中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:挨拶( 24 )

新年あけましておめでとうございます。今年も「TADAの中国滞在記」をよろしくお願いします。

苦しみぬいた2011年は最後はあっという間に終わってしまい、すでに2012年元旦です。年末に、少しはブログ投稿ができると思っていましたが、今まで投稿できずに来てしまいました。

2011年、様々な事件が相次いで発生しました。
まずは3月の東日本大震災。私は中国にいました。横浜の駐在スタッフから恵州のオフィスに連絡が入り、そしてその内容がわからないまま日本との音信は普通になってしまいました。インターネットで東日本の太平洋側で大きな地震が発生し、津波も発生し大きな被害が出ているとのこと。私は妻や娘、息子たち、そして90歳になる母親や妹に次々に電話しましたが、誰にもつながりません。全員が何らかの被害を受けたことを想定しましたが、そう簡単にも帰国できません。3月11日深夜、妹につながり、無事が確認されました。それから大阪にいる妻の両親につながり、そして次々に無事が確認され、我が家としてはとりあえず大きな被害はないことが確認されました。そして、やがて明らかになった地震の全貌を知り、さらに福島の原子力発電所の事故が明らかになりました。我が家は原発から約80kmほど離れており、また母親が住む家も60kmほど離れていること、時期的に漏れた放射能は、仙台の方角には流れにくいことから一安心しました。4月の末から5月の初めにかけ、日本に行き、何とか仙台までたどり着き、改めて家族に会い、そして地震からの精神的な区切りをつけることができました。

東日本大震災は私が所属する会社の業務にも多大な影響を与えました。自動車関連は2か月半も出荷停止になり、大幅に販売を落としました。また、従来の製品は震災特需で、東北地方にあった競合メーカーの生産不能に陥ったこともあり、何とか数字上は計画数字を達成できました。

さらに、日本各地で発生した洪水。フィリピンでの台風被害。そして極めはタイでの大洪水。タイの洪水では多くの日本企業の被災があり、私の会社の出荷にも多大な影響を受けました。そして、小さな仕事でも、如何に国際的に繋がっているかを痛切に認識させられました。しかし一方では日系企業のたくましさを見せつけられた思いもしました。苦しい現状の中での冷静な対応能力と力強い復活力。これは他国企業にはなかなか見られない力だと思います。そういう点では日本企業というのは世界に類を見ない独特な性格を持っていると思います。そういう日本企業を取引先に持つ我が社も、そういった力を大いに学び、少しでも同じような力を持てるようにしていかなければいけないと、改めて思いました。

2012年はどんな年になるのかはわかりませんが、経済的には欧州危機、さらに欧州危機に影響されたような中国経済の減退、アメリカドルの弱さによる様々な影響など、市場はさらに混迷を深めようとしているように思えます。そんな中でも、何とか着実にわが社の進展にむけ、微力を傾けたいと思います。

「TADAの中国滞在記」も足かけ7年目を迎えました。今後も細々とでも、続けていきたいと思います。今後ともなにとぞよろしくお願いします。
[PR]
by wata1150 | 2012-01-01 21:06 | 挨拶

メリークリスマス

メリークリスマス! 2011年もクリスマスを迎えました。

とは言っても、ここ中国恵州ではクリスマスは宗教的意味などはどうでもよく、もっぱら商業的なイベントとして使われていますが。

私が勤務する会社は香港系であり、香港人メンバーが何人かいます。香港のメンバーにとってはクリスマスは年中行事の中でも一大イベントです。日本でいうゴールデンウィークのようなものです。クリスマス前後から年末までおおよそ一週間から10日間ほど皆休暇を取り、香港の家族と過ごしているようです。香港と中国と両方に家族を持つ人もいます。そのような人は香港で一週間、中国で一週間と過ごしているようですが、それでも、本人は休みどころではなく、普段の家庭サービスができていないところをカバーしようと必死です。こんなことを思う時だけは、家庭を二つ持つような羽目にならなくてよかったと、心底思います。

