日本ブランドの象印とか、PANASONICだとかの、知っているブランド品は500元から800元位します。それに比べて、中国ブランドのものは99元からせいぜい300元程度です。どうせ、それ程は使わないかもしれないと思い、品質的な心配、それ以前に日本ブランド品と同じようにできるかどうか心配でしたが、思い切って中国ブランド品を買いました。139元。
次に3Fの食料品売り場に。米を探しました。中国産米に混じって、タイ米が結構売られていました。日本ブランド米も一品種だけありましたが、生産地は中国でした。結局、タイ産の米を買いました。私の直前に買った人が二人とも同じものを買ったので、私もそれを買ったという自主性の無い理由でそれを選んだだけですが。5キロで41元(約570円位)でした。
家に帰って、早速炊飯です。使い方は説明書に書いてあるのですが、当然読めませんので判りません。日本でやっていたと同じやり方で、エイ!とスイッチを入れました。20分程度で、ピーピー!出来上がっちゃいました。ちょっと待て、蒸し上げは出来てないかも・・と思い20分ほど待って、それからおもむろに釜のふたを取り、覗き込むと、一応出来ているように見えます。箸でつまんでみると、“お!結構いけてるジャン!”早速、インスタント味噌汁と缶詰で昼飯を食べました。これで、自炊のバリエーション広がるかも。
[PR]
by wata1150 | 2005-10-23 21:09 | 日記

上海の友達

以前勤務していた会社にいたときに、上海にお客さんとして存在していたIM社の我々の担当窓口だったWL氏に3年ぶりに会いました。
彼は既にIM社を2年前に退職し、BK社に再就職し、経理(部長職)として活躍していました。IM社もBK社もアメリカ系のIT関連のディストリビュータです。BK社は年商10億ドルのグローバル会社です。彼は年齢的にはまだ32歳か33歳のはずですから、若い部長さんです。
給料も聞きましたが、中国人としては、びっくりするほど高い金額でした。そのほかに成功報酬もあるとのこと。さすがアメリカ系の会社です。
彼はそんなに英語は上手かったかな?私の記憶では、言いたいことが、なかなか英語で表現できず、私のスタッフに通訳を頼んでいたほどだったはず。今回会ってみると英語力は格段に上手くなっており、難しい表現をスムースに判りやすく表現します。努力は見えないところで一生懸命やってきていたようです。
以前の会社を退社したいきさつを聞きました。いきさつは単純でした。リストラ。前の会社も販売会社でしたが、彼が扱っていた分野の販売が伸び悩み、中国国内メーカーの販売が強すぎて、これ以上販売が大きく伸びることは無いとアメリカの本社が判断し、リストラを指示して来たのだそうです。で、ある日彼は、突然”クビ”を通告され失業したのだそうです。でも、以前の会社のメンバーとは頻繁に交流しており、かなりその動向も知っていました。以前の会社は中国でNo.2でしたが、最近No.1の会社を買収する動きが出ているとのこと。(ん?これは、書いたらまずいかな?極秘情報!・・・・・・まあ、いいか。)
2ヶ月浪人した後、BL社に再就職とのこと。いまはBK社の中国国内の販売企画、マーケッティングの責任者です。上海周辺、及び華南地域に分布する製造会社の管理もやっているとのこと。
私の今後の業務展開にも役立つかも・・・と思いながら、BK社の中国での活動を聞き、3年前の知人、友人の動向を話しました。今度は古北方面で飲もうと約束して別れました。
彼はまだ十分に若いし、見かけも華奢な感じで、顔も童顔なので、一見この人が・・・という印象を持ちがちなのですが、なんのなんの、クビになっても、それをばねにして次の職を探し、這い上がってゆくたくましさを感じ、見習わなければと思いました。
[PR]
by wata1150 | 2005-10-22 09:40 | 日記
上海に来てから、3ヶ月がたちました。
早かったな、と思う一方、やっと3ヶ月か、と思うところもあります。この3ヶ月を振り返ってみると、あまり成長はしていないなあ、という実感です。
無論、この3ヶ月間にかなりいろいろな所に行きました。香港、日本への出張、シンセンや肇慶、蘇州といった国内出張、上海市内の観光スポットの探索など。地図を見ながら、大概のところには、自由にいける自信もつきました。
中国語会話のレッスンも始めました。中国人の友達も出来つつあります。そして何より、ブログを3ヶ月、続けてきました。(最近は少し、物を見る目に新鮮さが薄れてきたかな、という思いはありますが。)
でも、何か成長したという実感はないのです。ま、そのようなものかもしれません。5年、10年と生活し、活動をしたときに、初めてすこしづつ判ってくるのかもしれません。
いろいろな人の体験事例をみていると、3年かかった、10年かかったなどという人がほとんどで、3ヶ月などあまりに短い期間で何かが変わってきたなどという事例はなさそうです。
しかし、私はその年齢のこともありますし、若い人の数倍の速度で自分を変革していかないと、中国に駐在し、業務目標を達成できないかもしれないという、焦りにも似た感じがあります。
これから、ますます行動半径を広げ、交友を広げて行かなければいけないと思います。
[PR]
by wata1150 | 2005-10-21 21:10 | 日記
何度も述べたが、上海に駐在して最大の課題は言語障害。それで同僚のF氏は2ヶ月前から中国語の会話のレッスンを始めている。単語の数が増してきているので、生活上のいろいろなシチュエーションの中で、中国語の単語が飛び出してくるようになった。私も、頑張らなくては!と、一大決心をし、会社のHさんに先生を紹介してもらった。
姚さん、がその名前である。彼女は上海市内にある大学の日本語学部の4年生。他にもアルバイトで日本人に中国語を教えているらしい。先週、面接をし、今週から自宅に来てもらい、教えてもらうことにした。授業料は一時間40元、一回2時間で80元、それに交通費を10元渡す。
週2回なので、一ヶ月では720元(約一万円)になる。中国の物価を考えれば、結構良いアルバイトだと思う。
今日はその一回目、夕方6時から8時まで。ピーインと呼ばれる、日本語で言えば”あいうえお”に相当する基礎と”四声”と呼ばれる発音の抑揚の基礎を教えてもらった。はっきり言えば、私には中国語会話ができないのではないかと思えるほど、難しい。特に四声はできない。
同じ音を発音しても、抑揚により意味は全く異なってくる。日本人は同じ発音でも、そのときのシチュエーションで意味を理解する。”端”、”橋”、”箸”、全部”はし”と発音するが、意味を間違える日本人はいない。だが中国語ではその抑揚によってどの漢字に相当するのかが決まるのである。どんなに中国語が上手く話せる日本人でも、四声を完全に使いこなせる人はいないのではないかと、勝手に自分を慰めてみる。
ま、いいか。やっているうちに、そのうち展望は開けるかもしれない、と少々居直ってしまった今日のレッスンでした。
前の会社の同僚で、いまは悠々自適の生活を送りながら中国語の勉強をしているH氏を思い出した。彼は数年前から趣味で中国語の会話を習っており、その語学力を生かして、何度か中国にも旅行しています。彼に会ったり、電話をすると中国語での挨拶を受けます。せめて何とかH氏と同等にはなりたい。いやそれ以上にはなりたい。何せ毎日生きた中国語に接し続けているのだから、と思いました。果たして、1年後TADAの中国語のレベルは?”請う。御期待”です。
[PR]
by wata1150 | 2005-10-20 05:39 | 日記

