「ほっ」と。キャンペーン

中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー

<   2005年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

出張でシンセンに来ました。シンセンに工場がある香港籍のオーディオメーカとのミーティングの為です。シンセンは上海と異なり空は青く真夏でした。気温は35度くらいでしょうか。今日は仕事は無いので、久しぶりに町に出ました。シンセンは、中国でも有数の経済レベルの高いところです。シンセン経済特区ということで政府が経済発展を優先して推進したところですので。
しかし、その反面、貧富の差も大きく、町の治安も良くは無いようです。昼間から”こじき”は町で物乞いをしています。夕方になると、日本人や外国人を見ると声を掛けてくるおばさんやおじさんが多く出没します。問題になっているコピー商品を売りつけたり、女性を斡旋したりする人たちです。でも、数年前よりは大分少なくなっているような気はしますが。また、麻薬常習者やエイズ患者の多い地区でもあるそうです。経済の急激な発展がもたらす歪とでもいえるのでしょうか。
シンセンには最近出来た地下鉄があります。2年前には道路をいたるところで掘り返していたのですが。シンセンを支える銀行や企業が多くある深南路に沿って走っていますのでサラリーマンやOLにとってはとても便利です。深南路には反日運動で取り上げられて有名になった”JASCO”もあります。でも、経済特区であって、観光区ではありませんから、観光するような名所はほとんどありません。
明日は、工場訪問です。
[PR]
by wata1150 | 2005-08-29 21:46 | 中国国内旅行・出張

息子との上海観光

e0026744_23174568.jpg
午前中は”カルフール”でショッピングです。カルフールはフランス系のスーパーで最近では日本でもあちらこちらに出展しています。中国名”家楽福”。なかなか良いネーミングです。食料品売り場では豚の頭の干物とか、生きたカブトガニ、生きた蛙、金魚(これ食べるの?)生きた亀などのゲテモノを売ってました。さすが中国、飛ぶ物は飛行機以外、足のあるものはテーブル以外何でも食べるといわれる国民だけあります。カブトガニ、どうやって食べるのかな?
午後は外匯(ワイタン)に行きました。19世紀の終わりから20世紀の初めにかけて、上海租界の中に造られた外国の建物が並んでいます。いまは、夜にはライトアップされ、上海観光の目玉の一つになっています。今日は週末と言うこともあって大勢の観光客や市民でにぎわっていました。ワイタンから対岸の浦東地区に向けては”観光隧道”と呼ばれるトンネルで結ばれ、浦東には東方明珠やグランドハイアットビルがあります。また、多くの高層のオフィスビルが林立しています。
夕方からは徐家氾のコンピュータデパートに行き、中国のコンピュータ、デジタル関連製品の雰囲気を味わってきました。一般的に、価格は日本よりやや高めです。ただ、一箇所でほとんどの物が買えるのでとても便利です。多くの買い物客で、ごったがえしていました。
明日はもう少し中国らしい観光地をめぐります。
[PR]
by wata1150 | 2005-08-27 23:37 | 上海

息子が上海に来た。

今日、午前便で香港から上海に戻ってきました。その足で東京三菱銀行上海支店へ行き、今月の給料を日本に送金手続きしました。更にオフィスに戻ってE-Mailチェックし、一旦家に戻ってそれから再度浦東空港へ行き、息子のピックアップ、なんとも忙しい一日でした。
上海には浦東空港と虹橋空港の二つの国際空港があり、自宅からは虹橋空港が近いのですが、最近は国際線のほとんどが浦東空港の離発着です。日本の飛行機は全て浦東です。
浦東空港から龍陽路までは上海磁浮交通というリニアカーの電車が走っており、時速430kmという高速で運転しています。料金は片道50元、700円程度です。
e0026744_0264558.jpg

距離的には40km弱ですが、わずか5分程度で運行しています。最高時速430kmはさすがに早く、周りの風景が飛んでゆきます。飛行機の離陸速度が時速300km以下ですから、それ以上に早いのです。
e0026744_0293840.jpg

夜、8時半、息子が上海に到着、浦東空港でピックアップし、自宅に帰りました。自宅まではリニアカーではなくタクシーです。リニアカーは夕方5時過ぎが終電だからです。自宅までタクシーで150元程度、日本円で2000円程度、50kmくらい走ってその程度の値段なのです。ですから、リニアカーはユーザーは多くなく、大赤字と聞きました。
明日から明後日まで週末は息子と上海観光です。
[PR]
by wata1150 | 2005-08-27 00:36 | 上海
仕事で上海から香港に来ました。
ホテルでTVを見ても日本語放送はありません。半分は広東語放送。残り半分のうちの半分は北京語、そして後は英語及びその他の言語放送です。NHK国際放送が見れるホテルは香港でもありますが、BS-1,BS-2はだめなようです。
上海では、私の家にも大きなBSアンテナが付いており、日本のBS放送が無料で見ることが出来ます。デジタル放送も、チューナーをつければOKです。上海までは衛星の電波の届く範囲ぎりぎりなのです。でも、地上波放送はもちろん見ることはできません。したがって、どうしてもニュース番組を見るくらいで、後はあまりTVを見なくなってしまいました。
香港のホテルで時間までスタンバイしているときなぞ、パソコンが無ければ、することがなくなってしまいます。パソコンを持ってきて良かった。
[PR]
by wata1150 | 2005-08-24 19:41 | 中国国内旅行・出張