スーパーやショッピングセンターなどでは、女性店員がサンタクロースの帽子をかぶり、客の呼び込みに必死です。中国語なので何を叫んでいるのかはわかりませんが、声をからしている人さえいます。年に一度の「大商業イベント」ということを実感します。

今夜はクリスマスイブでした。私は今年も「ロンリークリスマス」。夕食を食べにウォールマートの食堂街に出かけました。7時過ぎに出かけて行ったのですが、これが大混雑。普段では絶対見かけない光景でした。どのレストランでも、順番待ちの番号札を配っており、ほとんど一時間ほど待たなければならない有様です。こんなことは、このウォールマートの近所に住みだしてから初めての出来事でした。クリスマスのタイミングかよかったからでしょうね。イブが土曜日、クリスマスが日曜日ですから。

ウォールマートの店舗では、どの店も大バーゲンセールです。50%オフから75%オフがほとんどの店で見かけられます。また、200元の現金は500元分の、その店で使える金券になるというものもあります。でも、お客さんはそれほどありません。なぜかな?と思いつつ商品の値段を見ると、どう見ても300元から400元程度であろうと思われる商品に1088元などという値札がついています。つまりは高い値段を表示しておいて、値引きをしているわけです。

中国人の特性として、見栄を張るということがあります。ですから、少しでも高いものを、購入して見栄を張りたい。しかも値引きした安い価格で・・・ということになります。したがって、中国人の消費心理を見定めた商法として合理的だということなのです。

明日はクリスマス。そして、日曜日です。今日の夕方、会社のスタッフの何人かが我が家に集まってクリスマスディナーをしてくれるのだそうです。それぞれの家庭の料理を持ち寄って。Y小姐は餃子を、L小姐は四川の魚料理を・・・という具合です。楽しみなクリスマスディナーです。

今年もあと残すところ一週間、そして私は久しぶりに仙台に帰って、正月を過ごそうと思っています。
[PR]
by wata1150 | 2011-12-24 22:31 | 挨拶
ついこの間、2011年が開けたと思ったら、もう今年もあと一月を残すのみになりました。

会社では、2012年度の事業計画の策定も終わり、あとは12月の生産販売を予定通りこなすだけです。12月販売も、70%ほどの注文を入手済みで、2011年の年間計画の達成も達成することがほぼ決定しました。営業を統括している私としては、ホッと一安心です。

今年は、3月の東日本大震災で4月から6月までは日系客先からの注文が大幅に減少しました。客先によっては注文ゼロというところもあり、年間計画の達成に黄色信号が点灯しました。10月に入ってタイの洪水被害の影響で、タイ向けの出荷だけではなく、タイで生産している部品を使用して生産している客先からの注文が減少しました。

それでも、我が社として年間計画が達成できたのは、日系会社の底力のなせる技なのでしょうか。地震で工場が倒れても、洪水で水をかぶっても、客先の年間計画の達成に対する情熱はすさまじいものがあり、おかげで我が社の販売は月ごとに大きく上下はさせられたものの、結果的には年間計画達成という結果になってしまいました。

来年2012年の販売計画は、日系客先だけでみると2011年比約30%アップという大胆な計画を立てました。営業メンバーの構成なども考えながら、今は、2012年度計画達成のアクション計画を考えています。

私の中国居留ビザが3月で切れます。中国では外国人高齢者の労働に対する規制が厳しくなり、特に中国ローカル企業では60歳以上の就労ビザの取得がかなり制限されています。私は3月以降どうすればよいのか、ラオパンと相談しながら対応策を講じなければいけません。場合によっては居留ビザが取得できない状況も想定されます。日本でFビザを取得して中国に来なければいけないかもしれません。