上海野生動物園

日曜日、快晴である。上海野生動物園というところがあることを観光雑誌で知り、出かけてみることにした。上海体育館から万野線という路線バスの終点が野生動物園。片道たった7元。
ところが、行けども行けどもたどり着かない。1時間30分、乗り心地の悪い上海の路線バスに揺られ、やっとたどり着いた。
e0026744_21334933.jpg

入園料は92元。上海人にとっては決して安くは無い料金だ。日曜日で、快晴という好条件にもかかわらず入園者はさほど多くはない感じ。上海市内から割合に遠いことと、入園料の高さが影響しているのか?
中に入ると、真っ白な鳩の群れの歓迎。5元で鳩のえさを買い、近寄るといきなり、手といわず、肩や頭にまで鳩が止まってえさをねだる。囲いは無く、奥に鳩小屋があり、鳩は自由に外に出たり、えさをねだったり。
鳩に限らず、主だった動物は、囲いが無い小屋を棲家にして、気が向けば入園者の近くに寄ってきてえさをねだったり、ポーズをとったり。アライグマや、名前はわからなかったが、手のひらに乗ってしまいそうな小さなサルなどは直接触れたり、えさをあげたり、じゃれあったりできる。猛獣の虎、ライオン、熊なども、直接入園者とふれあい、並んで写真を撮り、頭をなでられたりして、大サービスしてくれるコーナーもある。私も何度かいろいろな動物園に出かけたが、虎やライオン、熊と戯れたのは初めて。内心びくびくしながら、記念撮影。
虎の毛がにおいも無く、あれほどやわらかく、綺麗だとは知らなかった。昔、虎の毛皮をコレクションのために、アフリカで猛獣狩りが行われたことが、なんとなく納得できる気がした。
熊の毛は非常に硬い毛髪を更に硬くした感じだが、バリバリとしたものではなく、顔をつけても痛くは無かった。
e0026744_21461844.jpg

