「ほっ」と。キャンペーン

中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:雑感( 62 )

私と仕事

最近、「TADAさんは、中国で何歳まで仕事をするのですか?」という質問を受けることが時々ある。

私はこの質問はあまり好きではない。「いい加減、年なんだから引退して、後進に道を譲ったら?」「爺のくせに、いつまでも仕事をして、みっともない。早く引退し、とっとと日本に帰りなさい!」どうも、そのような意味に受け取ってしまう。

確かに、私は今64歳、今年の9月で65歳になる。日本の少子高齢化対策では「65歳定年制」なるものも論議された。65歳までは、まあ仕事ができる年齢なのだろう。もっとも、できる仕事は限られる。最近は役職定年などという制度もあって、高齢者の仕事の範囲はさらに狭くなってきている。

最近、CANONの創業者の御手洗さんが社長に復帰した。元経団連の会長なども務めた財界の超大物である彼が、70歳を越して現役復帰を決意したのである。確かに、現PANASONICの創業者松下幸之助氏も、一度現役引退して、のちに社長に復帰している。そんな例が過去にないわけではない。

僕は、この御手洗氏の英断に感激した。70歳にしてCANONという大会社のTOPに返り咲く勇気。体力、気力、そして考え方の若さ。そして、なんといっても健康な体。すべてはこの健康な体があってなしうることである。

以前、投稿した記事で紹介済みだが、4月の初めから禁煙を始めた。その本当のきっかけは、この御手洗さんの英断だったのである。健康を維持しなければ、何もできない。それまでほぼ45年続けてきた煙草を捨てた。これで寿命が延びるとは思わない。しかし、現状の体の状態を何年かでも維持延長できればいいと思う。

私は、最近こう答えるようにしている。「可能ならば、死ぬ一日前まで、仕事をしていたい」
[PR]
by wata1150 | 2012-05-11 22:33 | 雑感

変な写真

デジカメで撮った写真、iPhoneの写真など、結構メモリーを食っているので整理していました。そしてiPhoneの写真の中にこんな一枚がありました。
e0026744_22571496.jpg


新幹線の中から青空に映える富士山を撮影したものです。富士山は実に美しく取れています。が、この手前の電柱が邪魔ですね。新幹線車内から外の景色を撮影すると、必ずお邪魔虫として確率高く登場するのが電柱です。

でも、この電柱何か変!そうです。すごく傾いているのです。遠くにある電柱や富士山の見え方から、この手前の電柱が異常に傾いているのがわかります。

これは何が原因でこのように傾くのでしょうか?富士山の映り具合からわかるようにシャッタースピードは決して遅くはありません。手振れもなさそうです。さらに、この写真の前後に撮影した富士山の写真の電柱はすべて傾いているのです。

これは私のアルバムの失敗作として、DELETEすべきなのか、傑作として残すべきなのか、迷ってしまいました。
[PR]
by wata1150 | 2012-05-08 23:05 | 雑感

ブログ閲覧可能

会社のスタッフのS君が、調べてきてくれて、パソコンをセットしてくれた。そのおかげでブログが見れるようになった。毎月80元ほどかかるようだが、ブログを見れるのであれば、安いものかもしれない。
e0026744_22182968.jpg


無論ほかの人のブログを見ることもできる。これで、すこしブログ投稿に意欲が出るかもしれない。

こういうセットというか仕組みというのは、結構あるようで、それを今まで私が知らなかっただけらしい。何せ我が社には2人しか日本人がいない上、恵州には日本人が少ないこともあり、そういう便利情報もなかなか入手しにくかったということである。

YouTube、Facebookなども見れるらしいので、あとで試してみようと思う。また、NHKオンデマンドとの接続も可能ということで、少し高いけれど、時々は日本のTVを見ることができそうである。週末の楽しみが増えた。
[PR]
by wata1150 | 2012-05-04 22:25 | 雑感

禁煙

私は、一日30本から40本のたばこを吸う愛煙家です。誰に何と言われても、禁煙などということを考えたことはありませんでした。「初志貫徹」などという言葉の逆手を取って、「たばこを吸うということを決めたら、死ぬまで吸う」などと、バカなことをほざいていたのです。