それでも、ラオパンは「体が動く限りは、仕事をしてほしい」と、言っていますので、何とか私も期待に応えるべく頑張りたいと思っています。

今年の中国の春節(旧正月)は1月の後半にあります。わが社の春節休暇は1月15日から31日までに決定し、2月1日から稼働再開することになりました。この2週間の休みには、日本で仕事をしようかと考えています。あるいは、インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナムなどの客先を回ってこようかとも考えています。

いずれにしても、今年もあとわずか、ラストスパートを、気を引き締めて頑張りたいと思います。
[PR]
by wata1150 | 2011-11-30 23:06 | 挨拶

誕生日

9月8日 今日は私の誕生日であった。当の本人は例によって忘れていたのだったが、朝、董事長の部屋で打ち合わせをしていて、会議を終わって出てくるとき、董事長から「Happy Birthday!」と言って紙包みを渡された。それで、今日が誕生日であることに気が付いた。

一昨日中国に戻り、結石で急遽病院に走り、日本客先営業チームのT副経理が中秋節休暇で故郷の湖南省に帰省中で、おまけに来週からの来客ラッシュの準備等々で忙殺されており、誕生日を思い出す余裕はなかった。

朝のミーティング時、スタッフからまたまたプレゼントをいただいた。コーヒー豆やら、喫煙具やら。スタッフは皆私の好きなものをよく知っている。その中でも手放さないものがコーヒーでありタバコであることを。昨年はスタッフみんなでお金を出し合って、紅木の風格のある灰皿をいただいた。今でも、私のマンションのテーブルの上で吸殻まみれになっている。こんなスタッフに囲まれて仕事をするのは、その結果はともかくも、楽しいし、とてもうれしい。

夜、スタッフのみんなが、結石で体調がいまいちの私を考えたディナーに誘ってくれた。なんと、精進料理の店であった。一切動物素材を使用せずに、植物素材だけで料理を作り、食べるものである。
e0026744_13451061.jpg

これはその前菜である。ハムやらソーセージやら・・・。食感や味もハムやソーセージに近い。

e0026744_13485943.jpg

これは「広東風ビーフ鉄板焼き・・・もどき」。味は・・・そこそこ、食感は・・・本物の牛肉と違って、均一である。本物のビーフだったら筋があったり、食感が不均一のはずなのだが。また、中華料理ならば当然骨も一緒に調理されているのが普通だが、これには骨がない。材料は、たぶん豆腐がベースのようだが、わからない。

e0026744_13531652.jpg

これは「魚料理・・・もどき」よく見ると、口のところはただ切り込んだだけで、本当の口ではない。皮は海苔と何かでできている。身は湯葉と何かを使っている感じ。でもよく味がしみ込んで、なかなかおいしい。

恵州にもこんな料理があるとは知らなかった。結構人気の店のようで、予約をしないと、個室は使えないらしい。スタッフのみんなに感謝しつつ、ありがたくいただいた。
[PR]
by wata1150 | 2011-09-08 23:12 | 挨拶

投稿 500回達成

TADAの中国滞在記も、500回目の投稿をすることになりました。一日一回投稿したとすると一年半かかるわけで、自分で振り返っても「よく続けてきたな」と思わずに入られません。無論、ブログの先輩たちはもっともっと多くを投稿しているとは思います。それに対しては、500回はまだまだ少ないとは思いますが。

500回の投稿には3年半かかりました。2005年の7月から「TADAの上海日記」として、ブログを始めました。ネット友達のMOKOさんの推薦で始めたのです。しかし、当初は三日坊主に近い私にとっては、それほど長く続けるとは考えていませんでした。何ヶ月か続けば良いかな、位に考えていたのです。

2006年7月に一旦上海を離れ5ヶ月間ほど日本にいました。このときは、同じくブログ友達の樋口さんに助けてもらったのです。上海にいないのに、上海日記はおかしいと思い、書くことをためらっていたのです。そのとき、「どうせまた中国に来ることになると思うから、日本滞在記として書いたら」と言ってくれたのです。

