中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

引越し準備開始

人材紹介会社からの連絡を待つ以外、今日からはすることがなくなりました。少し早いとは思いますが、引越しの準備を始めることにしたいと思います。

基本計画としては、(1)1~2ヶ月後に上海に戻ることにして、現在住んでいる家は賃貸契約を解除する。家の賃貸契約は現在の会社の物なので、そちらでやってもらう。(2)したがって、電気、ガス、水道、電話などの料金の精算を6月25日とし、各管理会社に電話し、メーターチェックし、請求してもらう。(3)衣類の半分を日本に持ち帰り、残り半分はスーツケースに入れて上海に保管。(4)その他のこまごまとした家財道具は最大限廃棄し、廃棄しにくいものはダンボールに入れて保管する。(5)電化製品は購入時の梱包箱に入れて保管。
保管先は、知人の住宅兼オフィスとしました。

方針を決めて、早速知人に電話しました。事情を話し、ダンボールを預かって欲しい旨お願いしたところ、快く引き受けてくれました。

この一年、毎週我が家の掃除をしてくれた阿姨さん(彼女は陳さんと言います)にも訳を話し、引越しの手伝いをして欲しい旨、また、今度又上海に戻ったら、阿姨さんを継続して欲しい旨お願いしました。彼女も快く受けてくれました。
彼女はまた、ダンボールの入手を手配してくれるとの事で、23日にも入手できることになりました。

中国語の家庭教師をしてくれている姚さんという女性にも、訳を話しました。彼女は、23日~24日に片付けを手伝う、と申し出てくれました。余談ですが、彼女はいま、大学の日本語課の4年生です。現在求職中で、上海の日系会社への就職を希望しています。誰か心当たりがあれば、紹介してください。

話は戻って、家の中を改めて見直してみるとたくさんのものが有ります。こんなにたくさん、どうして増えたのかと思うくらいです。電化製品は、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、掃除機は家主さんが設置してくれましたが、トースター、電磁調理器、湯沸かし器、ドライヤー、事務机の照明スタンド、パソコン用スピーカーなどこまごました物を含めると結構たくさんあります。家電製品は、日本に持ち帰っても電圧が違う為使えないので、中国に戻らないのであれば、売り払うのですが、戻る可能性もあるので、預かってもらうことにしました。

衣類もスーツ、ワイシャツ、ネクタイ、防寒着から下着や靴下まで、ずいぶん増えました。バスタオル、ハンカチなども、ほとんど上海に来てから購入した物です。

キッチンには鍋、炒め鍋、包丁、まな板から調味料類、食器類などが有りました。

これを全部梱包するのは大変です。ダンボールで3~4個くらいにはなりそうです。
今日から少しずつ始めます。
[PR]
by wata1150 | 2006-06-19 13:05 | 日記