明日から香港出張

就業証やら居留許可証やらを取得する為、3週間ほど、上海から動かずに会社と自宅を往復するか、せいぜい近場のお客さんを訪問したり、食事をしたりするだけの生活をしました。居留許可証も取得できたので、いよいよ全中国に活動を展開できます。日本や台湾など、外国にも出張できるようになりました。
明日から香港出張です。日本の社長が香港の関連会社を訪問する為、それのアテンドです。
特に何かをするわけではありません。が、やっぱり久しぶりに上司との対面ですから、緊張します。
香港は、過去はイギリス領でしたから、英語はかなり使えます。それだけでも安心感があります。上海はいくら大都会で、国際都市で、・・・・と言っても、やはり英語、日本語は特殊な環境でなければ使えません。ほとんどは中国語の世界なのです。
上海から香港までは飛行機で行きますが、直接香港に行くと1800元くらいの航空運賃が必要です。しかし私はシンセン経由で行くことにしました。シンセンまで飛行機で630元、シンセンの羅湖というところでイミグレーションを通り、香港にはいります。羅湖から紅働まで電車で行き、そこからホテルに行きます。電車代やタクシー代なども100HK$程度で済みますから、結果的には香港に直接入るより3分の1程度の費用で行けるのです。
ま、中国語が使えないと、中国国内移動は大変なのですが、方法がわかれば、案外安く済むのが中国国内旅行のようです。
[PR]
by wata1150 | 2005-08-23 20:20 | 中国国内旅行・出張

夜の東方明珠

e0026744_21332717.jpg昨日、次の週末に息子が来るので、上海観光の下見を兼ねて、東方明珠へいきました。日曜日ということもあり、家族連れ、外国人観光客で大勢の人、人、人。最上部までのエレベータ料金100元のチケットを買ってから、最上部まで到達するのに1時間半かかりました。チケットを買ってから、手荷物検査のゲートに並びます。エレベータは一回に20人くらいしか乗れないので、順番待ちなのです。手荷物検査を終え、エレベータ待ちし、既に40分経過。エレベータで250メートルのメインの展望台まで上ります。更に330メートルまでは10人乗りの小ぶりなエレベータです。これで40分待ち、やっと最上部へ。ところが上海の空はスモッグ。遠くは何にも見えません。窓には、遼寧省大連、とか北京とか四川省成都とか書いてあります。でも、見えるのはスモッグだけでした。最上部の展望台とメインの展望台で一時間過ごし、コーヒーを飲みながら時間をつぶし、ワイタンを眺めました。東方明珠の真下にワイタンが見え、週末らしく歩いている人が以前に来たときより大分多かったようです。
出口の広場では”中日友好伝統文化・・・・・”の舞台が出来ており、日本の盆踊りみたいな演技をやっていました。中国の物もあったのでしょうが、疲れていたので最後までは見ないで帰ってきてしまいました。
帰り際、東方明珠を見上げるときれいにライトアップされて、妙にきれいでした。
[PR]
by wata1150 | 2005-08-22 21:35 | 上海

息子が来る

来週の金曜日、息子が夏休みを利用して上海に遊びに来ることになりました。私の航空会社のマイルが今年いっぱいで無効になるので、その前に使いきろうというわけです。東京ー上海往復で20000マイル、私は40000マイル持っていますので、残りは妻が10月過ぎに来るときに使います。
昨日、家楽福(カルフール)にベッドカバーを買いに行ってきました。私の家からタクシーで10分くらいのところにあります。以前、テニスラケットを購入したときに紹介しましたが。土曜日の午後だったので買い物をする客でごった返していました。セミダブル用のベッドカバー、掛け布団、掛け布団カバー、枕2個、枕カバーがセットで売っており、全部で158元(約2000円)でした。
家楽福は外資だし、結構輸入品が多く、高価だと思うのですが、古北路にすむ外国人だけではなく、中国人の客も多いのです。みんな持ちきれないほどの買い物をし、地下のタクシー乗り場からタクシーで帰ってゆくようです。
私も、タクシー乗り場に並びました。タクシー乗り場はガラス張りの通路みたいになっており、エアコンが十分に効いており、快適なのですが、何せなかなかタクシーが来ないのです。休日の週末の夕方とあって、タクシーは比較的混んでいるようです。荷物を抱えているので道路で手を上げてタクシーを捕まえることが出来ません。仕方なくタクシー乗り場に並んだのですが。待つこと45分、やっとタクシーに乗ることが出来ました。不思議だったのは普段街では列を作って順番待ちする光景なぞ見たことが無かったのに、家楽福のタクシー乗り場では30分、45分もほとんど文句も出ず、みんな並んでいたことです。
とりあえず、息子が来ても寝かせることができるようになりました。後は、週末にどこに連れて行ったら良いのかを考えるだけです。なにせ私自身がほとんど上海の観光をしていないのですから。月曜日に会社に行ってから、誰かにきいてみることにしようと思います。
[PR]
by wata1150 | 2005-08-21 07:55 | 上海