5ヵ月後今度は中国でも、上海ではなく、広東省恵州市にやってきました。そしてブログタイトルを「TADAの中国滞在記」と改め、書き続けることが出来たのです。最初は、まったく知らない恵州市で見るもの、聞くもの珍しく、書くことに事欠かなかったので、助かりました。

しかし、2008年2月末、大事件が起こってしまいました。EXCITE BLOGが閲覧できなくなってしまったのです。YAHOOやその他のブログは問題ないのに。中国政府の言論統制にかかってしまったらしいのです。何とか方法を見つけ、投稿だけは出来る様になりました。しかし、閲覧はできません。いろいろな人の知恵を借り、WEB翻訳をしてやることで、多少の問題とわずらわしさはありますが、閲覧は出来るようになりました。そして、しぶとく投稿を続けました。

しかし、ブログ友達が書いた物を読むことはすっかり少なくなってしまいました。また、コメント投稿も出来なくなりました。そのせいか、一時は10件以上もコメントを頂いていたのが、今ではほとんどなくなってしまいました。コメントバックが出来なくなったのがその理由でしょう。実際には日本から持ってきているグローバル携帯電話を使えば出来なくは無いのですが、携帯電話で文章を書くのは結構億劫なものです。

2007年末ごろから感じていた、不況の嵐がついに中国を含む全世界に吹き荒れるようになりました。それにつれ、私の投稿のテーマも必然的に仕事に関することが多くなり、文章も重たくなってきました。紹介記事なども意識して書くようにしました。さもないと、筆が進まないからです。

それでも、エキサイトネームカードのアクセス解析を見ると、以前のブログ友達が時々眺めに来てくれているのが分かります。それを力にして、書き続けてきました。そして、500回の投稿にたどり着いたのです。多くのブログ友達の支え無には出来なかったと思います。本当に感謝です。

今後も、細々と書き続けて行きたいと思っています。私のブログを時々眺めてくださるブログ友達の皆さん、今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by wata1150 | 2009-01-08 23:50 | 挨拶
もう後数時間で2008年が終わります。私にとっては短くもあり、長くもあった2008年でした。私個人としては、中国広東省恵州市での生活の2年目という意味では、あっという間に過ぎ去り、ますます老いてきているということでは、非常に短い1年でした。一方、仕事では中小企業の副総経理と言う立場で、責任もあり、権限もある立場で、会社経営的には非常に難しい舵取りをやってきた一年で、そういう意味では長い長い一年でした。

そのような環境でしたが、私の生活の端々を綴るブログは何とか続けてくることが出来ました。2月末から中国でのブログ閲覧が出来なくなり、ほかの人のブログを覗いたり、コメントの交換をしたりすることはほとんどなくなってしまいましたが、自分が祖国日本を離れ中国と言う異文化の環境下である一定期間生きていたという証を残すつもりで、書き続けています。

2005年7月から書き始めて、もう3年半になりました。投稿数も500件ほどになりました。ブログを覗いてくれた人も、延べ3万数千人を数えます。まさに、ちりも積もれば・・・の思いがします。私の影響でブログを始めた人もいます。ブログを通じて知り合い、友達になった人もいます。なかなか、“たかがブログ”とは言えないと思わざるを得ません。

今まで、正月に日本にいなかったことは、結果的には無かったのですが、今年は例年のおきてを破り、恵州で正月を過ごします。休暇をとって日本に帰国することも大分考えましたが、会社の経費節減、日本と中国を往復することによる体力消耗、一月半ばからの日本出張、そして会社の方は元旦だけの休みなのに、責任者の私が休暇をとると言う精神的な引け目などがあり、今年は中国で正月を過ごすことにしたのです。