通路を歩くと、熊が2足歩行で飼育係のひとと、入園者が歩く通路を散歩中。入園者に愛想を振りまいて去って行った。
園の半分はいわゆる”サファリパーク”。猛獣の放し飼い地区。熊、虎、豹、チータ、ライオンなどが園内をのし歩いている。入園者はバスに乗って園内を通過する。バスの通路を熊がのし歩き、バスが立ち往生も。ライオンは元気がよく、走り回っているし、汚れも無くて、痩せてもいない。25分ほどでバスは一回りして帰って来る。過去に、バスが園内で故障し、乗客が騒いでバスから外に出たため、数人が猛獣の餌食になった事故があったそうな。そのせいか、ここのバスは、エンジンの音も小さく、乗り心地もよく、良く整備されているような感じであった。園内でバスが故障してはたまらないから。
あっという間に夕方になっていた。久しぶりに楽しい時間をすごして、満ち足りた気持ちで帰路に着いた。大人が十分に楽しめる動物園だった。
[PR]
by wata1150 | 2005-10-18 22:08 | 上海
昨日、NHK-BSで首相の靖国参拝のニュースをみた。あ!また何か有るかな?と思いつつ、出社。本当は、出来るだけラフな、あまり中国人と変わらない格好で出社したかったが、客先に出かける予定があったので仕方なくスーツを着て、いつもは歩いて通勤するたかだか1.5kmほどの道をタクシーを使って出社した。ま、誰が見たって、通勤バックを持ち、ネクタイを締めて歩いていたら、中国人には見られないことは判っていたが。
会社でメールチェックすると、早速注意するようにとの大使館通達が転送されてきていた。北京では、大使館の周辺の道路が公安によって封鎖されたとか・・・。在上海総領事館からの緊急通達は出ていなかったが、北京の大使館通達がHPに出ていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(緊急)反日デモに関するご注意
(05.10.17)

1.本日10時過ぎ(日本時間)、小泉総理が靖国神社を参拝されました。中国当局はこれまで、総理の靖国神社参拝に対し一貫して厳しい態度を示してきており、本日の参拝に対しても中国政府並びに民衆から強い反応が示されることもあり得ると考えられます。

2.去る4月に北京市、上海市、広州市などにおいて大規模な対日抗議行動が発生し、その際の暴力行為により物的被害も生じました。このため、当館としては、外交部、公安部及び各地外事弁公室等に対し、在留邦人の安全確保、及び日系企業の正常な営業に支障をきたすことのないよう適切な対応を強く求めています。渡航者及び在留邦人各位におかれましても、危険な事態に巻き込まれないよう、次の点を含め十分ご注意頂くようお願いいたします。

・日本及び海外のテレビ、インターネットなどの報道に十分注意する。
・日本大使館のホームページ、外務省の危険情報などをこまめにチェックする。
・広場など大勢の人が集まるような場所に近寄らない。

3.なお、対日抗議活動を目撃した、或いは事前にこれらの情報を入手した場合には、現場に近寄らず慎重に行動するとともに、関連情報を日本大使館領事部(電話:010-6410-6970)までお知らせ下さい(勤務時間外は自動アナウンスが流れますが、音声に従って緊急連絡担当者を呼び出して下さい)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は早々に退社した。
ブログやHPを覗いてみると、やはり、小泉首相靖国参拝に対する反日行動を危惧するコメントが、あちらこちらに見受けられた。今のところ、上海においては、何事も無いかのように、平常を保ってはいる。が、ここは日本ではなく、間違いなく外国。 気をつけるに越したことは無い。
[PR]
by wata1150 | 2005-10-18 21:12 | 日記