たばこの価格が高くなってても平気でした。私は海外在住者、おまけに海外出張などが比較的多いため、ほとんどたばこを購入するのは「DUTY-FREE SHOP」。日本で羽田や成田では一箱250円前後、香港では13HKドル(130円程度)。日本の400円と比べれば半分以下で購入できるのですから。

しかし、私も65歳を目前に控える年齢になり、あるとき恵州の近郊の小高い丘に登った時、脚の筋肉は持っても、呼吸がままならないのです。呼吸が戻るまで休憩をしながら登らざるを得ませんでした。明らかにたばこの影響が出てきているのです。

以前息子に、あと何年かすると「酸素ボンベを持ち歩かないといけないようになるぞ!」と忠告されました。

私としてはあと5年や十年は現役で仕事をしたいと考えています。「仕事とたばこのどちらを取るか」という選択問題です。「何とか体力を維持し、仕事をやってゆくにはタバコをやめるしかない」と判断したのです。

45年も吸い続けてきた煙草をそう簡単にやめられるとは思いません。あるとき、私の糖尿病のドクターが、健康保険が効く禁煙をサポートする薬があるということを教えてくれました。かなり逡巡した挙句、今月初めに受診したときにこの話を切り出し、薬を処方してもらいました。

e0026744_146558.jpg


現在は、この薬を飲み始めておおよそ10日間が過ぎました。一昨日は13本、昨日は4本のみ、たぶん今日は0本か1本で済みそうです。来週からはほとんどたばこなしに生活できるかもしれません。もっとも、来週はシンガポール、インドネシア、タイの客先を訪問する出張の予定なので、酒の席では多少は吸うことになるかもしれませんが。

タバコが無いとなると、口寂しさ、何か食べたい、何か飲みたいという欲求がしばしば襲ってきます。これをしのぐのが少し大変です。糖尿病である私にとって、カロリーのある食べ物、甘い飲み物は厳禁。水やお茶、ブラックコーヒーなどでしのいでいます。

このくすりを処方してもらった調剤薬局のおばさんお言葉が印象的です。「禁煙に成功したら、きっと人生が、世界が変わるから!頑張ってください!」どんなふうに代わるのかはわかりませんが、禁煙にチャレンジし、何とか成功したいと思っています。
[PR]
by wata1150 | 2012-04-20 13:40 | 雑感
ある私のブログ友達からメッセージをいただきました。「まだ、恵州ではブログを見ることはできませんか?」

そういわれてみれば、ブログを中国で閲覧できなくなってから何年たったのでしょうか?最近はすっかりあきらめていました。自分のブログの更新もとぎれとぎれになっていました。ほかの人のブログを見ることも、自分のブログを見ることもできないのですから、自ずとブログに対する興味を失ってきつつあるわけです。

そうなってしまうと、日本にいてもブログへの興味をなくしていました。無論日本に出張しているときは忙しくて、ブログを閲覧する時間がなかなか取れないのも事実なのですが。

私のブログ友達のメッセージは、そんな私の心に「グサッー」と来ました。「そのようなブログ環境だからこそ、中国から情報発信しなければいけない!」

というわけで、萎えたブログ心を再度掻き立て、細々と情報は新し続けたいと思います。

先の全人代ではさらに情報統制し、民意を誘導していく旨の発言もあったと聞きました。したがって、中国でブログを自由に見ることができるようになることは当分ないと思います。仕方がありません。でも、日本に帰国した時にはいろいろとみんなのブログを覗いてみたいと思います。また、中国からはコメントバックもできませんが、日本に帰国した時にまとめてやりたいと思います。

そんなわけで、私のブログを覗かれた方はわずかな足跡でも残していただければ幸いです。
[PR]
by wata1150 | 2012-04-17 00:14 | 雑感

久しぶりの投稿です。

今日、日本から帰ってきました。4月4日からスタッフのT副経理を連れて日本の客先訪問をしていました。日本は、雨が降って、気温がさほど高くなく、朝夕は寒さに震えていました。でも、日本はちょうど桜の季節。T副経理は、願ってもないチャンスにあちらこちらで桜を見かけては写真を撮りまくっていました。
e0026744_15521523.jpg

e0026744_15525334.jpg


しかし、今日恵州に戻ってみると29度。なんともう夏です。家の中も結構暑くて、半そでシャツに短パンでちょうど良いくらいです。年のせいで体調管理が難しくなっていますので、気温の変化、湿度の変化、食べ物の変化など生活環境の変化には気を付けたいと思います。