中国人にとっては、正月ではありません。普通に月をまたぐことにしかならないのです。しかし、私は日本人であり、やはり正月は特別な時期です。そこで、今晩だけは行きつけの日本料理屋で、年越し料理を食べることにしました。電話で聞いてみると、やはり、中国で過ごす日本人も多いとかで、年越し料理を作り、また元旦から三が日はおせち料理を作ると言うことでした。明日には、そのおせちを食べ、せめてもの正月にしたいと思います。

また、日本では年末年始のTVの特別番組も多く放送されます。恵州では日本の放送を見ることはほとんど無く、香港や上海に出かけたときにホテルで見る程度です。恵州では日本のTV番組を見ることは出来ないと思っていたのですが、調べてみると恵州市内の二箇所のホテルで、受信可能でした。元旦は会社も休みということもあり、どうせ外食しか出来ないので、思い切ってホテルに泊まり、TVを見ることにしました。市内の天悦大酒店という3星のホテル、価格は一泊330元ということなので、予約しました。今晩はホテルでTVを見ながらすごしたいと思っています。

中国にいると、年賀状はかけません。パソコンをホテルに持ち込み、メールでの年賀状にしたいと考えています。来年は丑年。インターネットでデザインを探して、メールを作ろうかな、などと思っています。

また、家族や親類などには電話で済まそうと言うことで、電話番号を確認し、忘れずに電話を使用と思います。国際電話は高いけど、正月くらいは良いのではないか、とおもいます。

このブログを読んでいただいている、ブログ友達の皆さん、今年も読んでいただき、ありがとうございました。来年も細々ながらも書き続けて行きたいと思っています。来年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by wata1150 | 2008-12-31 12:51 | 挨拶
2008年もあと残すところ10日余りになってきました。

今年のブログの記事を見てみると、なんと仕事に関することが多いことか。それだけ仕事に夢中になって取り組んできたと言えるのかもしれません。反面、仕事しか考えることが無かったと言えるのかもしれませんが。

それでも、今年もブログ表示ができないと言う悲しい環境下、何とか書き続けてこられたと言う、多少の満足感はあります。そして、何とか来年も細くでも良いから書き続けてゆきたいと思うのです。

今の仕事の状況では、会社の中で2008年を振り返ることなどほとんど無い状況です。わずかに2009年の年度計画を作る際に2008年実績を分析する際に振り返った程度です。2009年の販売計画、投資計画、人員計画、収支計画など主な計画はほぼ完成しました。そして、先ほどまでそれを眺めつつ、2008年の出来事を思い出し、そして来る2009年に思いを馳せていました。

2008年1月はほぼ順調にスタートしたような気がします。ただ、旧正月の有る2月は販売が落ち込み、それが例年に無く異常な様相で、不安を感じた私は販売スタッフに、市場の状況を調査するよう指示をしました。そして、市場がアメリカから始まって悪化していることを感じ、始まったばかりの2008年の年間販売計画の下方修正をしました。

これが今年の苦労の始まりでした。ドル安円高、人民元高、新雇用労働法、インフレと金融引き締め、外国企業への優遇税撤廃、石油価格高騰、金属材料の高騰など経営への懸念要因は増加する一方でした。それでも、生産性の向上、販売価格の引き上げ、賃金の引き下げ、労働時間の短縮、投資の抑制、経費の削減そのほか多くの対策をしながら今日まで何とか乗り切ってきました。

乗り切ってこられたのは、オーナーや総経理の理解だけでなく、全スタッフの理解と協力があったからだといえます。皆に感謝です。

2009年は先行きの不透明感がいっそう色濃くなってきています。アメリカの金融危機への対策は一向に見えてきませんし、日本の円高に対する動きもいまいち鈍い感じです。トヨタやSONYなどの大手企業までもが大きな業績低下に見舞われ、リストラ、工場閉鎖などの経営対策に追われています。一向に明るい光が見えてきていない現状です。