テニスと高校野球

今日、同僚のF氏とテニスをしました。上海に来てから3回目です。今回は一時間やってもさほどばてませんでした。涼しかった事もあるのでしょうが、体が大分戻ってきて、余分なところに力が入らなかったのが原因かも。やはり、週一でも、運動をやっていれば体調が良くなってくるようです。

TVで高校野球の決勝戦をやっていました。駒沢大学苫小牧が勝ちました。一球、一打に全力で打ち込む、プロ野球では見られない真摯に野球に向き合っている姿は、昔から感動を受けてきました。

上海に来て、何でも自分でやらなければいけない環境に自分を追い込んで、一生懸命に何かに打ち込む。若かりし時の、会社に入ったばかりの新入社員のフレッシュでただひたすら取り組んでいた頃を思い出していました。

会社生活も慣れてきて、ある程度のポストになると、つい行動を起こす前に、結果を予想し、挑戦する気持ちがなえてきます。これではいけない、テニスだって少しでもやれば、昔ほどではなくとも、何とか体は動くようになる、高校生は劣勢になってもあきらめず、勝利を信じて挑戦している。改めて、挑戦することのすばらしさを一人で感じ入っていた今日でした。
[PR]
by wata1150 | 2005-08-20 17:01 | 日記
このエキサイトブログを見たある会社から”中国で働く人BLOG"というブログタイトルの中で”TADAの上海日記”を執筆して欲しいとの依頼がありました。初めはお断りしていたのですが、何度も依頼され、ついついお引き受けすることになったのです。ブログですから執筆料などというものは無いのですが、アクセスはたくさんあるということで、それには別にコメントしなくとも良い、いやになったら何時やめても良い、ということで、ついにギブアップ。今日から2つの”TADAの上海日記”を書くことになりました。 LIVEDOORのブログサイトなのですが、勝手が違うというか、慣れていないせいもあり、悪戦苦闘の立ち上げでしたが、本日やっと初回を書き込みました。”俺は作家じゃネ~!”と怒鳴りたい気分でした。断れない性格と言うのは良くないね。
[PR]
by wata1150 | 2005-08-20 00:36 | 挨拶
上海に来て、毎日の食事は楽しみでもあり、苦痛でもあります。毎日同じレストランに行くわけにも行かず、かといって、自炊は面倒だし。
昼食で日本食を食べるときは、歩いていける近場のところが多くなります。大概、お昼用の定食メニューが用意されており、価格も大体30元前後。焼き魚、煮魚、野菜炒め、焼肉、すき焼き、カレーなど、どこでも大概同じメニューです。日本語で、オーダーし、まもなく出されてきて、茶碗一杯のご飯と味噌汁、メインのおかずとおしんこ。
これが夕食となると様相が一変します。定食を頼んで出してくれるところもありますが、大概は一品料理中心。まず”お飲み物は?”、次いでおつまみ、おかずを頼み、ご飯物を頼み出てくるのを待ちます。飲み物、ビール、とか、ウーロンハイとか、これは直ぐに出てきます。
ところがそれからが大変。味噌汁が出てきて、おしんこが出てきて、これじゃあ、アルコールが飲めない。で、つまみを早く・・・と催促する。で、出てきたのはメインのおかず。ちょっと、ちょっと。おつまみは???そのうちに仕方が無くつまんでいたおしんこの皿が空になる。それを見ていた女給さん、さっと持って行っちゃった。仕方が無いからメインに手を付ける。8割方食べたところで、”もう良いですか?”といいながらサーっと持って行っちゃった。ライスが出てきて、”おいおい”まだ、おつまみ無いぞ”しばらくして、おつまみを持ってきてくれたときには、ご飯でビールを飲んでいた。ムー!!!おい、このおつまみ、どうやって腹に詰め込むかな?
大体、出す順番なんかない。怒っても仕方が無い。レストランではお客の数より女給さんの数が多い。一人で晩飯食ってるときは、僕の周りで、10人くらいが僕が食べるのをじっと見ている。
皿が空くのが早いか、彼女達が持ってゆくのが早いか・・・。彼女達の中に日本語のできるのが何人かは必ずいる。みんな生の日本人との会話で日本語を覚えようと必死だ。おいしいですか?ビールもう一杯?”わかるか!そんなもん!”ちっとも食事に集中できず、ひたすら詰め込む。でも、食べ終わっても追い出しはしない。会話のレッスンが本格化する。5分ほど相手をして、”マイターン”(お勘定)。大枚100元を払って早々に逃げ出す。ビールを2杯も飲むと、悠に100元オーバー。夜でも、定食30元、やってくれー!!!後ろから”謝謝光臨!!!!”
うるせー、2度とくるかー!でも、一週間後、また、晩飯食べに行ってるんだよね。きっと。
[PR]
by wata1150 | 2005-08-17 22:36 | 上海