しばらくブログに投稿していませんでした。しかし別に生活に変化がなかったわけではなく、むしろ急速に変化している状況に自分の心理状態や生活を合わせていくのに苦労していたくらいでした。

3月半ば、心配していた中国での居留証が無事取得できました。これで、あと一年はともかく中国にいることができます。その先は・・・わかりません。居留証の関係で2月から3月は一度も日本を含めた海外に出かけることはありませんでした。そこで、4月には頑張って海外出張を計画したのです。4月4日から14日(今日)までは日本、16日から20日までの一週間は来客ラッシュです。そして、22日から29日はラオパンと一緒に東南アジアに出かけます。

5月に入ったら少しは落ち着いた生活が送れたらいいと思うのですが…
[PR]
by wata1150 | 2012-04-14 20:21 | 雑感

引きこもり症候群?

3月3日、日本では桃の節句、ひな祭りの日ですね。私は、残念ながら(?)女の子ではありませんのでひな祭りには縁がありませんが。

波乱を予想させる2012年が明けて、早2か月が過ぎました。私が勤務する会社も、世間並みに今年から完全週休2日制に移行しました。そして、週末は私はやることが無くて家でごろごろしているのみです。

部屋の掃除をしたり、洗濯をしたりすればよいのでしょうが、どうもやる気が起きず、朝からパソコンを眺めたり、たまっている未読の文庫本に手を出したり、ベッドに横たわり惰眠をむさぼったり。そういえばここ数週間は、週末には家から一歩も外に出ず、ごろごろしていたような気がします。ブログを書く気にもなれず、気が付けば、ほぼ一か月ほとんど投稿していませんでした。

久しぶりに今日は8時にはベッドを出ました。外はかなりあたたかくなりそうな雰囲気です。昨日から急にあたたかくなり、日中は24度くらいまで気温が上がりました。空にも青空が戻り、ちょっと暑いくらいの太陽が戻りました。部屋に置いてある観葉植物も心なしか枝や葉に元気が出てきたような気がします。
e0026744_10465424.jpg

なんとか私も外に出て、買い物をしたり、散歩をして、気分を新たにしたいと思います。少しは会社でも元気を取り戻し、スタッフに”爺爺”とか”老人家”とか言われないようにするためにも。

一月中旬から、中国清王朝のDVDを再度見始めました。康熙帝、雍正帝、乾隆帝と続く清王朝初期のドラマです。中国で制作されたドラマですから、字幕も含めて中国語なのですが、字幕を見つめていると何となく意味が伝わってきます。戦に明け暮れ現在の国土の基を作り上げた康熙帝、清王朝の経済基盤を確立した雍正帝、そして清王朝の最も栄えた時期に君臨した乾隆帝。

こんなドラマを見ていると、現在の中国の人たちの価値観の原点を見るような気がしてきます。拝金主義、汚職官僚、貧富の差、独裁政治、家族倫理・・・・・。このドラマを見て、現在の中国人の思考プロセスを理解できるなどとは思いませんが、少なくとも、少しでも近づきたいと思うのです。

今日、日中の気温が昨日波に暖かくなったら、久しぶりに歩行街にでも出かけ、ビデオ屋さんで中国の歴史ドラマでも探してみようかなと思います。
[PR]
by wata1150 | 2012-03-03 10:47 | 雑感
香港空港の「Frequent Visitor Card」を昨年末に申請しておいた。それがやっと届いた。

e0026744_22322014.jpg


今まで、中国から日本を含む海外に出かける場合、ほとんど香港空港を使用してきた。しかし、香港空港はイミグレーションが定常的に混雑することでも有名である。しかし今まではそれを我慢してきた。会社のスタッフのS君が、Frequent Visitor Cardの存在を見つけてくれたので、さっそく申し込んだのである。