但し、中国人民銀行が貸出金利の引き下げを行い、また年末には再度の引き下げを行うとの観測も生まれています。来年に向けて銀行が貸出金利を緩和し、また積極的に市場にお金を供給することは、必要なことだと思います。少しでも倒産企業を少なくし、失業者を減らし、市場を活性化する必要が有ると思います。

中国は、日本と違って年末年始休暇はありません。従って、本来は1月1日が休日になるだけです。その代わりに、長い旧正月休みがあります。今年は、中国の旧正月が1月に有ることから、会社は休日の振り替えを行って、1月は1日、2日、3日と3連休にしました。私にとっては、別に何をすることも無いので、寮でTVを見たり、本を読んで3連休を過ごすつもりです。

このような経営環境下、日本が正月だからと言って、帰国して家族とともに休暇を過ごすことは出来ませんが、旧正月には帰国し、数日の休暇を過ごし、また2009年の仕事に取り組みたいと思っています。
[PR]
by wata1150 | 2008-12-22 14:48 | 挨拶

ブログ開始 3周年

私がエキサイトにブログを書こうと思ったのは、私が中国に仕事を求め、そして仕事を得て、単身で上海に赴任したのがきっかけだった。2005年7月14日。

それからもう、3年が過ぎようとしている。上海の会社を一年で退社し、5ヶ月ほど日本にいて、それから恵州の現在の会社に移り、一年半が過ぎた。以前のブログを読み返すと当時の様子がありありとよみがえってきて、とても楽しく、とても懐かしい。

また、多くのブログ友達も出来た。毎日数十人の方が私のブログを覗いてくれているようだ。それを見ると、何とか続けようと思うのだが。私のブログを読んで、ブログを始めた人もいる。私の娘もブログを始め、投稿の数では娘のほうが圧倒的に多くなった。私は娘のブログをひそかに読んで、今何を考え、どんな気持ちでなど、想像している。娘も私のブログを時々は覗いてくれているらしい。なんということは無い、親子のささやかなコミュニケーションである。

今年の3月に突然エキサイトのブログを見ることができなくなった。これがショックだった。自分の書いた物を見ることができない。コメントを書いてくれた人がいるのに、それが読めない。無論コメントを返すことも出来ない。いろいろなテクニックを駆使し、また携帯電話などを使えば見ることはできるのだが、やはり面倒なのである。

何人かのブロガーは、休止宣言をしたようである。私も、仕事繁忙を理由に休止宣言をしようと何度思ったか。現実に一月の投稿は極端に落ちた。4回~6回ぐらいしか投稿できない。それでも、折角ここまで来たのだからと、自分を励ましながら細々と続けている状態なのである。

投稿内容にしても、ある事項を掘り下げ、一事を例に全体を見るような、そんな書き方が好きだった。しかし、気取ることはなく、気楽に再出発するつもりで、書き繋ごうと思っている。

仕事柄、外出の機会は多い。いつもデジカメを持参し、ブログに載せようと何枚かの写真を撮ってくる。しかし、最近は乗らないままに消えてゆく写真も多くなった。今後は最低限の開設で、写真を主にした投稿もして行こうかなどとも考える。

そして、私が中国にいる限り、ささやかでも、何とか続けたいと思っている。
[PR]
by wata1150 | 2008-07-07 00:04 | 挨拶
すべてのブロ友さん、新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

昨年は、仕事が忙しくて、新規投稿することも、コメントに返事することもなかなかままならなくて申し訳ありませんでした。

幸運にも、この正月は年末年始休暇を取得でき、日本に帰って、家族とともに過ごしています。
私の家族が住む仙台は、今年は雪の正月でした。大晦日から降り続き、元日の朝には、すっかり雪化粧。風情のある新年になりました。
e0026744_23415096.jpg

