中国で単身生活をすることになったTADAの日々の感じた事を気ままに書いてます。


by wata1150
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

香港のタバコ規制が厳しくなった。

今は、世界的に禁煙ブームである。その昔、シンガポール空港で、日本の免税売店で購入したタバコを持ってシンガポールに入国しようとして見つかり、罰金60数シンガポールドルを支払った経験がある。今年、香港からシンガポールに行くため、香港空港で免税のタバコを購入しようとしたら、免税売店のおばさんが、「罰金を取られるから」という理由で売ってもらえなかった。それで、シンガポール滞在日程を短縮し、インドネシアに行ったときに、またマレーシアに行ったときに一箱、二箱と購入し香港に戻るまでをつないだ。

私は現在一日20本程度を吸うスモーカーである。会社の連中や家族などは私の顔を見れば「タバコはやめなさい」と、繰り返して言う。しかしなかなか止める気にならない。8月後半に、日本から香港に戻るときにその情報は入ってきた。「香港のタバコ規制強化。一本から課税」 胸のポケットに入っているタバコについても一本から課税されると言うのである。ましてやカートンで持っていれば罰金金額は大きくなる。日本の免税売店のおばさんも、私の行く先が香港であると知ると、売ってくれないのである。

シンガポールの場合、規制の目的はタバコによる害が主ではない。税収の増加である。シンガポールのいたるところにあるコンビニなどでは、世界のいろいろなタバコが陳列されており、販売されている。また、町中の歩道のいたるところに吸殻入れが設置されており、多くの人が吸殻入れの周りに集まってタバコを吸っている。しかし、コンビニで購入するタバコの値段は高い。日本で300円程度で販売されているものが800円から900円程度はする。タバコ税によるものだ。おまけに、同じブランドのタバコでも、シンガポールで正式に買うと、吸い口の振るターのところに「課税済み」と書いてある。これはシンガポールで正式に輸入し、正式に販売されたものである。ところが私が香港から持ち込むものは当然免税品であり、そのような表示は無い。従って、市内においても、正規品か、密輸品(違法持込品)かは、見分けが付いてしまうのである。

香港はどうなのであろうか。今のところは私はその情報が無い。しかし、罰金を取られるのは悔しいので、中国に入るルートを変えることにした。従来は、香港空港に降り立ち、香港に入国し、バスで山水まで行き、KCRで羅湖に行き、それで中国に入る。これだと中国に入るのに約50HKドルで済む。しかし、香港に入るところでタバコの罰金を取られてはかなわない。香港空港から香港に入国せず、中国の蛇口や福永に行くフェリーが出ている。これを使えば香港を通らずに中国に入れる。

以前は、香港に下りて香港に入国し、羅湖や皇崗経由で中国に入っても、トランジットの扱いで香港では課税限度オーバーのタバコを持っても引っかかることは無かった。が、今後はどうなるかわからない。罰金は悔しいから、しばらくは出来るだけフェリーを使おうと思う。
[PR]
by wata1150 | 2010-08-27 21:15