中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

仙台から

仙台に帰ってきました。

仙台は霧雨、気温は20度以下、とても寒く感じられました。何せ、上海では日中の気温は35度、夜でも25度から28度くらいありましたから。上海仕様で半そでのシャツをアンダーシャツ無しに着て、仙台空港に降り立ちましたが、家について、冬物の長袖のシャツを探して着替えましたが、それでも寒い感じでした。(今日は少しなれましたが)

昨夜は、自分の家に帰っても勝手がわからず、少しうろたえました。
水を飲もうとして冷蔵庫を開け、「あ!ここは日本、水道の水を飲めばいいんだ」、「TVのチャンネルを回してもまわしてもCCTV-5がでてこなくて、サッカーを見れない!あ、NHK-BSだ!」、トイレに行って、水を流すレバーを探して、上海の家とは反対側に有るのを見つけるのに手間取ったり。結構習慣と言うのは恐ろしいなあ!と、変に感動しました。

今日は昨日まで降っていた小雨、霧雨も上がり、太陽が顔を覗かせたので、我が家の庭の「子供たち」の様子を見にでてみました。玄関脇の生垣の隅にどくだみが生えてきていて白い花をつけていました。どくだみは臭いがきつく、私はあまり好きではありませんでしたが、白い花があまりにも可愛い感じでしたので、しばらく放置しておくことにしました。
e0026744_19123659.jpg

庭の置石の傍らに釣鐘型の白い花をつけたものがありました。昨年まで、ありませんでしたので、多分種が風に飛ばされてきたのか、鳥が落としていったのか定かではありませんが、新しい仲間です。面白い花なので、増えていって欲しいな、と思います。
e0026744_19241354.jpg

今年も、雑草に混じってハーブが顔を出していました。葉に触って臭いをかいで見ますと、ハーブ独特の良い香りがします。まだ背は低いのですが、30cmくらいの高さに育つので、そうしたらハーブティを試して見ようかと思います。
e0026744_19273292.jpg

春に帰宅したときに白い花をつけていた桃の木、小さな桃の実がたくさんついていました。この桃は食べることはできないのだそうで、大きくもならないだろうと思いますが、細く小さなこのような木でも、生命の営みは確実に行われているのです。
e0026744_19312472.jpg

そして、庭の生垣で少し日当たりのよくない片隅に植えた紫陽花、小さなつぼみを数個つけていました。東京よりは気温が低い為、開花は遅いようですが、これからそれらが少しずつ綺麗な花を咲かせるのだろうと思います。どのくらいの期間私たちの目を楽しませてくれるのか。
e0026744_19385974.jpg


例年生垣の剪定は年末11月頃にやっていたのですが、今年は年が明けてからやりました。植木屋さんのスケジュールが合わなかったからです。おかげで、黄金ヒバの生垣はまだ十分に葉が生えきらず、すきまだらけです。が、日当たりの良いところは若緑色の新芽が吹き出していて、やがてはぼうぼうとした葉に覆われることでしょう。

そして、木を植えていない中庭はたくさん置いてある植木鉢に覆いかぶさり、日当たりをさえぎるくらいに、雑草が生い茂っていました。何日仙台にいることになるのかはわかりませんが、せめて雑草を少しでもむしっておきたいと思います。

明日は、千葉、東京に行きます。
[PR]
by wata1150 | 2006-06-26 19:41 | 日本滞在記