中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

シンガポールのタバコ

シンガポールに入る時、タバコはスーツケースに隠し持っていた、一箱20本だけでした。罰金が怖くて(?)もって入らなかったのです。一本から課税されると聞いていたので、いくらとられるかと不安だったのです。

そして、案の定、シンガポールでタバコが切れてしまいました。そしてホテルの近所のセブンイレブンで購入したのはこのタバコです。
e0026744_054737.jpg

箱の表面にグロテスクな写真が印刷されています。「タバコの弊害で、こんな風になるぞ」と、精神的に脅かし、禁煙を促しているようです。最近は香港でもこんな写真の付いたタバコを売っています。私も最初に見た時はゾーとしました。

ここで、このマーボローを購入して、12シンガポールドルを払いました。現在1シンガポールは約63円くらいなので、一箱の値段は756円になります。なんと、日本で値上がりしたタバコの2倍近くになるのです。さすがにこの値段では、シンガポールではおちおちタバコは吸っていられません。まじめに禁煙を考えざるを得なくなります。

もっとも、シンガポールから橋を渡った対岸のマレーシア、ジョホールバルーで同じタバコを買うと、おおよそ、6マレーシアドル位で購入できます。1マレーシアドル=27円程度なので一箱160円程度になります。仕事でマレーシアとシンガポールを行き来する人などは一箱か2箱をマレーシアで購入し、シンガポールに持ち帰っている人もいるようです。もっとも、ばれると罰金がきついのでどの程度行われているかは定かではありませんが。

そして、このタバコ、よく見ると、「SDPC SDPC」と印刷してあります。
e0026744_0251989.jpg

どうも、「シンガポールで課税済み」と言うことらしいのです。と言うことは、吸殻を見れば、密輸入したタバコを吸っているのか、ちゃんと、課税されたものを吸っているのか一目瞭然なわけです。密輸品を吸っている人は、ばれないようにすわなければなりません。えげつないね~~、シンガポールも・・・・。
[PR]
by wata1150 | 2011-02-02 22:54