中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

超醇

超醇 ・・・・・なんか、どこかで見たことのあるブランド。日本でヤマザキパンの食パンの名前に似ています。

e0026744_15595667.jpg


でも、これは日本のパンではありません。れっきとした中国恵州市のスーパーで売っているパンなのです。

以前、中国の食パンはおいしくないとか、薄切りしかなくて、厚切りが食べたいとか言ったことを、ブログに書いたことがありましたっけ。そしたら、昨日ウオールマートでこのパンを見かけ、試しに買ってみました。

ちなみに「薄切り」と書いてあります。これは8枚切りなのです。6枚切り、5枚切りなどの厚切りのほうがよいのですが、いくら探しても残念ながらおいてありませんでした。まあ、中国ではトーストしてマーガリン化バターを塗って食べる人はまだ少なく、卵やハムを挟んでサンドイッチにして食べるようですので、厚切りでは食べにくいと思います。トースターも、まだ家庭に十分なくらいに普及しているとは言えませんし。ましてや4枚切りくらいの厚切りでは、ポンと飛び出すタイプのトースターでは、厚すぎてはいらないですし。

私は、2枚ほどトーストして食べてみました。ヤマザキパンほどではありませんが、何か従来の中国の食パンとは異なる味わいでした。よく袋を見てみると、「超軟」「超弾」「超潤」と書いてあります。でも薄切りなので、トーストすると、中の部分の柔らかさが失われてしまっているようですが。
これで6枚切りか4枚切りだったら、もしかしたら・・・と思います。

「薄片」とかいてあるということは、「厚片」もそのうち登場するかもしれません。

ちなみにお値段は? なんと10元5角、日本円で170円。うへー、高い~。中国もこれだけ物価が上がってきたのです。日本のほうが安いものがたくさんあるような時代になってきたのですね。
[PR]
by wata1150 | 2013-06-16 16:15