従来は香港から出国する場合、30分から40分もかかっていたが、これを提示すればわずかな時間で通過できるらしい。今月は海外に出かけることがあるかどうかはわからないが、今度から使おうと思う。少しでも、楽になると思う。

そして、携帯電話の中国移動から「Priority Card」を送ってきた。これは一年間にある一定金額の電話料金を支払えば、その資格がもらえるものである。以前、長年勤務した会社にいた時も、このカードをもらったことがある。中国国内線の空港ラウンジが使用でき、また優先搭乗ができる。今後空港の待ち時間が楽になりそうだ。

さらに、日本で入出国時の手続きを、指紋照合でできるように手続きをした。これで、パスポートチェックの列に並ばなくても、自動ゲートが使えるようになり、スムースにイミグレーションを通過できるようになった。

残るのは私の中国での就労証と居留証の入手である。昨年は何とか入手できたが、中国は年々高齢就労者の滞在が難しくなってきており、昨年に取得するときも、「来年はわからない」と、言われたくらいである。恵州市の場合、副総経理を4年以上続けると、居留証や就労証は問題ないという話もあるが、コロコロ変わるのが中国であるから、やってみないとわからない。とりあえず、来週から手続きしようと思っている。
[PR]
by wata1150 | 2012-02-04 22:53 | 雑感

携帯版新年メッセージ

今日は旧暦の大晦日です。そして明日、1月23日は旧正月の元旦に当たります。中国の携帯電話に、おめでとうメールがガンガン飛び込んできます。コンピュータのメールではないので、ブログに記載するのは面倒なので、そのいくつかを写真で張り付けるにとどめます。長い文章やら、短いものやら、英語のものやら、似たような文章やら、いろいろです。
e0026744_22331065.jpge0026744_22334344.jpg

でも、これは年中行事の一つだとしても、スタッフや知人からこのようなメッセージをもらうのは、うれしいことです。”万事如意”なんてことがあるはずはないと思うのですが、このようなメッセージをもらうと、「そんなこともあるかな」と、短い時間にしても思ってしまうから不思議です。

何はともあれ、日本にとっても、中国にとっても、また、私が在籍する会社にとっても、より良い年になるよう心から思いますし、ますます努力をしなければいけないと思います。
[PR]
by wata1150 | 2012-01-22 22:39 | 雑感
2011年12月30日に始まった私の正月休暇は、残すところ後2日になり、今日仙台から新横浜に戻ってきた。ちょうど7日間が過ぎたことになる。明日は、かかりつけの先生のところで検診を受け、買い物をし、明後日香港経由で恵州に戻る。

2012年1月はことのほか忙しい。1月17日から中国工場は旧正月の休みに入り、その間、おおよそ2週間はベトナム、マレーシア、タイ、インドネシアの客先を訪問する予定をしており、インドネシアから東京に直行し、27日まで日本の主要客先を訪問する予定である。恵州にいるのは1月9日~14日までの一週間だけなのだ。

これは、例年のことである。昨年はこの東南アジア出張に総経理を連れて行った。そして、今年はスタッフのS君を連れて行こうと考えている。私がいけなくなったときは、私のほかには唯一の日本人である彼に後を引き継いでおくという事情もある。何せ、私は新年を迎え、数えで65歳になった。あと何年海外出張をこなせるか自信が無くなりつつあるということもある。

私自身はあと数年はこの会社で仕事をしたいと考えているが、どうなるかは誰にもわからない。後釜を用意しなければという思いがある。東南アジアはそれで何とかなるにしても、日本国内についても、将来の新規客先にするための「種まき」もある程度進めておかなければならない。まだ、若手スタッフが十分に活動できるまでには育っていない現状では、私が若手スタッフにいろいろな経験をさせながらも、私自身が動き回らなければいけない。

世界経済がますます混迷を深めている状況下、判断の小さな間違いが大きな傷になり、命を失う危険性すらある状況では、我々の会社のような小さな会社では、状況をよく見極めた、適切な行動が必要なのである。

T小姐、S君、Z君など、将来の幹部候補になるべき人材は少しずつ育ってきている。彼らの力を借りながら、老骨にムチ打って、もうひと頑張りやっていこうと思っている。
[PR]
by wata1150 | 2012-01-05 23:09 | 雑感