台湾人の友人

数年間会ってなかった、台湾人の友人と再会しました。私が以前勤務していたM社の台湾の販売会社の社員のSL氏です。
当時私は台湾向けの電気部品の販売を担当していまして、年間200日以上は出張ベースで台湾を訪れていました。当時SL氏とは台湾の大手ユーザの販売担当として、私とともに毎日ユーザを訪問し、拡販を図って苦労した、いわば戦友です。
時世の流れに伴ない、数多くの台湾企業が生産拠点を中国にシフトし、それに伴って台湾の販売も中国にシフトしています。中国にもM社の販売拠点は数多くありますが、台湾企業の中国工場の場合、部品採用の決定権、購入代金の決済は台湾に残していることが多いため、中国国内の販売会社ではサポートしきれないので、台湾企業の中国工場に対するサポートは台湾の販売会社が中国国内で担当するようM社のTOPで判断したのです。
それに伴ない、台湾の販売会社は中国国内での台湾企業をサポートするスタッフを中国に数名配置し、現在に至っているのです。
SL氏は3年前に中国に来て、蘇州を拠点に台湾企業をサポートしています。
私は彼が中国にいることは知っていましたが、連絡の取り様が無く、会うことができないでいたのです。たまたま、携帯番号を知ることが出来、今日、上海で会えました。
彼の話を聞いていて、興味を持ったこと。
1.上海にいる日本人の数は短期の出張者等を含めても10万人以下。でも、台湾人はおおよそ100万人が住んでいる。
なるほど。台湾企業の中国シフトにより、台湾メーカのスタッフも相当な人たちが中国に渡って、生活をしているわけです。台湾の総人口はおおよそ2700万人。その中の100万人、つまり0.37%の台湾人が上海及び近郊に住んでいることになるのです。(本当かどうかは分かりませんが、台湾人の比率が日本人より高いことだけは事実だろうと想像できます。)
2.仮に、日本人のほぼ10倍の台湾人がいるとすると、その経済効果は日本人の10倍だということ。台湾人も、日本人も中国国内にいる限りにおいては生活コストはさほど変わらないと思われるので。
3.ただ、上海において、日本人は目立つけれども、台湾人は目立たない。なぜなら
日本人は古北路周辺のような比較的限られたところに集まって生活をしている。それに比べて、台湾人はその勤務先の所在地に近いところに住み、上海全体に広く分散して住んでいる。また、使っている言葉が中国人と同じ普通語であるため、家族を含め中国の中に溶け込みやすいので、一箇所に集中する必要が無い。
4.台湾人の独身者が中国人女性と交際し、結婚に進む人が数多くいるが、台湾人男性が駐在勤務を終え、台湾に戻る段になって悲劇が起こるケースが増えている。それは今は中台関係が微妙であり、中国人女性が台湾に結婚移住しようとしても、ビサが簡単には取得できず、数年から10年以上もかかる。そこで男性が台湾に帰国(?)してしまい、女性と子供が残されてしまう。
などなど。
SL氏も婚約者を中国に残し、10月半ばには台湾に戻らなくてはならないとのこと。
彼は会社に訳を話して再度中国に駐在できるよう願い出ているとのことでしたが、まず許可されることは難しいとの見方をし、何とか、婚約者を台湾に連れてゆく方法はないかと、悩んでいました。
こんなところにも、台湾と中国との微妙な関係が影響してくるのです。
[PR]
by wata1150 | 2005-10-16 01:52 | 上海
他の人のブログを読み漁っていたら「福建蜜柚」という柑橘系の果物の話がありました。私は近所のいつも買っている果物屋さんで、早速購入し食べてみることにしました。一個9元5角(約130円)でした。今はシーズンなのか山のように積んでおいてあり、みてるまで、何人ものお客さんが重さをみながら購入していきました。私は分からないので、店のおばさんに日本語で”美味しそうな奴を”といい、おばさんは分かったのか分からなかったのか、10個くらい右手に持ったり、左手に持ったりしながら比べて、それからおもむろに”これで良い?”と言うように1個を差し出してくれました。
e0026744_21421270.jpg

見るからに巨大で、一個食べるのには大分かかりそうです。で、早速割ってみました。中は確かに柑橘系です。ただ、皮が厚くて、実際に剥いてみると結構力が必要でした。ナイフで皮に切れ目をいれ、力を入れて剥かないと、皮は取れません。
e0026744_21525816.jpg

さらに、ミカンですから、小さな袋単位まで分解しようと、頑張りました。袋の外側の白い毛みたいな部分を出来るだけ取り去り、やっと袋単位に分解しました。全部で10個くらいあったかな?数えるのを忘れましたが。一袋だけでも結構大きくて、袋の皮も厚くて、なかなか中身までたどり着けません。
e0026744_2205773.jpg

で、肝心の味ですが、まず食感は割合パサッとしていて、しっとりしている感じではありません。
バリバリっとかじるという感覚で食べたような感じでした。水分はさほど多くは無いようです。
味は、というと、酸味はほとんどありません。多少甘い感じですが、それほど果物の甘さというほどではありません。酸味の無い八朔のお化けを食べているような感じです。が、全体としては、美味しく感じられ、あっという間に半分を食べてしまいました。後半分は明日食べます。
この果物、「福建蜜柚」と書いてましたから、そういう名前なのでしょうが、いろいろな別名もあるようで、”柚子”なんていう名前もあるようです。名前はともかく、当分毎週一個ずつ食べることになりそうです。
[PR]
by wata1150 | 2005-10-13 22:08 | 上海