でも、年々暖かくなってきているのか、私がこの家に越してきた頃のような雪は降らなくなり、積もっても10cm程度。なんとなく物足りない感じもします。

夕方、今年88歳になる母の家に挨拶に行ってきました。2007年1月に私の弟が急死した為、今年は喪中と言うことで、正月のお祝いはなし。それでも、仏壇の周りにはいつもより多めの花が飾られており、華やかでした。私は、母の作る雑煮や餅が好きで、例年ならばたらふく食べるのですが、今年はそれもなし。弟の遺影に線香を上げて、早々に帰ってきました。

1月2日は恒例の仙台初売り。豪華な景品がもらえることで、全国的にも知られています。次男がアルバイトをしている薬屋さんも初売りで、次男も駆り出され、朝早々から出かけていきました。

一方中国では今日から、会社は早くも仕事が始まっており、E-Mailも普段どおりたくさん舞い込んでいます。おかげで、頭は休みボケせずに仕事に復帰できそうです。環境に慣れすぎて、ダレ無いように、気を引き締めて仕事に復帰したいと思います。

5日に東京に戻り、6日午前の便で、香港経由恵州に戻るつもりです。それまで、久しぶりの休みをのんびり過ごしたいと思います。
[PR]
by wata1150 | 2008-01-02 23:42 | 挨拶
まもなく、大晦日恒例のNHK紅白が始まろうとしています。TVの番組はほとんどが年末スペシャル番組を放送し、ニュースでも、各地の年の瀬の状況を伝えています。まさに“日本の年末だなあ”という感じです。

今年も、TADAの中国滞在記を何とか続けてきました。仕事が忙しくなると、どうしてもブログどころではなくなってしまいます。以前は深夜に投稿したものですが、今は深夜まで起きているということは、お酒を飲んでいるか、会社で残業していると言うこと。なかなかブログにまで手が回りません。

投稿内容も、仕事に絡むことが多くなり、原稿を書いても、なかなか投稿することに迷いが出てきます。この一年にいくつの原稿を、投稿せずに没にしたことか。そして、週末に何とか1件か2件、書き上げて投稿しているような状況です。

我が家に久しぶりに帰ってきました。妻は、おせち料理ならぬ、“煮しめ”を一生懸命作っています。娘はTVの特別番組をにらんでいます。次男は、アルバイトを終え、夕食待ちの時間を自分の部屋で過ごしているようです。そして、我が家の長男は、来春の国家試験を控え、帰省せず、勉強に集中しているようです。

今年2007年、娘は一年の浪人生活を耐え、大学入試を果たし、今は勉学に追われつつも大学生活をエンジョイしている様子です。私のまねをして一年ちょっと前からブログを書き始め、私が中国にいても、毎日彼女のブログを目にして、その生き生きした生活を想像しています。来年は2年生。しっかりと目標を定め、前進して欲しいと思います。

長男は、難病を抱えながら勉強を続け、先日卒業試験も無事パスしたとの事。最近は2ヶ月に一回の点滴のおかげか、再発も内容で一安心。あとは国家試験を残すのみです。あと少し、頑張れ・・・と祈らずにいられません。

次男も、今年大学院に無事進学し、週末はバイトもしながら勉強している様子です。一年後には卒業、そして就職も控えています。一歩一歩前を向いて自分の進む道を見つめて、歩いて欲しいと思います。

妻は、十数年から始めた仕事を今も続けています。子供たちの学費捻出の為、生活費を捻出する為、私が普段家にいなかったときに、影で我が家を支えてきました。感謝してもしきれません。来年も私は中国、妻は日本で別居生活が続きます。貯まっていた航空会社のマイルを使い、3月に彼女を香港中国に招待しようと考えています。

そして私は・・・、来年も中国で身体をいたわりながら、今の会社で仕事に没頭できる幸せを味わい続けたいと思っています。

TADAの中国滞在記にアクセスいただいた皆さん、今年は本当にありがとうございました。来年も細々ながら続けて生きたいと思います。来年も何卒宜しくお願いいたします。
[PR]
by wata1150 | 2007-12-31 18:50 | 挨拶